Screenshot_20181206-012845_1

【ジャンプ40号】感想あれこれ その1

animal_inu_1
40号の感想あれこれ その1ー!

食い物屋さんで調理してる女性って良いもんだねCoCo壱とかさ、って言ってたらカウンターについたてが増設されて見えなくなった今日このごろ!

animal_buta_1
よほどイヤらしい目つきだったんだろ!w

なんつって自意識過剰!


monster09_1
Dr.STONE、黄金の如き経験。

Screenshot_20181222-231807_1

monster09_1
自力での脱獄を図るクロム。
千空から学んだ科学知識、ゲンから学んだハッタリをはじめ敵の羽京の戦い方まで自らの経験とし、それをフルに使って脱出。
クロムが積んできた経験が次々と策に転化されていく様子がおもしろい!

Screenshot_20181222-232029_1

monster09_1
元警官の陽に追跡され追い詰められたクロムが大量の吐血。肺炎が伝染っていた!?

animal_buta_1
司軍側には治療の術がないもんね。これは上手いとこを突いてる策でもあったよ。

Screenshot_20181222-232040_1

monster09_1
村長決定トーナメントの時に訓練していた急所攻撃がここで活きた!いいぞー

animal_inu_1
効果音はアレだけど玉子が割れた絵はなんていうかヒュンと来るわけでw

Screenshot_20181222-232121_1

monster09_1
スイカちゃんの帰り道をちゃんと観察して予想しつつ千空たちと合流。吐血は植物の調合の知識で作った偽の血だった…!

待ち受ける司軍の罠からみんなを助けるのは自分だと決意していたクロム。脱出成功、お見事!

animal_inu_1
ポリスメンにはトンファーって違和感なく見てたけど日本ってよりはアメリカとかのイメージだよね。

animal_buta_1
中国にルーツはあるけど琉球空手の武器なんだとか。日本の人がアメリカに伝えたんだってよ。わりと歴史は浅いんだね。


monster09_1
火ノ丸相撲、愛する友のまなざしが。

Screenshot_20181222-232148_1

monster09_1
Cカラーは人気投票の結果発表!
主人公、大ボス、ヒロインと並んで順当な感じがあるのかな。7位に金盛がランクインしたのは女性人気高し?…へえ~!w

Screenshot_20181222-232247_1

monster09_1
火ノ丸を心配して集まったダチ高元相撲部の面々。大般若に対する作戦をワイワイ練るその様子に火ノ丸は顔をほころばせる。

高校時代の練習風景を重ねて見た火ノ丸。笑顔には素朴な雰囲気が。良い顔!

Screenshot_20181222-232251_1

monster09_1
仲間たちの声援をしっかりと受け止めて土俵に向かう。「今日は負ける気がしない」とレイナさん。応援する側を心配させない落ち着きと余裕を感じさせる表情。

Screenshot_20181222-232320_1

monster09_1
言動や態度、パフォーマンスから色物扱いされがちな大般若。しかし相撲の実力は本物。出だしから土俵際に追い詰められる。それでも「負ける気がしねえ」と火ノ丸。仲間と自分、互いの内には不安も疑念もない。
仲間たちの声援が炎の戦士に力を与える!友情パワーだ!

土俵の上に声援が届いているのは大典太が見せたまばゆい光の相への布石かな?

animal_inu_1
友情パワー。炎の戦士。勝利に向かってー。
なるほど「キン肉マン」の原作者、嶋田先生との対談があったからか!アニメ主題歌の歌詞だよね!

animal_buta_1
あれのサビの歌詞、ジーンとしちゃうんだよねw


monster09_1
呪術廻戦、おまえの流した涙を受けよう。

Screenshot_20181222-232522_1

monster09_1
レポートで伝えられる順平くんのお母さんの死。渇いた文面は殺され方の惨たらしさと息子の母への想い…悲しみを想像させる。

「海だって他の水槽だってある 好きに選びな」と息子に言っていた母親。広い世界に目を向けさせることは、傷つき戻って来た時に優しく迎える責任との背中合わせ。幼魚は大事なものを失ってしまった。

Screenshot_20181222-232529_1

monster09_1
同行を志願、しかし「子供であることは決して罪ではない」とナナミンに考えを説明される虎杖。
人を殺すという一線。呪いと密接である「死」はだからこそ重く。

