約束のネバーランド

【2018 43号】感想あれこれ その1

Screenshot_20190413-212452_1

【2018 43号】感想あれこれ その1

animal_inu_1
2018 43号、感想あれこれ その1ィー!

monster09_1
アアアア!年号が変わっているゥー!

…ハイッ!
やらせていただきましたァーン!

animal_buta_1
ぜんぜん笑えません。


monster09_1
ONE PIECE、りんごと涙。

Screenshot_20190507-211718_1

monster09_1
ホールデムをぶっ飛ばしてお玉ちゃんも無事に奪還したルフィ。きびだんごの能力でスピードさんを従えて逃走。

スピードさんの背に跨がったルフィたち。その楽しそうな様子にこちらもニッコリしてしまう一コマ。躍動感あるね。

animal_buta_1
人には効かないはずだったお玉ちゃんの能力が、偶然カイドウの部下たちギフターズには効果ありと判明した場面だね。
半分は馬だからってテキトーに言ってるぽいのにふつうに納得させられてるよね。

Screenshot_20190507-211728_1

monster09_1
炎にまかれながらのルフィの戦いぶりにお玉ちゃんはかつてのエースの姿を重ねて見る。

「何でもない」と言いながらぎゅっと背中にしがみついちゃって。こういうとこがなんともかわいらしいじゃないですか。

Screenshot_20190507-212104_1

monster09_1
ホーキンスと一戦交えていたロー。そこに宝船で通りがかったゾロたち。海賊同盟は合流へ。作戦を台無しにされてローはゾロの胸ぐらを掴んで激怒。

でもおこぼれ町の町民たちに食料と水を分け与えたルフィにはローは同じようには怒らなかった。町民を喜ばせたルフィを怒る気にはならなかったのかな?

animal_buta_1
のちの回のローのセリフを見るとそんなじゃないみたい。ゾロにはまだ話が通じるけどルフィにはもう怒るだけ無駄っていうか、あきらめ半分って感じなのかなあw

でもまあお医者さんになるやつは根がやさしいだろうから…。Dr.ヒルルクはそんなこと言ってたよ。ルフィがしたことに対しては叱れないとこあるしね。

Screenshot_20190507-212216_1

monster09_1
偶然にエースと同じセリフを言ったルフィ。まるでエースが帰って来たような、亡きエースがルフィを呼んできたような…。お玉ちゃんを涙ぐませたのはふしぎな巡り合わせ。

義兄弟、義侠心。カッコいいよね!

animal_inu_1
突然後ろから抱きつかれたスピードさんのリアクションがおもしろかったよ。
「誰?抱き締めるのは(ハート)」ってやつ。
まあノリツッコミってやつだけど、そのノリがいいよね。

animal_buta_1
やっぱり半分馬だから?w 知らんけど。


monster09_1
約束のネバーランド、シカクのシカク。

Screenshot_20190507-212358_1

monster09_1
エマたちのシェルターに人間の側、ラートリー家からの刺客が。監視カメラの警戒にも関わらず奇襲に会ってしまう。

「殺処分」
子供たちは彼らから見れば鬼のエサ。

Screenshot_20190507-212552_1

monster09_1
訓練され統制された敵。対してエマたちももちろん万が一の時を想定して準備していた。シェルターを捨て脱出、即時決断。

住処を追われる子どもたちにはやはり未練が。味方の支援者との連絡手段がなくなってしまうほうが痛手、とはいえ…。速やかに避難の準備をしてるようだけど命からがらなんだよね。

Screenshot_20190507-212630_1

monster09_1
モニター室の存在、ダミー映像についても敵にはバレていて、さらに非常口の存在も把握されていた。すでに袋のネズミ。大ピンチ!

animal_inu_1
エマたちが人の側にも命を狙われる立場ってとこが後々の展開に影響してるのかな?

animal_buta_1
隠し部屋にみんなで隠れてたコマがなんかすごく怖かったよ…。


monster09_1
HUNTER×HUNTER、ちょっとふりむいて。

Screenshot_20190507-212637_1

monster09_1
この43号から連載再開です。Cカラーは久しく出番のないレギュラーメンバー。

先回りして暗黒大陸に行ってました…くらいじゃないと出番がないんじゃ…。

animal_inu_1
どうだろねw


Screenshot_20190507-213040_1

monster09_1
双子のカチョウ、フウゲツ王子を護衛するセンリツ。殺伐としているよそとはまた違う雰囲気。しかし彼女もまた王位継承戦の裏にある謀略の蠢きに耳を澄まして戦っている。

animal_inu_1
センリツさんサイドはちょっとせつなげなんだよね。彼女のやさしい性格も垣間見えてて。健気さも感じるなあ。

Screenshot_20190507-213029_1

monster09_1
リハンの能力〝異邦人(プレデター)〟。
どういう能力だったかな…。

animal_buta_1
まず相手の能力について予想するのよ。その予想が正解に近いほど、相手の能力に対して天敵と呼べる念獣を産み出すことができる。

ってことみたいよ。

Screenshot_20190507-213154_1

monster09_1
ふしだら三昧のサレサレ王子は敵の念獣に対して無防備。彼の守護霊獣は〝異邦人〟によって補食される。

念の煙を吸わないように舌を伸ばしたり素早く飛びついたりしてるところが天敵要素かな。

animal_inu_1
王子に直接は攻撃できない縛りとか?
というか、まず念獣のビジュアルが強烈なんですけども…。つってもターゲットは異邦人が見えてないから、見た目に意味はないかなあ。

animal_buta_1
サレサレ王子についてリハンは辛辣な人物評をしてるよね。リハンの気持ちとかが念獣の見た目に影響してたりすんじゃない?

Screenshot_20190507-213216_1

monster09_1
リハンはウショウヒと護衛を交代。
ここの「能力が殆ど無力化する」って部分でん?ってなっちゃってですね。しばらく悩みましたよ。どういうことだっけ?w

animal_inu_1
うーんとメタ的な説明するけど、普通は能力が最初からバレるってことは敵側が有利になっちゃうことなんだよね。リハンの能力は相手の能力の基本的な情報が未知であったほどリハンに有利になるっていう、バトル漫画のセオリーを逆手にとったみたいな能力なのよ。

animal_buta_1
リハンがウショウヒの力を評価している一方で、ウショウヒはリハンの足を引っ張ってる。自分が暗殺を楽しんでる様子からそれは故意だったんじゃないかって思わせるんだよね。敵も味方同士もかけひきだらけ。まさにHUNTER×HUNTERといったとこなんだね。


monster09_1
ジモトがジャパン、愛があればだいじょうぶ。

Screenshot_20190507-213356_1

monster09_1
読者からご当地ネタを大募集!読者参加の企画の反響はどうだったんでしょうね?

animal_inu_1
後ろの埼玉スタジアムは足場が組んであるね?工事かなんかだったのかな。タイミングが悪かったのか珍しい時に行ってラッキーだったのか…w

Screenshot_20190507-213538_1

monster09_1
名のるだけで笑いをとれる男、マスラオ。
今日も今日とて他県民をディスっております。

animal_inu_1
これだけでもうやられちゃうんですけどもw

Screenshot_20190507-213610_1

monster09_1
大勢で取り囲んでよってたかっていたぶる、まさに鬼の所業。
ベッドタウン小僧…なんてひどいことを…!

animal_inu_1
かごめかごめなら真ん中の人がオニだけどね。

animal_buta_1
どっちもそういうことじゃないんだよ。

Screenshot_20190507-213708_1

monster09_1
埼玉、春日部に伝わる伝統的戦法「ケツだけ殺法」。もう言っちゃうけどクレヨンしんちゃんのアレです。愛を込めて繰り出しております。

最後のほうは正面からみてもケツだけ。存在がケツにw

animal_inu_1
体力を消耗してるケツw 
ダメだ腹が痛いw

animal_buta_1
でもマスラオ大好きw


monster09_1
Dr.STONE、電光石火だ!

Screenshot_20190507-214056_1

monster09_1
奇跡の洞窟制圧のための電撃速攻作戦。
今回は次から次の千空たちの策が繰り出される展開。これ原作の稲垣先生が得意とするところでしょ。

animal_inu_1
アイシールド21を彷彿させるもんね!
さるかに合戦とかさ、ドドッとたたみかける展開の面白さってあるよね。

Screenshot_20190507-214113_1

monster09_1
洞窟前の罠を戦車はムリヤリ突破!
原始的な石世界の戦いで戦車が突っ込んでくるなんてそりゃ驚くってもんですよ。

Screenshot_20190507-214308_1

monster09_1
誰も殺さないことがこの作戦の前提条件。

空中で身を翻してのコハクちゃんのアクション。カッコいいー!

animal_buta_1
鬼滅の刃での時透くんとか蜜璃さんとのアクションとも見比べたいね。どれもカッコいいんだけど、これはポーズで見えそで見えなくしてるコハクアングルで持ち味を出してるよね!

