ジモトがジャパン

【2018 43号】感想あれこれ その1

Screenshot_20190413-212452_1

【2018 43号】感想あれこれ その1

animal_inu_1
2018 43号、感想あれこれ その1ィー!

monster09_1
アアアア!年号が変わっているゥー!

…ハイッ!
やらせていただきましたァーン!

animal_buta_1
ぜんぜん笑えません。


monster09_1
ONE PIECE、りんごと涙。

Screenshot_20190507-211718_1

monster09_1
ホールデムをぶっ飛ばしてお玉ちゃんも無事に奪還したルフィ。きびだんごの能力でスピードさんを従えて逃走。

スピードさんの背に跨がったルフィたち。その楽しそうな様子にこちらもニッコリしてしまう一コマ。躍動感あるね。

animal_buta_1
人には効かないはずだったお玉ちゃんの能力が、偶然カイドウの部下たちギフターズには効果ありと判明した場面だね。
半分は馬だからってテキトーに言ってるぽいのにふつうに納得させられてるよね。

Screenshot_20190507-211728_1

monster09_1
炎にまかれながらのルフィの戦いぶりにお玉ちゃんはかつてのエースの姿を重ねて見る。

「何でもない」と言いながらぎゅっと背中にしがみついちゃって。こういうとこがなんともかわいらしいじゃないですか。

Screenshot_20190507-212104_1

monster09_1
ホーキンスと一戦交えていたロー。そこに宝船で通りがかったゾロたち。海賊同盟は合流へ。作戦を台無しにされてローはゾロの胸ぐらを掴んで激怒。

でもおこぼれ町の町民たちに食料と水を分け与えたルフィにはローは同じようには怒らなかった。町民を喜ばせたルフィを怒る気にはならなかったのかな?

animal_buta_1
のちの回のローのセリフを見るとそんなじゃないみたい。ゾロにはまだ話が通じるけどルフィにはもう怒るだけ無駄っていうか、あきらめ半分って感じなのかなあw

でもまあお医者さんになるやつは根がやさしいだろうから…。Dr.ヒルルクはそんなこと言ってたよ。ルフィがしたことに対しては叱れないとこあるしね。

Screenshot_20190507-212216_1

monster09_1
偶然にエースと同じセリフを言ったルフィ。まるでエースが帰って来たような、亡きエースがルフィを呼んできたような…。お玉ちゃんを涙ぐませたのはふしぎな巡り合わせ。

義兄弟、義侠心。カッコいいよね!

animal_inu_1
突然後ろから抱きつかれたスピードさんのリアクションがおもしろかったよ。
「誰?抱き締めるのは(ハート)」ってやつ。
まあノリツッコミってやつだけど、そのノリがいいよね。

animal_buta_1
やっぱり半分馬だから?w 知らんけど。


monster09_1
約束のネバーランド、シカクのシカク。

Screenshot_20190507-212358_1

monster09_1
エマたちのシェルターに人間の側、ラートリー家からの刺客が。監視カメラの警戒にも関わらず奇襲に会ってしまう。

「殺処分」
子供たちは彼らから見れば鬼のエサ。

Screenshot_20190507-212552_1

monster09_1
訓練され統制された敵。対してエマたちももちろん万が一の時を想定して準備していた。シェルターを捨て脱出、即時決断。

住処を追われる子どもたちにはやはり未練が。味方の支援者との連絡手段がなくなってしまうほうが痛手、とはいえ…。速やかに避難の準備をしてるようだけど命からがらなんだよね。

Screenshot_20190507-212630_1

monster09_1
モニター室の存在、ダミー映像についても敵にはバレていて、さらに非常口の存在も把握されていた。すでに袋のネズミ。大ピンチ!

animal_inu_1
エマたちが人の側にも命を狙われる立場ってとこが後々の展開に影響してるのかな?

animal_buta_1
隠し部屋にみんなで隠れてたコマがなんかすごく怖かったよ…。


monster09_1
HUNTER×HUNTER、ちょっとふりむいて。

Screenshot_20190507-212637_1

monster09_1
この43号から連載再開です。Cカラーは久しく出番のないレギュラーメンバー。

先回りして暗黒大陸に行ってました…くらいじゃないと出番がないんじゃ…。

animal_inu_1
どうだろねw


Screenshot_20190507-213040_1

monster09_1
双子のカチョウ、フウゲツ王子を護衛するセンリツ。殺伐としているよそとはまた違う雰囲気。しかし彼女もまた王位継承戦の裏にある謀略の蠢きに耳を澄まして戦っている。

animal_inu_1
センリツさんサイドはちょっとせつなげなんだよね。彼女のやさしい性格も垣間見えてて。健気さも感じるなあ。

Screenshot_20190507-213029_1

monster09_1
リハンの能力〝異邦人(プレデター)〟。
どういう能力だったかな…。

animal_buta_1
まず相手の能力について予想するのよ。その予想が正解に近いほど、相手の能力に対して天敵と呼べる念獣を産み出すことができる。

ってことみたいよ。

Screenshot_20190507-213154_1

monster09_1
ふしだら三昧のサレサレ王子は敵の念獣に対して無防備。彼の守護霊獣は〝異邦人〟によって補食される。

念の煙を吸わないように舌を伸ばしたり素早く飛びついたりしてるところが天敵要素かな。

animal_inu_1
王子に直接は攻撃できない縛りとか?
というか、まず念獣のビジュアルが強烈なんですけども…。つってもターゲットは異邦人が見えてないから、見た目に意味はないかなあ。

animal_buta_1
サレサレ王子についてリハンは辛辣な人物評をしてるよね。リハンの気持ちとかが念獣の見た目に影響してたりすんじゃない?