Screenshot_20181222-232535_1

monster09_1
自宅を後に学校へ向かう順平くん。
「見慣れた通学路も今日は」
言葉はそのあとに繋がらないまま。

「人に心はない」。

Screenshot_20181222-232540_1

monster09_1
打ち明けていたとおりに母の死に取り乱す順平くん。そして「憎しみ」は真人によってその矛先を誰かに向けるよう焚き付けられる。

Screenshot_20181222-232551_1

monster09_1
真人の描く絵図は順平くんを利用して虎杖に宿儺優位の「縛り」を科すこと。

真人の傍らには夏油の姿が。

Screenshot_20181222-232611_1

monster09_1
「固陋蠢愚」
おろかさを意味する文字を連ねた言葉。

視野が狭まり誑かされる愚かさ。
子供である事は罪ではない」とナナミン。しかしそれを別にして、順平くんの境遇から誰がその愚かさを責める事ができるだろうか。

罪を負うべき本当の「愚かな子供」とはー。

Screenshot_20181222-232633_1

monster09_1
母のいない今、顔の傷…火傷を隠す必要はもう無くなった。タガの外れた呪いはまず教師としての立場そのものへ向けられるべく無関係の生徒たちを巻き込んでいく。

それは幼魚だとて罰を免れえぬ罪。

Screenshot_20181222-232733_1

monster09_1
タガを外したのは復讐心。ないはずの心に押され思うまま力をふるう。理想との一貫性に囚われず、そして全て肯定されたはずのふるまい。しかしそれは歪んだ瞳を何処かに辿り着かすものではなかった。

Screenshot_20181222-232737_1

monster09_1
駆けつけ名を呼ぶ友に「呪術師」と呼び返す。敵対の意志、「現れる悲憤の呪術」。
幼魚を待ち受けるは屠殺される運命。

シリアスな展開。ちょっとポエムっぽくしてみたぜ!

animal_inu_1
お、おう。…そうでもなくね?w

animal_buta_1
校長先生の舌打ちをボクは見のがさなかったw


monster09_1
ハイキュー!!、相乗効果。

Screenshot_20181223-001107_1

monster09_1
Cカラー、スイカを食べる日向とそのライバルたち。
合宿中の休憩の様子かな。水彩での淡い色調が運んでくる爽やかさ。スイカがやたらうまそう!

Screenshot_20181223-001122_1

monster09_1
音駒メンバー交代。投入されたのは犬岡くん。互いに触発しあい実力以上の力を引き出し合う相手。「好敵手」たるゆえん。

Screenshot_20181223-001231_1

monster09_1
投入直後ながら日向の速攻を好反応でブロック。ブロッカー同士でぶつかるのもお構い無しのプレーは実は練習試合からのリベンジ。

Screenshot_20181223-001250_1

monster09_1
田中のカバーでボールは日向への高いトスに。研磨の指示どおりにタイミングを溜め、その上で高さも加えられた「三枚」ブロックを日向は狙ってのブロックアウトで破る。いいぞっ!

Screenshot_20181212-203403_1_1

monster09_1
サブタイトルは「ライバル・2」。「ライバル」は31話。

Screenshot_20181223-001301_1


monster09_1
速攻を使い分けたならそれでも「金棒じゃん」と研磨。しかし影山なしでも通じるオープン攻撃を目の当たりにして日向を「鬼」と認識。その脅威の出現で眉間にしわをよせるブロッカーたちの表情…スミマセン楽しいです。

Screenshot_20181223-001426_1
田中もノッてきて会心のサーブ

monster09_1
せめぎあい高め合う「好敵手」との戦い。分かたれる刹那に「立ち向かう」理由は恐さを知ったから。それしか選べなかったんじゃない。それを選んだんだ。

Screenshot_20181223-001438_1

monster09_1
ライバルに引き出された実力以上のプレー。だからか先輩からはまだまだという評価。鬼と成った好敵手が標的。犬岡くんの「日向には勝てない」のセリフはいずれは越えてやるという意志。「挑まずにはいられない」!

animal_inu_1
音駒戦は過去回からの繋がりが色濃い展開だけど、今回もまた濃かったね。

animal_buta_1
そこを意識するとプレーのひとつひとつがさらに面白くなるっていう仕掛けだね。前回の日向のオープンの空振りもそれだったね。


monster09_1
約束のネバーランド、ドラゴンズ・ドリーム。

Screenshot_20181223-001559_1

monster09_1
クヴィティダラ遺跡で唐突にエマが見た竜のイメージ。水面に拡がる無数の波紋の表現に美しさがある見開き。

Screenshot_20181223-001652_1

monster09_1
竜、過去の光景、昼と夜が一緒になった場所ととても幻想的。良い意味で作品の印象が変化したんじゃないかなっていう回でした。

animal_inu_1
竜も一つ目だったね?人間側の持ってる認識と別物かなあ。

animal_buta_1
時間が大きく過ぎてく展開の狙いって気になるね。



monster09_1
ぼくたちは勉強ができない、追えば逃げ逃げれば追うは[x]。

Screenshot_20181223-001920_1

monster09_1
親友の恋の見守りかたにデリカシーがあるよなあ…なんて言ってたらずぱっと切り込んできた海原ちゃん。今回はひやかしとかはなしの真剣な様子ですよ。