Screenshot_20190507-214808_1

monster09_1
爆音で気絶させるショックキャノンを繰り出したり。一方で司への報告を阻止したのは寝返りした面々。

animal_inu_1
ニッキーさんはくすぐり上手。
お!もしや十四経脈?

animal_buta_1
この女の人、司さん(つかさん)とか呼んでるのね。
司にホレてる感じなのかな。着てる服もセクシーアピール効かせて気をひいてるのかも。

Screenshot_20190507-214834_1

monster09_1
仕上げは大樹の機転と大声で洞窟内の番兵を片付けてフィニッシュ!
予定時間ピッタシ、死者数ゼロで作戦は大成功!

animal_inu_1
面白かったね!
でも最後、大樹って自分の耳は無事だったのかな?鼓膜もタフ?

animal_buta_1
なーんじゃ…
そんなこともわからんのか(あ~ん)

ジャイアンの歌声的なアレだよ!


monster09_1
火ノ丸相撲、三日月謳歌す。

Screenshot_20190507-214919_1

monster09_1
国宝と呼ばれる世代の中で後を追うかたちで角界入りをした沙田。その実力を確実に伸ばして来た。四日目の取組は大関・童子切と取り直しへ。

animal_inu_1
高校時代、ライバルたちがみんな大相撲に行っちゃったあとは物足りなかったって感じてるんだけど、ずっと相撲を楽しんでこれてるんだよね。

animal_buta_1
話は別なんだけどものいいが付いた場合の勝負審判の場内へのアナウンスってモヤモヤするんだよなあ。どこかで区切ればわかりやすくなるのになって毎度思うんだよね。

Screenshot_20190507-214926_1

monster09_1
その成長ぶりに童子切をして「ここまで来たか」と言わしめた三日月。
「風清月白の相」からは迷いのない心と集中力が伝わってくる。高ぶる熱さを秘めたような、しかし研ぎ澄まされた刃のごとき涼やかさもあるようで…ゾクゾクさせてくれます。

Screenshot_20190527-224938_1

monster09_1
真剣で斬り合うイメージと瞬く間の取組の描写がやはりカッコいい見開き。

左上がりのコマ割りと最後のコマの三日月のポーズには読者に直線をイメージさせる意図があるのでは。

Screenshot_20190507-214950_1

monster09_1
三日月の上手出し投げ!

前の見開きの効果で三日月の投げの鋭い回転を読者により強く感じさせる演出。グリンッ!というね。
視覚がこれ、体感に作用しましたよね!?

animal_buta_1
あと「双月」の写植の配置も意図的なのかな?
字を読むとそこが重心になって遠心力を感じるんだよね。

animal_inu_1
で、勝負なんだけど三日月の負けなんだよねこれが。
負けても相撲を楽しめるメンタル。三日月の強さの根本ってそこかもね。


monster09_1
思春期ルネサンス!ダビデ君、lemonの尿意。

Screenshot_20190507-215429_1

monster09_1
好きな子の前でトイレに行くなんて言えないダビデくんは思春期。
我慢しきれず漏らしてしまった彼を救ったのは親友の放尿。

意中の女子の前でおしっこかけられるってのも、なかなかの黒歴史っぽいような…w

animal_inu_1
いつものことだから…みたいよ。みんな慣れちゃってるんだね。
逆に小便小僧くん、謎の人徳。

animal_buta_1
彫刻のダビデくんが苦悶の百面相をしていたりといろんな試みもしてるんだよね。
自分のハンカチでおしっこ拭いてくれるヴィーナスさんマジヴィーナス。



monster09_1
43号 感想あれこれ その2に続きます。




【2018 42号】感想あれこれ その1

Screenshot_20190324-231442_1

【2018 42号】感想あれこれ その1

animal_inu_1
2018 42号、感想あれこれー。

animal_buta_1
4月からは「鬼滅の刃」と「ぼくたちは勉強ができない」、そして「ジモトがジャパン」のアニメ放送がはじまるね!チェケラ!


monster09_1
ワンピース、火事と喧嘩は江戸の華。

Screenshot_20190323-132656_1

monster09_1
冒頭は餓えにあえぐおこぼれ町と桃源農園の対比。
木も枯れる毒に汚染されたおこぼれ町には見上げるほどの大きな鳥居が。遠景の工場の高い煙突のシルエットとやはりシルエットで描かれた鳥居が重なって感じる重苦しさ。

animal_inu_1
決して住み良くはないとこだろうけどさ、見てておもしろい風景でいろいろ刺激されちゃうなあ。

Screenshot_20190323-132700_1

monster09_1
一方の桃源農園は花咲き水きよらにせせらぐまさに桃源郷。
作られている食材もさまざま。うーん、この様子からは汚染物質が出るような感じではないような。

animal_inu_1
そうです、汚染源は武器の工場のほう。

animal_buta_1
並んだ食材の様子にスーパーの売り場を連想。食べ物に恵まれた僕たちの暮らしのありがたさもあらためて感じたり。

Screenshot_20190323-132706_1

monster09_1
馬のSMILE〝真打ち〟スピードさん登場。形態が不安定なSMILEだけどケンタウルスと同じスタイルにうまく収まったみたいだね。ステキな脚線美。

神話上ではケンタウルスは男性だけと言われてるらしいんだよね。馬並ってのも、まあ男の人的な形容だったりしたんだけど、視野だったり笑顔だったりにもってきて使うのもやっぱりおもしろいね。

animal_buta_1
馬並の笑顔、一周回ってチャーミングじゃない?

Screenshot_20190323-132714_1

monster09_1
博羅町に発生した火事のようす。対応してるのは火消。

時代劇「暴れん坊将軍」を見た世代なら北島三郎演ずる辰五郎率いる「め組」でピンと来るはず。スピードさんのツッコミやらでギャグみたいになってるけど、本来の江戸町火消の主な活動は延焼を防ぐために建物を先に壊す破壊消火だったそうなんだよね。

animal_inu_1
破壊消火もしてないっぽいけど?w

Screenshot_20190323-133002_1

monster09_1
ホールデムに相対してお菊さんに耳打ちされるルフィ。後ろについているのはあの〝干害のジャック〟。事を荒立てることを避けたいお菊さんだけど…。

ローの作戦しかり、こういう展開ではルフィがどうするかってなんとなく予感が…w

Screenshot_20190323-133040_1

monster09_1
ごちそうを満載した宝船。陸地で船?って状況なんだけど意外に違和感を感じなかったよね。縁起物としての宝船のイメージはわりと自分たちの中に浸透してるんだなあと。

Screenshot_20190324-135959_1

monster09_1
お玉ちゃんを人質にとられた上にジャックの後ろ楯。さらに山と積まれた食糧を見せつけられたルフィ。自分が腹ペコだからって理由を加えてはいるけども、その怒りは悪党どもに対しての義憤。

つうと言えばかあ。一言で考えが通じてるルフィとゾロの間柄。カッコいいな…!

ところが…

Screenshot_20190323-133059_1

monster09_1
シャシャっと目にも留まらぬ早業でお玉ちゃんを奪い返したルフィ。お玉ちゃんのほっぺに気がついて…。

幼いお玉ちゃんのセリフからうかがえる色々な気づかいが泣かせますよ。

Screenshot_20190323-133120_1

monster09_1
しかししかし、ホールデムの仕打ちを許せないのがルフィ。火拳銃で一撃!

あらためて見れば後先を考えない行動。ローの作戦も、ゾロさえも置き去りの結果。
でも誰よりも何からも自由なはずなのが海賊王。だからこそなんだよね。

なによりも見ててスカッとしましたぜ!

animal_inu_1
その姿にお玉ちゃんが重ねて見たものは…ってのが次回だね。

animal_buta_1
ライオンに噛二郎ってネーミングのセンス好きだなあw


monster09_1
銀魂、男は皆心の中でなにかと戦い続けてる。

Screenshot_20190323-133156_1

monster09_1
とうとうやって来てしまった最終回。
銀さんの背中にただよう哀愁。
〝また逢う日までー〟

最終決戦に向かう銀さんを追いかけて集まった今までの登場人物たち。
そして新八の耳にはお通ちゃんの歌声が届く。

Screenshot_20190323-133301_1

monster09_1
テニプリっていいな~♪

…?

animal_buta_1
大笑いしたけどねw
テニプリを読者に贈り届ける許斐先生の心を歌った名曲…こういうのあんのね。

Screenshot_20190323-133325_1

monster09_1
突然ぶっちゃけた桂さん。桝アナとばっちりw

animal_inu_1
でも桝さんなら喜んでくれてると思う!w

Screenshot_20190323-133328_1

monster09_1
物語は最終回の向こう側へ。カッコよく言っちゃってるけどグダグダっていうネタ感が、なんかすごく銀魂らしいような。

さらにGIGAのシリーズ連載でも終われなかったというw
つづきはアプリでの連載で、とのことです。

animal_inu_1
GIGAのほうの関係者コメント面白かったよ!
どこまでネタでどこまで本気なのやら。

とりあえずお疲れさまでした!でイイノカナ?w

animal_buta_1
連載は来年まで続くわけですよ。で、最終章を実写映画化するわけですよ。そして大河ドラマの主役のあとの中村勘九郎さんに近藤局長のあのゴリラ結婚式をやってもらうわけですよ。こりゃ大ウケ必至でしょ。映画大ヒットでしょ。うーん壮大。知らんけど。


monster09_1
Dr.STONE、人としての最後の砦。

Screenshot_20190323-133438_1

monster09_1
電話を使っての会話で千空たちに協力を申し出た羽京。その条件は「誰も死なないこと」。
元潜水艦のソナーマンだった羽京。つまり彼、元自衛官。
復活者どうしの殺し合いをどうしても避けたいっていう願いと、そのために司の石像破壊を許容したという判断は、その経歴からか妙に納得できるような。

animal_inu_1
本人的には不本意らしいんだけどね。


Screenshot_20190329-213709_1

monster09_1
条件を飲んだ千空に感謝を伝える羽京。口元に笑み、目にはうっすらと涙が。安堵の表情かな。
彼の内に秘めたやさしさにグッとくるひとコマ。

Screenshot_20190323-133517_1

monster09_1
一方の司と氷月。仲間の死についての捉え方で二人の間に隔たりがあることを描いた場面。
司の表情と力を込めた腕と拳、氷河の白けたような視線とセリフ。枠線を挟んでの二人の感情の温度差が印象的。

Screenshot_20190323-133532_1

monster09_1
決戦を前に総力を結集すべく再会を果たした千空、大樹、杠ちゃんの三人。セリフを省いた合流シーンにはそれぞれの性格が出てて数コマながらジーンとさせる。

戦いを前に両陣営のムードは対照的で科学王国側に流れがあるように感じさせるけども…。

animal_inu_1
無血開城の条件と20秒の時間制限はハードルが高いよー?

Screenshot_20190323-133604_1
いい仕事してますねぇー!

monster09_1
墓の下に隠された電話は司に発見されてしまう。振り向いた司の視線で一気に高まる危機感!

奇跡の洞窟争奪戦、千空たちは司を出し抜けるのか?でつづく!

animal_inu_1
戦車も作って大樹たちとも合流して準備万端だけど、司帝国のツートップが来たらヤバそう?っていうね。絶妙なバランス。

animal_buta_1
死んだふりで逃亡した陽だけど、みんな責任を背負っててボク的にはすごく株が上がったなあ。


monster09_1
APOLLO、金未来杯第四弾。那波歩才先生の登場です。

Screenshot_20190323-133626_1

monster09_1
那波歩才先生は以前に読切「うるし」で本誌デビューしていらっしゃいました。2014の2号。だいぶ前ですが「ああ!あの作品!」って覚えてました。

Screenshot_20190323-134055_1

monster09_1
髪や服がまるで水の中に漂っているよう。
線にはとどまりない動きがありコマに液体をイメージさせる濃い空気が満ちている感じを与えています。

Screenshot_20190323-134131_1


monster09_1
偶然に主人公アポロと出会った少年ウィリアム。

とてもいい意味でクセのある作画はセンスに溢れています。
ソファーにくつろぐアポロとウィリアムの立ち姿なコマが並んだ部分。何気ない様子の描写にも目を引き寄せる力が。

Screenshot_20190323-134218_1

monster09_1
見せ場もキマってます!
やはり線の遊びが動きを与えていて絵が蠢いている。とってもカッコいいッス!

Screenshot_20190323-134251_1

monster09_1
賞こそ逃しましたが次にクル!って予感を確かに感じさせました。今後を期待してます!

animal_inu_1
魂でスマホ充電できるのって便利でうらやましいなあ。

animal_buta_1
アポロのいろんな表情もいい感じだったよね。


monster09_1
ブラッククローバー、呵呵大笑。

Screenshot_20190323-154012_1

monster09_1
クローバー城に攻め行って来たのは転生した「金色の夜明け」団。追って馳せ参じたヤミ団長とフィンラルに加勢したのは「翠緑の蟷螂」団、団長ジャック・ザリッパー!

転生「金色の夜明け」のみなさんより、団長コンビのビジュアルのほうが断然悪者っぽいという。舌、舌w

animal_inu_1
ジャック団長が魔法でパッカーンとやるラスト、カッコよかったよね人相はあれだけど。
みんなパッカーンとやれちゃう爽快感ってちょっとわかるかも。やられた人は気の毒だけど。

animal_buta_1
笑い声が「カカ!」ってだけで大笑いじゃないじゃん。


monster09_1
僕のヒーローアカデミア、彼女は男前。

Screenshot_20190323-154047_1

monster09_1
第一セットのメンバーで模擬戦の反省会。
それぞれの反省点を聞いてみるとなるほどなあって感心したり。

切島くんの反省点がけっこうシビアなような。どう改善してくるか気になるところ。

animal_inu_1
うまくやってたと思っても相澤先生にかかっては形無しだねえ。がんばれ上鳴くん。

animal_buta_1
心操くんの青み…いいわw

Screenshot_20190323-154250_1

monster09_1
なにかと縁のある八百万さんと拳藤さんです。格上に感じた相手とひとからげみたいなのがイヤだから「たたかってみたかった」。

拳藤さん、理由が男前じゃないですか!

animal_inu_1
ミスコンの話が出てたけど、その拳藤ちゃんのエントリーって他薦だったよね。物間くんw

animal_buta_1
文化祭で\ヤオヨロズー!/も\ケンドー!/も同じ人の声だったのか…。

シュシュっと一吹きってなんなのか聞きたいなw

Screenshot_20190323-154250_2

monster09_1
かたや妙な所で因縁ができた黒い者同士。状況が別なら友達になりそうだけどそうならずライバル関係に。やはり深淵の理解者たちの宿命か。

animal_inu_1
中二なんとかってやつでしょ?

animal_buta_1
なんだそのハンパなオブラート。

Screenshot_20190323-154317_1

monster09_1
1年B組委員長の拳藤ちゃん。鉄哲くんの評からはクラスメートからの信頼がこれでもかってくらい溢れてますな。男性人気もあるようで今さら言うまでもなく注目キャラですな。

animal_inu_1
拳藤ちゃんがしてるふうなヒーローの覆面というか穴あきハチマキって、怪傑ゾロあたりがルーツなのかな?
いやね…子供のころからあれ素顔バレバレだよなあなんて思っててさw せめてプロレスラーの覆面じゃないとなあって。

animal_buta_1
まあどっか隠れてたら「他の人です。違います。」って言えるのかなあ。中井貴一は丸出しでも違うって言いはってたけどね。
あと穴あきハチマキって言うな。

ちなみにど根性ガエルのゴローは帽子の影に目玉があるキャラデザインのつもりだったけど、アニメ化したら赤くなっちゃってたんだって。ググったよ。
あれマスクじゃないってことだよねw


monster09_1
約束のネバーランド、寺へ…。

Screenshot_20190323-154604_1

monster09_1
エマたちが辿り着いた鬼たちの寺院。規模的には大きいけどちょっと荒れた感じ?
鳥がたくさん飛んでいて、この鳥は鬼みたいな目玉の配置の顔。

Screenshot_20190323-154554_1
まさに鬼子母神

monster09_1
寺院の様子。胸を強調した像はやはり鬼たちにとっての聖母かな。角に仮面と見た目はノウマや一般の鬼なのに対して、抱き抱えられているほうには顔がない。意味するものは人間なのか鬼なのか、はたまた違うものなのかといろいろ気になるところ。

掛け軸に描かれた図は後に判明する鬼のルーツの伏線だったのかな。ヘビらしきものの絵の下にバツ印がついてるのってもしかして重大なヒントだったりするんじゃないのコレ?

ヘビ…爬虫類といって思い出すのはエマが見たイメージの中にいたドラゴン。あのドラゴンが鬼のうちの一つの姿だとして、ならばどうすればあの姿になるのかな?