Screenshot_20181223-001920_2

monster09_1
しないって言っちゃって…。目標は海外留学。自分の気持ちに歯止めをかけてるのかな?ってのが海原さんの推測。

animal_buta_1
なんか笑い顔が哀しいようるかちゃん。

Screenshot_20181223-002043_1

monster09_1
志望校の音羽大の見学に一緒に行くふたり。うるかちゃんのジャージ姿は複雑な乙女心の現れですぞ。

animal_inu_1
古橋師匠の教えはともかくふつうにジャージ姿も良いもんじゃろがい!アレレみたいな反応してんなよツノメガネのヤロウ!(ギリギリ)

animal_buta_1
まあ少なくとも彼女はジャージ似合ってるよね。

Screenshot_20181223-002210_1

monster09_1
そんなつもりじゃなかったけど夢中になって思わずイチャこいてたふたり。まわりの先輩がたを盛大にニヤつかせたもよう。
赤面しながらも梨をモシャモシャしてるのかわいいなw

animal_inu_1
チクショーイ!憎い!イチャつきが憎いー!

animal_buta_1
血の涙を拭きなよ。

先輩方はショートカットの人が多いね。やっぱそこは体育大学だからかな。

Screenshot_20181223-002245_1

monster09_1
そう言われたもんだから「思う存分ラブラブ」してるとこを想像しちゃった成幸くん。ボックスいっぱいのお弁当に膝枕…いやコレ全男子憧れのシチュエーションでしょw花の慶次も太鼓判。

animal_inu_1
妄想のシチュエーションなんか全然羨ましくないね!ホントだから!

animal_buta_1
血の涙を拭けつってんだろ。

まあ後で血を吐いて倒れるほどの展開になるわけなんだけどね。


monster09_1
血液ヌル、金未来杯エントリーNo.2、天願真太郎先生の登場です。

Screenshot_20181223-002255_1

monster09_1
マスコットキャラに見えるセンスに独特のものがある天願先生。通常キャラとのギャップが作品の特徴であり味ですよね。

Screenshot_20181223-002442_1

monster09_1
主人公の相方ポジションにマスコットを持ってきたところが「あしたば仲介業者」と違う点。収まりがよく感じるのは通常キャラが前作より上手になったからかな?

Screenshot_20181223-002820_1

monster09_1
ヒロインも上手くなってると思います。より大人っぽさが。前作の女性キャラの雰囲気も捨てがたかったですけどもw

Screenshot_20181223-005600_1

monster09_1
血液の変化、忍術、そして最後はオラオララッシュとバラエティに富んだバトル。魅せ方にまだ課題があるように見受けられましたが。伸び代は大きいと思います。

animal_inu_1
まあ新人作家賞ですからね。ちょっと時間が経つとガラッと良くなるもんですよ。

animal_buta_1
何者目線だこのイヌめ。


monster09_1
キミを侵略せよ!、星に帰る。

Screenshot_20181223-005625_1

monster09_1
ハジメくんちはお引っ越し。彗星が地球付近を通過するどさくさに宇宙船を飛ばせばバレにくそう…見通しけっこうユルユルw

Screenshot_20181223-005835_1

monster09_1
意中の幼なじみの引っ越しに華星さん大ショック。脱力するやら取り乱すやらw

単行本3巻で佐目くんの役職が判明。副会長兼その他全般を分身の術でこなしてたw

Screenshot_20181223-005845_1

monster09_1
「宇宙人であろうとどんな秘密があろうと」…華星さんの告白シーン。さりげなさとほどよいせつなさ。稲岡先生のこういうところがほんとに上手だと思います。

Screenshot_20181223-010241_1

monster09_1
宇宙人ならもっと好きになる…ふだんから何を考えてるのかわからない相場さん。告白は意表をついていながらそれが素直な言葉だと伝わってきて、やはりほどよくジーンとさせられたりするのです。

Screenshot_20181223-010250_1

monster09_1
宇宙人と明らかにしたハジメくん。見つめ合うふたりの間にある空気の印象的な引き。

animal_inu_1
GIGAでの連載も終盤のラブコメ感良かったんだよね。単行本に収録されてるんでオススメ。

animal_buta_1
次回が最終回です。ションボリ。


monster09_1
40号 感想あれこれ その2に続きます。
よろしくお願いいたします。