Screenshot_20190323-154726_1

monster09_1
寺院の一角に祀られているやはり顔がない、たぶんご本尊。一行も人なのか鬼なのかと悩んでいたところ、エマは例のあの方に雰囲気が似ていると感じたようす。

祭壇には荘厳な雰囲気が。陰影のグラデーションからは祭壇を包む空気に奥行きを与えられている。素晴らしく芸術的ではないでしょうか。

Screenshot_20190323-154824_1

monster09_1
寺院の天井画から〝入り口〟に入る方法をゲットしたエマたちに、人間の側からの刺客が。だ、大ピンチです。

animal_inu_1
鬼にも追われ、人間にも追われっていうエマたち食用児の立場。最新話あたりでは鬼の社会の体制とかも判明してるよね。
鬼の社会の一般鬼がいるけど、人の社会のほうの一般人ってどうしてんだろね?

animal_buta_1
鬼とか食用児の存在を情報として知ってるかどうか考えちゃうかなあ。


monster09_1
【2018 42号】感想あれこれ その2に続きます。
どうぞヨロシク。


Screenshot_20190403-112645_1
これ好きw

【2018 41号】感想あれこれ その1

Screenshot_20190208-195650_1

animal_inu_1
2018 41号 感想あれこれ その1!
9月24日号です。

animal_buta_1
月日のたつのは早いもの…言ってみただけです。
ではまいりましょ!


monster09_2
約束のネバーランド、郷に入りては。

Screenshot_20190208-200215_1

monster09_2
2周年記念の巻頭カラー。人気投票の結果について鬼がソワソワしてるという。仮面の頬を染めちゃってる鬼がかわいいのがズルいw

Screenshot_20190208-200224_1

monster09_2
人気投票の結果発表。主役三人が票を大きく集めて安定した印象。ノーマンの出番ってこの時は少なくなっていたと思うんだけどレイを僅差で抜いて2位。アンナって地味に人気があるんだなあ…。

animal_inu_1
29位に善逸が入ってたと話題にw



Screenshot_20190208-200335_1

monster09_2
時は流れて1年と7か月。人間とあまり変わらない鬼の街での暮らしぶり。人肉が並んでる以外は。
鬼の子どもたちがおつかいをしていたり、商店があって大工さんらしき人もいてと文化的。
鬼の服装から風景まで生活感のある描写が興味深い。小道具の細かさにあらためて表れてるのはぼすか先生の絵の引き出しの多さ。

animal_buta_1
食べられる心配がないなら観光とかしてみたいよね。ボクはブタだから平気かな。

animal_inu_1
(めがけて食われるだろがとか言うまい)

Screenshot_20190208-200653_1

monster09_2
エマたちの探索は時間の飛んだ間も続けられており、あとの候補地は鬼の生活圏内。

森の中には野良の鬼もいたりしたけど、お店屋さんや行き交う鬼たちの様子はまた別。
鬼の姿のそこらの違いについての謎は後に明らかに。そして鬼の暮らしぶりはエマの思想にも影響していたようす。

Screenshot_20190208-200751_1

monster09_2
鬼の変装の下にはちょっと大人びたエマたちが。成長した外見の変化の描きかたが絶妙。

animal_inu_1
人肉って部位ごとにわけて売られてるのは、骨とか肉付きとかで味が違うからかなあ。
ボクらも店で買う時はロースとかバラ肉とかで料理の仕方が違うもんね。

animal_buta_1
こっちを見ながら言うんじゃない。


monster09_2
呪術廻戦、心の在処に。

Screenshot_20190208-200826_1
Screenshot_20190208-200836_1

monster09_1
大人たちの制止を振り切って「帳」へ飛び込んで来ていた虎杖。

一度死なせてしまった相手。「子供だから」引き留め「子供だから」とてそれを止められないとわかっている。
切ない伊地知さんと虎杖の交錯は心に残った場面。

Screenshot_20190208-200907_1

monster09_2
虎杖と順平くんのバトル。
問答には「関係ない」「意味がない」「権利」と子供が言いがちな単語が飛び交って順平くんの未熟さもうかがわせているように感じる。

Screenshot_20190208-201056_1

monster09_2
呪いの毒が虎杖に効かないことに苛立つ順平くん。自分にとって都合のいい事しかうけつけなくなっている彼の中で「なんで」は繰り返し、重なっていく。

Screenshot_20190208-201120_1

monster09_2
自身の中の理屈を肯定できるはずの「人に心なんてない」という考え。
「ない」と思えば思うほど湧き上がる「心」が幼魚を苛む。

問答とはうって変わっての弱々しい言葉の吐露。
母を失わなければならない何かを彼がしたわけではなかったはずなのに。

Screenshot_20190208-201131_1

monster09_2
寄り添うように事情を聴く虎杖。
人として心からの「呪わない」という誓いは今の順平くんにとってなによりのよすがだった。

Screenshot_20190208-201152_1
Screenshot_20190208-201158_1

monster09_2
掴まずにいられない蜘蛛の糸。しかしそれさえ「人の呪い」の思惑のうちなのか。
翻弄される幼魚の運命。打ち寄せるは悲劇の影。

animal_inu_1
なんだよまたポエムっぽくしたの?

言っても会話しながらの順平くんと虎杖のバトルってカッコ良かったよね。そこから順平くんがクシャッとなっちゃうとこがもうかわいそうでさ…グッスシ。

animal_buta_1
学校の生徒みんなを巻き添えにしちゃった後だけど、イジメられたりや、ましてお母さんが死んじゃうのなんて順平くんが悪いってことはないもんなあ。心がないってことにしたほうがマシってセツナイ理屈だったね。


monster09_2
ぼくたちは勉強ができない、イヤよイヤよが[x]のうちなら。

Screenshot_20190208-201227_1

monster09_2
姫と呼ばれる女、古橋ちゃんは意外にも男子から誕生日プレゼントをもらったことがなかったもよう。

animal_inu_1
いばらの会がそこんとこで暗躍してたんじゃない?男子のプレゼントを阻止してんのよw

でもま大ゲサに喜んでるのは、プレゼントくれた相手が…ってことなんだよねー。

Screenshot_20190208-201257_1

monster09_2
プレゼントの中身はブラジャー!
やってくれましたぜ成幸のダンナ!

読みの鋭い古橋姫がもんもんもんと悩んだのは、やはり成幸くんへの好意が作用してるからなんだろうなと。

Screenshot_20190208-201405_1

monster09_2
ボールペンをプレゼントしたたつもりの成幸くん。すれ違い勘違いの状況だけどドタバタは息が合ってて楽しい。
ひゅばっと口をふさいだ手のフォルムが好きなんですw

animal_inu_1
みんながチョイスしたプレゼント、アニマルなデザインでみんなカワイかったよね。
お、ビッグビジネスの予感がします。

Screenshot_20190208-201413_1

monster09_2
「嫌じゃなかったから」っていう適度な曖昧さがニヤニヤさせてくれるじゃないですか。

animal_inu_1
しでかした!ってのが先にたってるけど大事なとこはそこじゃない!
嫌じゃなかった…嫌じゃなかったってとこぉ~(ギリギリ)

Screenshot_20190208-201422_1

monster09_2
勘違いがとけたところでボールペンを貰いましたとアピール。
スタスタと歩く姿がシンクロしてるの面白いよね。

Screenshot_20190208-201445_1

monster09_2
後は古橋姫の察しの良さにタジタジなオチ。
女心の応用問題は難問でございました。

animal_inu_1
下着のプレゼント…二人の間柄によるのかなあ。

animal_buta_1
サイズがあるもんだしね。それに人間関係的にちょっとリスキーかも?

animal_inu_1
「男の子はみんな大っきい方が好きなんでしょ?」
どう答えれば正解か…コレたしかに難しいねえ。
大きさじゃなくて味です、とかセクハラもがもごふが←ひゅばっとやられた

animal_buta_1
(最低だな…)

ここは「そ、そうだけどそうじゃないよ!」と言ってごまかしましょう。便利だなコレ。


monster09_2
食戟のソーマ、姫ならば拐われるさだめ。

Screenshot_20190208-201846_1

monster09_2
えりな様に忍び寄る怪しい影!と思ったらただのファン。な、何ィ?
なんすかねコレもなにかのパロディだったり?

animal_inu_1
今どきあえて写メを撮らない紳士なファンですな。

Screenshot_20190208-201945_1

monster09_2
ベランダで涼むヒロインにペロッと「美人だな」とか言っちゃうのもお約束というか様式美というか。でもそれがえりな様のツボなんだしなあという。

animal_buta_1
こういうのじゃないと異性を意識させられないかもだよねw

Screenshot_20190208-202014_1

monster09_2
とうとう正体を現した才波朝陽。態度もなんだか印象が違いますよ…?

animal_inu_1
それもだけどまず手下のみなさんですよ。
おお?ミニスカポリス…!みたいな。

animal_buta_1
いくら宮殿でも部屋の中で蛾がもりもり飛んでるのムリです。←w


monster09_2
僕のヒーローアカデミア、見えない脅威。

Screenshot_20190208-202121_1

monster09_2
B組の面々のヒーローネームおひろめ。
「黙示録の獣」って呼び方がカッコいいけど、これはヴァインこと塩崎ちゃんのセンスからの呼び名でジェボーダンとは関係ないみたいかな。ジェボーダンもセンスが良いネーミング。

animal_inu_1
昔に観た映画のタイトルで覚えたな、ジェボーダンって。

Screenshot_20190208-202236_1

monster09_2
塩崎ちゃんは技のネーミングもカッコいい。

animal_inu_1
正解でハズレなーのだ。

animal_buta_1
イバラの描き込み細かいねー!ブラクロもだったけど苦労するだろねこういうの。

Screenshot_20190208-202259_1
Screenshot_20190208-202309_1

monster09_2
匂いで撹乱、電撃で牽制、すかさず洗脳のコンボ。おっほー!お見事!
意思疎通がポイントのチーム戦で心操くんの個性は「脅威」!

animal_buta_1
塩崎ちゃん洗脳から、たたみかけてる感じがいいね。梅雨ちゃん活躍してたね!

Screenshot_20190208-202443_1

monster09_1
互いの力を認めつつ勝利。心操くんのこれからの活躍に期待せずにはいられないよね。

animal_inu_1
洗脳の個性ってネタがわれてたら不利なはずだよ?見事ハマった!ってとこ感心しちゃっておお!って声がでちゃった。

animal_buta_1
そういう点でフィジカル強化の「獣化」との対比って狙いはあったのかな。


monster09_2
恋は戦争、金未来杯第三弾。アラビア吾郎先生の登場です。

Screenshot_20190208-202733_1

monster09_2
洋画DVDのパッケージみたいな扉絵。アラビア吾郎先生の作風はカラッとあか抜けてますよね。

Screenshot_20190208-204021_1

monster09_2
安定した画力の高さ。筆致がキレイでページに清潔感が。女の子もかわいいんですよね。
大げさなネタも画力の高さに支えられて笑いに。逆にちりばめられた小ネタも効いてます。

Screenshot_20190208-204201_1
Screenshot_20190208-204347_1

monster09_2
キャラデザインに独特な部分というか作者の個性、特徴をってのが課題では。
「あ、この人の絵だな!」ってのが薄い気がします。うーん、上手すぎるんでしょうかw

animal_inu_1
上手すぎるってじゃあどうしろっていうのよ。下手になれってことじゃないにしてもよ?
まったく勝手な事を…。

animal_buta_1
高橋くんの袖がビリビリなとこ好きw


monster09_2
ブラクロ、強火が決め手だ。

Screenshot_20190208-204530_1

monster09_2
精霊の加護とともに復活したフエゴレオン団長。次の攻撃を予告!

Screenshot_20190208-204538_1

monster09_2
ぶっぱだー!おもっきしぶっぱ!
オオオー!すげー!

animal_inu_1
火加減とか耐えるとかの話じゃないw

Screenshot_20190208-204548_1

monster09_2
空気魔法が操るそもそもの空気を燃やし尽くして圧勝!

animal_inu_1
火炎獅子の掌って魔法だけど、アネゴレオン様がやってたやつかな。アスタとか炎で頭をガシッとやられてたよね。

animal_buta_1
ついでに肩やら腰を揉んだりしたら気持ち良さそうw(ジジイの感想)


monster09_2
BE MADE、第95回手塚賞準入選。独楽京介先生の登場です。

Screenshot_20190208-204722_1

monster09_1
デビュー作。1ページ目、作画にはまたまだ未熟さがあったことは否めないと思います。が、それがそれが…。

Screenshot_20190208-205533_1

monster09_2
キャラクターにはひとりひとりに体温を感じます。

Screenshot_20190208-205541_1
Screenshot_20190208-205548_1

monster09_2
キャラや世界観は意表を付いてはないようですが、それが真正面から突破したような王道感に。

Screenshot_20190208-205600_1

monster09_2
その王道感が31ページのお話の中のたくさんの要素にわかりやすいまとまり持たせていると思います。「ジャンプ」を感じさせますよね。

Screenshot_20190208-205619_1

monster09_2
この受賞作でも最初と最後で作画の腕が上がっているのがすでに見受けられたり。

animal_inu_1
出っ歯のヤンキーの妙な存在感。不思議に気になるキャラだなあw

animal_buta_1
独楽京介先生はGIGAで「ベンケイ漢青春伝」を連載中。そっちでその上達ぶりを追えるね。応援してますよ!


monster09_2
2018 41号 感想あれこれ その2に続きます。
よろしくお願いいたします。


【ジャンプ40号】感想あれこれ その1

Screenshot_20181206-012845_1

【ジャンプ40号】感想あれこれ その1

animal_inu_1
40号の感想あれこれ その1ー!

食い物屋さんで調理してる女性って良いもんだねCoCo壱とかさ、って言ってたらカウンターについたてが増設されて見えなくなった今日このごろ!

animal_buta_1
よほどイヤらしい目つきだったんだろ!w

なんつって自意識過剰!


monster09_1
Dr.STONE、黄金の如き経験。

Screenshot_20181222-231807_1

monster09_1
自力での脱獄を図るクロム。
千空から学んだ科学知識、ゲンから学んだハッタリをはじめ敵の羽京の戦い方まで自らの経験とし、それをフルに使って脱出。
クロムが積んできた経験が次々と策に転化されていく様子がおもしろい!

Screenshot_20181222-232029_1

monster09_1
元警官の陽に追跡され追い詰められたクロムが大量の吐血。肺炎が伝染っていた!?

animal_buta_1
司軍側には治療の術がないもんね。これは上手いとこを突いてる策でもあったよ。

Screenshot_20181222-232040_1

monster09_1
村長決定トーナメントの時に訓練していた急所攻撃がここで活きた!いいぞー

animal_inu_1
効果音はアレだけど玉子が割れた絵はなんていうかヒュンと来るわけでw

Screenshot_20181222-232121_1

monster09_1
スイカちゃんの帰り道をちゃんと観察して予想しつつ千空たちと合流。吐血は植物の調合の知識で作った偽の血だった…!

待ち受ける司軍の罠からみんなを助けるのは自分だと決意していたクロム。脱出成功、お見事!

animal_inu_1
ポリスメンにはトンファーって違和感なく見てたけど日本ってよりはアメリカとかのイメージだよね。

animal_buta_1
中国にルーツはあるけど琉球空手の武器なんだとか。日本の人がアメリカに伝えたんだってよ。わりと歴史は浅いんだね。


monster09_1
火ノ丸相撲、愛する友のまなざしが。

Screenshot_20181222-232148_1

monster09_1
Cカラーは人気投票の結果発表!
主人公、大ボス、ヒロインと並んで順当な感じがあるのかな。7位に金盛がランクインしたのは女性人気高し?…へえ~!w

Screenshot_20181222-232247_1

monster09_1
火ノ丸を心配して集まったダチ高元相撲部の面々。大般若に対する作戦をワイワイ練るその様子に火ノ丸は顔をほころばせる。

高校時代の練習風景を重ねて見た火ノ丸。笑顔には素朴な雰囲気が。良い顔!

Screenshot_20181222-232251_1

monster09_1
仲間たちの声援をしっかりと受け止めて土俵に向かう。「今日は負ける気がしない」とレイナさん。応援する側を心配させない落ち着きと余裕を感じさせる表情。

Screenshot_20181222-232320_1

monster09_1
言動や態度、パフォーマンスから色物扱いされがちな大般若。しかし相撲の実力は本物。出だしから土俵際に追い詰められる。それでも「負ける気がしねえ」と火ノ丸。仲間と自分、互いの内には不安も疑念もない。
仲間たちの声援が炎の戦士に力を与える!友情パワーだ!

土俵の上に声援が届いているのは大典太が見せたまばゆい光の相への布石かな?

animal_inu_1
友情パワー。炎の戦士。勝利に向かってー。
なるほど「キン肉マン」の原作者、嶋田先生との対談があったからか!アニメ主題歌の歌詞だよね!

animal_buta_1
あれのサビの歌詞、ジーンとしちゃうんだよねw


monster09_1
呪術廻戦、おまえの流した涙を受けよう。

Screenshot_20181222-232522_1

monster09_1
レポートで伝えられる順平くんのお母さんの死。渇いた文面は殺され方の惨たらしさと息子の母への想い…悲しみを想像させる。

「海だって他の水槽だってある 好きに選びな」と息子に言っていた母親。広い世界に目を向けさせることは、傷つき戻って来た時に優しく迎える責任との背中合わせ。幼魚は大事なものを失ってしまった。

Screenshot_20181222-232529_1

monster09_1
同行を志願、しかし「子供であることは決して罪ではない」とナナミンに考えを説明される虎杖。
人を殺すという一線。呪いと密接である「死」はだからこそ重く。

Screenshot_20181222-232535_1

monster09_1
自宅を後に学校へ向かう順平くん。
「見慣れた通学路も今日は」
言葉はそのあとに繋がらないまま。

「人に心はない」。

Screenshot_20181222-232540_1

monster09_1
打ち明けていたとおりに母の死に取り乱す順平くん。そして「憎しみ」は真人によってその矛先を誰かに向けるよう焚き付けられる。

Screenshot_20181222-232551_1

monster09_1
真人の描く絵図は順平くんを利用して虎杖に宿儺優位の「縛り」を科すこと。

真人の傍らには夏油の姿が。

Screenshot_20181222-232611_1

monster09_1
「固陋蠢愚」
おろかさを意味する文字を連ねた言葉。

視野が狭まり誑かされる愚かさ。
子供である事は罪ではない」とナナミン。しかしそれを別にして、順平くんの境遇から誰がその愚かさを責める事ができるだろうか。

罪を負うべき本当の「愚かな子供」とはー。

Screenshot_20181222-232633_1

monster09_1
母のいない今、顔の傷…火傷を隠す必要はもう無くなった。タガの外れた呪いはまず教師としての立場そのものへ向けられるべく無関係の生徒たちを巻き込んでいく。

それは幼魚だとて罰を免れえぬ罪。

Screenshot_20181222-232733_1

monster09_1
タガを外したのは復讐心。ないはずの心に押され思うまま力をふるう。理想との一貫性に囚われず、そして全て肯定されたはずのふるまい。しかしそれは歪んだ瞳を何処かに辿り着かすものではなかった。

Screenshot_20181222-232737_1

monster09_1
駆けつけ名を呼ぶ友に「呪術師」と呼び返す。敵対の意志、「現れる悲憤の呪術」。
幼魚を待ち受けるは屠殺される運命。

シリアスな展開。ちょっとポエムっぽくしてみたぜ!

animal_inu_1
お、おう。…そうでもなくね?w

animal_buta_1
校長先生の舌打ちをボクは見のがさなかったw


monster09_1
ハイキュー!!、相乗効果。

Screenshot_20181223-001107_1

monster09_1
Cカラー、スイカを食べる日向とそのライバルたち。
合宿中の休憩の様子かな。水彩での淡い色調が運んでくる爽やかさ。スイカがやたらうまそう!

Screenshot_20181223-001122_1

monster09_1
音駒メンバー交代。投入されたのは犬岡くん。互いに触発しあい実力以上の力を引き出し合う相手。「好敵手」たるゆえん。

Screenshot_20181223-001231_1

monster09_1
投入直後ながら日向の速攻を好反応でブロック。ブロッカー同士でぶつかるのもお構い無しのプレーは実は練習試合からのリベンジ。

Screenshot_20181223-001250_1

monster09_1
田中のカバーでボールは日向への高いトスに。研磨の指示どおりにタイミングを溜め、その上で高さも加えられた「三枚」ブロックを日向は狙ってのブロックアウトで破る。いいぞっ!

Screenshot_20181212-203403_1_1

monster09_1
サブタイトルは「ライバル・2」。「ライバル」は31話。

Screenshot_20181223-001301_1


monster09_1
速攻を使い分けたならそれでも「金棒じゃん」と研磨。しかし影山なしでも通じるオープン攻撃を目の当たりにして日向を「鬼」と認識。その脅威の出現で眉間にしわをよせるブロッカーたちの表情…スミマセン楽しいです。

Screenshot_20181223-001426_1
田中もノッてきて会心のサーブ

monster09_1
せめぎあい高め合う「好敵手」との戦い。分かたれる刹那に「立ち向かう」理由は恐さを知ったから。それしか選べなかったんじゃない。それを選んだんだ。

Screenshot_20181223-001438_1

monster09_1
ライバルに引き出された実力以上のプレー。だからか先輩からはまだまだという評価。鬼と成った好敵手が標的。犬岡くんの「日向には勝てない」のセリフはいずれは越えてやるという意志。「挑まずにはいられない」!

animal_inu_1
音駒戦は過去回からの繋がりが色濃い展開だけど、今回もまた濃かったね。

animal_buta_1
そこを意識するとプレーのひとつひとつがさらに面白くなるっていう仕掛けだね。前回の日向のオープンの空振りもそれだったね。


monster09_1
約束のネバーランド、ドラゴンズ・ドリーム。

Screenshot_20181223-001559_1

monster09_1
クヴィティダラ遺跡で唐突にエマが見た竜のイメージ。水面に拡がる無数の波紋の表現に美しさがある見開き。

Screenshot_20181223-001652_1

monster09_1
竜、過去の光景、昼と夜が一緒になった場所ととても幻想的。良い意味で作品の印象が変化したんじゃないかなっていう回でした。

animal_inu_1
竜も一つ目だったね?人間側の持ってる認識と別物かなあ。

animal_buta_1
時間が大きく過ぎてく展開の狙いって気になるね。



monster09_1
ぼくたちは勉強ができない、追えば逃げ逃げれば追うは[x]。

Screenshot_20181223-001920_1

monster09_1
親友の恋の見守りかたにデリカシーがあるよなあ…なんて言ってたらずぱっと切り込んできた海原ちゃん。今回はひやかしとかはなしの真剣な様子ですよ。

Screenshot_20181223-001920_2

monster09_1
しないって言っちゃって…。目標は海外留学。自分の気持ちに歯止めをかけてるのかな?ってのが海原さんの推測。

animal_buta_1
なんか笑い顔が哀しいようるかちゃん。

Screenshot_20181223-002043_1

monster09_1
志望校の音羽大の見学に一緒に行くふたり。うるかちゃんのジャージ姿は複雑な乙女心の現れですぞ。

animal_inu_1
古橋師匠の教えはともかくふつうにジャージ姿も良いもんじゃろがい!アレレみたいな反応してんなよツノメガネのヤロウ!(ギリギリ)

animal_buta_1
まあ少なくとも彼女はジャージ似合ってるよね。

Screenshot_20181223-002210_1

monster09_1
そんなつもりじゃなかったけど夢中になって思わずイチャこいてたふたり。まわりの先輩がたを盛大にニヤつかせたもよう。
赤面しながらも梨をモシャモシャしてるのかわいいなw

animal_inu_1
チクショーイ!憎い!イチャつきが憎いー!

animal_buta_1
血の涙を拭きなよ。

先輩方はショートカットの人が多いね。やっぱそこは体育大学だからかな。

Screenshot_20181223-002245_1

monster09_1
そう言われたもんだから「思う存分ラブラブ」してるとこを想像しちゃった成幸くん。ボックスいっぱいのお弁当に膝枕…いやコレ全男子憧れのシチュエーションでしょw花の慶次も太鼓判。

animal_inu_1
妄想のシチュエーションなんか全然羨ましくないね!ホントだから!

animal_buta_1
血の涙を拭けつってんだろ。

まあ後で血を吐いて倒れるほどの展開になるわけなんだけどね。


monster09_1
血液ヌル、金未来杯エントリーNo.2、天願真太郎先生の登場です。

Screenshot_20181223-002255_1

monster09_1
マスコットキャラに見えるセンスに独特のものがある天願先生。通常キャラとのギャップが作品の特徴であり味ですよね。

Screenshot_20181223-002442_1

monster09_1
主人公の相方ポジションにマスコットを持ってきたところが「あしたば仲介業者」と違う点。収まりがよく感じるのは通常キャラが前作より上手になったからかな?

Screenshot_20181223-002820_1

monster09_1
ヒロインも上手くなってると思います。より大人っぽさが。前作の女性キャラの雰囲気も捨てがたかったですけどもw

Screenshot_20181223-005600_1

monster09_1
血液の変化、忍術、そして最後はオラオララッシュとバラエティに富んだバトル。魅せ方にまだ課題があるように見受けられましたが。伸び代は大きいと思います。

animal_inu_1
まあ新人作家賞ですからね。ちょっと時間が経つとガラッと良くなるもんですよ。

animal_buta_1
何者目線だこのイヌめ。


monster09_1
キミを侵略せよ!、星に帰る。

Screenshot_20181223-005625_1

monster09_1
ハジメくんちはお引っ越し。彗星が地球付近を通過するどさくさに宇宙船を飛ばせばバレにくそう…見通しけっこうユルユルw

Screenshot_20181223-005835_1

monster09_1
意中の幼なじみの引っ越しに華星さん大ショック。脱力するやら取り乱すやらw

単行本3巻で佐目くんの役職が判明。副会長兼その他全般を分身の術でこなしてたw

Screenshot_20181223-005845_1

monster09_1
「宇宙人であろうとどんな秘密があろうと」…華星さんの告白シーン。さりげなさとほどよいせつなさ。稲岡先生のこういうところがほんとに上手だと思います。

Screenshot_20181223-010241_1

monster09_1
宇宙人ならもっと好きになる…ふだんから何を考えてるのかわからない相場さん。告白は意表をついていながらそれが素直な言葉だと伝わってきて、やはりほどよくジーンとさせられたりするのです。

Screenshot_20181223-010250_1

monster09_1
宇宙人と明らかにしたハジメくん。見つめ合うふたりの間にある空気の印象的な引き。

animal_inu_1
GIGAでの連載も終盤のラブコメ感良かったんだよね。単行本に収録されてるんでオススメ。

animal_buta_1
次回が最終回です。ションボリ。


monster09_1
40号 感想あれこれ その2に続きます。
よろしくお願いいたします。




【ジャンプ39号】感想あれこれ その1

Screenshot_20181104-174456_1

animal_inu_1
39号 感想あれこれー!その1!

あれ!?
ジャンプのロゴの「ャ」が見えてる!

animal_buta_1
前号からジャンプロゴがだんだん見えてきてて45号くらいには丸見えになってるね。
表紙が片付いてスッキリ。店先で並んでると見栄えして見えるなあ。
さりげなく変化しててあんまり話題になってなかったような?w

ではまいりましょー!


monster09_2
約束のネバーランド、誰にも言えない。

Screenshot_20181123-233404_1

monster09_2
エマたちとの再会を果たすことを胸に秘め「飼育場」で今まで通りのふりで過ごすフィル。新しい家族の「収穫」を見送る苦痛に耐えるいたいけな心。誰にも知られない孤独の中で彼もまた戦っている。

Screenshot_20181123-233503_1

monster09_2
そんなフィルの前に現れた「裏切り者」側の手の者アンドリュー。明らかにフィルが目的の来園。会ったばかりの相手のはずだけどフィルは動揺。逃げ隠れはできない状況、ヤバい雰囲気。

Screenshot_20181123-233503_2

monster09_2
この場面の後フィルがどうなったかは少なくとも113話までは明かされてはいない…よね?

時間経過もあってフィルの安否は心配するところ。

Screenshot_20181123-233556_1

monster09_2
ドンとギルダを伴った調査隊は途中、野生の鬼と遭遇したりしながらも順調にクヴィティダラの座標へ到着。そこはなにやらストーンヘンジのような場所…。

animal_inu_1
負けるもんか!って言ってるフィルがけなげで泣けちゃうね。

animal_buta_1
エマたちグリーンフィールド園の子供たちが特別に知能が高いってのがまた描写されてたよね。頭がいい子は高級品。鬼の知能って食べた対象に左右されるとかあるのかな。あとフィルの新しい家族たちってすでに登場してるキャラになんとなく似てる子がポツポツいるような。気のせいかな?


monster09_2
ワンピース、斬ってチョンマゲ。

Screenshot_20181123-233709_1

monster09_2
冒頭、大相撲興行中の「博羅町」の様子。土俵の上の「吊り屋根」はすっかり宙に浮いて描いてある。現実の大相撲のそれはもちろん上から吊ってあるんだけど、不思議な感じで浮遊しているように見えるのは誰にも覚えがあるものでは。その感覚だけをもってきて描くっていう遊び心が楽しいね。

Screenshot_20181123-233727_1

monster09_2
ワノ国にある「身分制度」について垣間見える場面。下人なら女性を力ずくで娶っていいという、国技の横綱にあるまじき品格のなさ。食べ物を粗末にし、老夫妻のペットのタヌキを料理しろという胸くそ悪い横暴は後にバッチリ成敗されるフラグ。

animal_inu_1
タヌキ…かちかち山異聞って感じかな?

animal_buta_1
浦島をそそのかすマウスマンだけどさ、以前出たネズミ大佐といいワンピースではちょっとズルいイメージで扱われてるね。
やっぱゲゲゲの鬼太郎のねずみ男の影響がでかいのかな。

Screenshot_20181123-233749_1

monster09_2
博羅町を仕切るのはお腹がライオン真打ちホールデム。人造悪魔の実SMILEはやはり本物のゾオン系能力者とは違って不完全なイメージ。って今さらか。

本人の気持ちとうらはらにお玉ちゃんのリアクションで場面はコミカルに。

Screenshot_20181123-233801_1

monster09_2
一心同体でケンカする場面。手下にセリフで実況と解説させてるのおもしろいなw

animal_inu_1
ホールデムってなんだろ?って調べたら「テキサスホールデム」ってトランプのゲームがあるらしいよ。百獣海賊団の幹部はジャックをはじめトランプの記号みたいだし、そこから来てるっぽいね。

monster09_2
ホールデムの目的はお玉ちゃんの能力。次から次へと彼女にふりかかる災難。ラストは報われてほしいってもんです。

Screenshot_20181123-233845_1

monster09_2
博羅町に正面から乗り込むルフィ一行。二階が丸く膨らんだ変わった建物…モチーフは石灯籠みたいかな。

風景はもちろんモブにも目を向けたいところ。小さいながら一人一人細かく描き分けてあり想像をかきたてられる。
というのは北斎の絵を目にする機会があってやはり風景の中に描かれている人々の様子に感心させられたから。ここから続く街中の場面にも存分に見ることができてホントに楽しい。

animal_inu_1
「でけェ狛犬っ」ってセリフがあるけど小さい狛犬が描かれてたコマがあったよ。気づいた?

Screenshot_20181123-234007_1

monster09_2
力士の中にあってやはり特別に体格がでかい横綱、浦島。相撲自体もなんだか現実のそれとちょっとイメージちがうみたい?w

Screenshot_20181123-234011_1

animal_inu_1
司会進行役の人がいて興行を盛り上げてるんだね。このポジションのキャラはグラサンかけてるってのはジャンプ作品のあるあるだね。

animal_buta_1
ドラゴンボールの天下一武闘会のアナウンサーとかね。ヒロアカのプレゼント・マイクもか。でもHUNTER×HUNTERは女性キャラかな。

Screenshot_20181123-234047_1

monster09_2
まんまとお菊さんを連れ去られるゾロ。「裸の男を斬るのはどうかと」…んん? 
たしかに相手は丸腰丸見えですけども。

animal_inu_1
まあ妙な遠慮をしたとは思うけどねw そもそもルフィたちはお相撲さんたちを敵とは認識してないからさ。

Screenshot_20181123-234108_1

monster09_2
「卑しきはあなたの心」横綱のマゲを一閃。
大ウケしたルフィと同じくこっちも大喜びしましたよw

animal_inu_1
浦島、横綱としても士族としても面目丸つぶれだね。

animal_buta_1
やることなすこと品がないキャラというね。刺青も印象良くないなあ。作品の世界観的にはOKだけど力士的には風上にもおけないキャラだね。


monster09_2
僕のヒーローアカデミア、俺ギラギラしてます。

Screenshot_20181123-234149_2

monster09_2
いよいよヒーロー科へ…待ってました心操くん!描き込み細かい表紙絵。さらに複雑なデザインのマスクで口元が隠れたことは逆に眼の印象を強めてるね。

Screenshot_20181123-234222_1

monster09_2
もう何十歩も遅れている、馴れ合うつもりはないと挨拶した彼。引き締まる雰囲気。

animal_inu_1
文化祭を経てますます仲良しなクラスの様子も好きなんだけど、訓練は訓練でピリッとしてなきゃだもんね。このタイミングでの編入にワクワクさせられちゃうね!

Screenshot_20181123-234307_1

monster09_2
お互いを「敵」と認識しての戦闘訓練。そこで激しく葛藤しちゃうとこが飯田くんだよなあw
激カワ据え置きプリズンはあなどれないデザイン。

Screenshot_20181123-234338_1

animal_inu_1
両クラスのチームわけ。まだまだ未知の部分があるB組の面々に期待は高まりましたよ!

animal_buta_1
四番チームの凡戸くんのキャラデザイン好きだなあ。

Screenshot_20181123-234635_1

monster09_2
わりと遠慮なしの戦闘訓練。出ばなB組の宍田くんは切島くんと梅雨ちゃんをかなりの勢いで投げ飛ばす。

animal_inu_1
敵、遠慮しないからね。そのための訓練っていえばこうなりますよ必然に。

Screenshot_20181123-234647_1

monster09_2
一気に攻めかかる宍田くんを封じ込めたのは心操くんの個性とサポートアイテム。他人の声で喋ることができる「もう一つの声帯」ペルソナコード!複雑なデザインがいろいろと刺激してくる。カッコいい!

animal_inu_1
その使いようでより強くなるって感じのアイテムだよね!面白い戦いを期待できそう!

animal_buta_1
宍田くんの口調、「恋するワンピース」の嘘風くんを思い出してしょうがないw

Screenshot_20181125-130417_1

animal_inu_1
彼ね!w 「恋するワンピース」ジャンプ+で大好評連載中だね。

animal_buta_1
何口調っていうのかな。オタクなイメージの口調だけど、志村けんのバカ殿様と一緒にいるご家老様のそれだと思うんだけどなあ。


monster09_2
Dr.STONE、そは大海へ続く一滴。

Screenshot_20181123-234653_1

monster09_2
Cカラーは檻を破るクロム。キャラの浮遊感でハジケるような勢いを感じる画。竹の瑞々しい色が印象的に感じるのは左後ろの女性の赤い服が補色になってるのもあるよね。

animal_inu_1
うへへとさせるサービス精神も感じるよ!w

Screenshot_20181123-234738_1

monster09_2
囚われのクロムを監視するのは元警察官の陽。チャラい口ぶりには妙なリズムがあって印象こそ良くないんだけどキャラにリアルな存在感を与えている。初登場って感じでは全然ないね。

Screenshot_20181123-234943_1

monster09_2
脱獄を助けたのは何者かによる電池の差し入れ。クロムは大樹と杠からの助けと思ったようだけど…股間にブツを隠して感謝する絵面に笑いがw

Screenshot_20181123-235139_1

monster09_2
陽たちに嘲笑われながら「海の水で脱獄?」とヒントを掴んだクロム。塩水を手に入れるために牢の中で激しい運動。必死の形相、しかし愚直さがクロムのとりえ。僕たちはもう笑わない!

Screenshot_20181123-235212_1

monster09_2
汗を電気分解してテッテレー!漂白剤ゲット!かくして自力で脱獄成功!いいぞクロム!

animal_inu_1
それぞれが離れていても同じ科学を作り上げてたってカッコよかったね。

animal_buta_1
クロムが「お塩」って丁寧に言ってるとこがちょっと好きw


monster09_2
ハイキュー!!、かつては反目。

Screenshot_20181123-235239_1

monster09_2
前回あれだけ盛り上がったけど日向のスパイクはカスッてチョロり。味方全員が白眼w

animal_buta_1
良く見て!西谷は白眼むいてない!だいぶあきれてるけども!

Screenshot_20181123-235249_1

monster09_2
コート内に和んだ雰囲気が流れるなか、外から見てるほうは「日向めっちゃ跳んでた?」と息をのんだ様子。そして…?

Screenshot_20181123-235305_1

monster09_2
研磨にとっては想定外。知らない人が見たならただのオープン攻撃が彼の思考を回転させまくっているという状況。一段とおもしろくなってまいりました!

Screenshot_20181125-105319_1

monster09_2
日向が高いトスに対応できている理由を説明しているシーン。中学時代からバレー仲間には恵まれなかった日向。そして「最強の味方」がトスを上げる「今」に繋がっていることもこの場面は伝えている。熱い!

Screenshot_20181123-235323_1

monster09_2
今度はバッチリきめた!かー!爽快ッ!

月島によると「日向が良く跳ぶ」ことを頭に入れておかないと、ブロッカーは先に落ちてしまうとのこと。

Screenshot_20181123-235346_1

monster09_2
同じセッターとして。オープン攻撃を敢えて続けた影山の勇気を理解しているスガ先輩。
はやさに囚われる影山はもう居ない。その一方でオープンに頼りきりではない影山。いやあ、頼もしいかぎりだね。

animal_inu_1
影山が「時間を作る」ハイセットをするにいたるには、日向の「楽をするファーストタッチ」があったからってのがあると思うんだよね。

Screenshot_20181125-115826_1_1

animal_buta_1
それって選抜合宿へ押しかけ球ひろい修行をしていた時に青葉城西の国見くんのプレーを参考にして身につけたことだったよ。

Screenshot_20181125-115305_1_1

monster09_2
影山と国見くんは同じ中学出身で、その時は同じチームでプレースタイルの違いから反目し合ってた。
そういう相手からの影響が巡り巡ってきて、日向というフィルターを通して、全国大会のこの場面で生かされる結果に繋がってきてるんだね。

animal_buta_1
日向と同様に影山にも中学から繋がる背景があるって見れるのか…うわ、コレおもしろいね!

Screenshot_20181123-235407_1

monster09_2
オープン攻撃は基本的なプレー。ゲームで言ったら戦士の直接攻撃のイメージ。

研磨が視線を向けたのはベンチの猫又監督。メンバー交代、以心伝心。

Screenshot_20181123-235431_1

monster09_2
海くんと交代したのはブロックが得意な犬岡くん。高さの補強、それは「2枚の盾、装備」。まだまだ試合の行方はわからない。

animal_inu_1
日向の「ンモーッ!」っての気持ちがこもっててリアルな声だしに感じたよw

animal_buta_1
猫又監督も対戦相手のプレーで喜んで見てたね。


monster09_2
仄見える少年、金未来杯エントリーNo.1、後藤冬吾先生、松浦健人先生の登場です。

Screenshot_20181123-235436_1

monster09_2
カラー扉上手いですね。手がこんでるのに整理されてて見晴らしの良さを感じる構図。服の生地や髪の質感の塗り分けが目をひきます。夕焼け空が綺麗で印象的。


Screenshot_20181123-235617_1

monster09_2
扉同様、中のほうも1頁1頁が読みやすい印象。小道具も細部まで丁寧。キャラ作画もアクがなくて好印象。

animal_inu_1
鼻メガネヒロインの宮子ちゃん、いいですねぇ…!

Screenshot_20181123-235636_1

monster09_2
目隠し系キャラは最近多いような。とはいえ主人公伊織景くんのお姉さんは色気も近寄りがたさもあってかなり良い感じのキャラ。

animal_inu_1
トーンの張り忘れのコマがあるんだけど、こっちは清楚系に見えてコレはコレでアリだなあw

Screenshot_20181123-235933_1

monster09_2
背後の霊怪が首を伸ばして顔を覗きこんでくる場面。荒い呼吸が「あっちいこ」でピタッと止まる演出…怖ぇーよー!

原作の後藤先生は以前にも同名の読切を発表していてそちらでは心霊写真の霊がこっちを見るってのがほんとにコワかった記憶。

Screenshot_20181124-000034_1

monster09_2
主人公の「力」が発動する山場。ゾッとさせながら景くんにはカッコよさもありますね。
全体的に高いレベルの作品だったと思います。

animal_inu_1
たくさんのオバケに視線を向けられるのってやっぱりコワいよね。で上の画像だけど、左下のふつうのオバサンっぽいのがいるのがやたらコワいんだけど!

animal_buta_1
似た人、けっこうそこらに居そうよ?
ヒーッw


monster09_2
ブラッククローバー、無敵×2。

Screenshot_20181124-000133_1

monster09_2
ヤミ団長と転生シャーロットはひとまずはブレイク。ソル・マロン、今度はヤンチャ女呼ばわり。

animal_inu_1
それでも一般人の避難誘導を指示したりして、ヤミ団長良いとこ見せたんじゃない?

Screenshot_20181124-000221_1

monster09_2
王都襲撃のどさくさで牢から出たゲルドルとそこに現れたレブチ。成り行きからタッグを組むことになったみたいだけど、アレこれもまた強いんじゃない?w

Screenshot_20181124-000243_1

monster09_2
紅蓮の獅子王本拠地で団の全員を相手取るのは転生ランドール副団長。
拳法家ポーズに洋画俳優なみのルックス。敵ながらカッコいい登場。

animal_inu_1
次回の戦いぶりもやっぱり拳法家っぽくてすごく良いんだけど…副団長、前に出番あったかな?記憶にない…w

animal_buta_1
ここで初登場…かな?


monster09_2
39号 感想あれこれ その2に続きます。
よろしくお願いいたします。