Screenshot_20190507-213216_1

monster09_1
リハンはウショウヒと護衛を交代。
ここの「能力が殆ど無力化する」って部分でん?ってなっちゃってですね。しばらく悩みましたよ。どういうことだっけ?w

animal_inu_1
うーんとメタ的な説明するけど、普通は能力が最初からバレるってことは敵側が有利になっちゃうことなんだよね。リハンの能力は相手の能力の基本的な情報が未知であったほどリハンに有利になるっていう、バトル漫画のセオリーを逆手にとったみたいな能力なのよ。

animal_buta_1
リハンがウショウヒの力を評価している一方で、ウショウヒはリハンの足を引っ張ってる。自分が暗殺を楽しんでる様子からそれは故意だったんじゃないかって思わせるんだよね。敵も味方同士もかけひきだらけ。まさにHUNTER×HUNTERといったとこなんだね。


monster09_1
ジモトがジャパン、愛があればだいじょうぶ。

Screenshot_20190507-213356_1

monster09_1
読者からご当地ネタを大募集!読者参加の企画の反響はどうだったんでしょうね?

animal_inu_1
後ろの埼玉スタジアムは足場が組んであるね?工事かなんかだったのかな。タイミングが悪かったのか珍しい時に行ってラッキーだったのか…w

Screenshot_20190507-213538_1

monster09_1
名のるだけで笑いをとれる男、マスラオ。
今日も今日とて他県民をディスっております。

animal_inu_1
これだけでもうやられちゃうんですけどもw

Screenshot_20190507-213610_1

monster09_1
大勢で取り囲んでよってたかっていたぶる、まさに鬼の所業。
ベッドタウン小僧…なんてひどいことを…!

animal_inu_1
かごめかごめなら真ん中の人がオニだけどね。

animal_buta_1
どっちもそういうことじゃないんだよ。

Screenshot_20190507-213708_1

monster09_1
埼玉、春日部に伝わる伝統的戦法「ケツだけ殺法」。もう言っちゃうけどクレヨンしんちゃんのアレです。愛を込めて繰り出しております。

最後のほうは正面からみてもケツだけ。存在がケツにw

animal_inu_1
体力を消耗してるケツw 
ダメだ腹が痛いw

animal_buta_1
でもマスラオ大好きw


monster09_1
Dr.STONE、電光石火だ!

Screenshot_20190507-214056_1

monster09_1
奇跡の洞窟制圧のための電撃速攻作戦。
今回は次から次の千空たちの策が繰り出される展開。これ原作の稲垣先生が得意とするところでしょ。

animal_inu_1
アイシールド21を彷彿させるもんね!
さるかに合戦とかさ、ドドッとたたみかける展開の面白さってあるよね。

Screenshot_20190507-214113_1

monster09_1
洞窟前の罠を戦車はムリヤリ突破!
原始的な石世界の戦いで戦車が突っ込んでくるなんてそりゃ驚くってもんですよ。

Screenshot_20190507-214308_1

monster09_1
誰も殺さないことがこの作戦の前提条件。

空中で身を翻してのコハクちゃんのアクション。カッコいいー!

animal_buta_1
鬼滅の刃での時透くんとか蜜璃さんとのアクションとも見比べたいね。どれもカッコいいんだけど、これはポーズで見えそで見えなくしてるコハクアングルで持ち味を出してるよね!

Screenshot_20190507-214808_1

monster09_1
爆音で気絶させるショックキャノンを繰り出したり。一方で司への報告を阻止したのは寝返りした面々。

animal_inu_1
ニッキーさんはくすぐり上手。
お!もしや十四経脈?

animal_buta_1
この女の人、司さん(つかさん)とか呼んでるのね。
司にホレてる感じなのかな。着てる服もセクシーアピール効かせて気をひいてるのかも。

Screenshot_20190507-214834_1

monster09_1
仕上げは大樹の機転と大声で洞窟内の番兵を片付けてフィニッシュ!
予定時間ピッタシ、死者数ゼロで作戦は大成功!

animal_inu_1
面白かったね!
でも最後、大樹って自分の耳は無事だったのかな?鼓膜もタフ?

animal_buta_1
なーんじゃ…
そんなこともわからんのか(あ~ん)

ジャイアンの歌声的なアレだよ!


monster09_1
火ノ丸相撲、三日月謳歌す。

Screenshot_20190507-214919_1

monster09_1
国宝と呼ばれる世代の中で後を追うかたちで角界入りをした沙田。その実力を確実に伸ばして来た。四日目の取組は大関・童子切と取り直しへ。

animal_inu_1
高校時代、ライバルたちがみんな大相撲に行っちゃったあとは物足りなかったって感じてるんだけど、ずっと相撲を楽しんでこれてるんだよね。

animal_buta_1
話は別なんだけどものいいが付いた場合の勝負審判の場内へのアナウンスってモヤモヤするんだよなあ。どこかで区切ればわかりやすくなるのになって毎度思うんだよね。

Screenshot_20190507-214926_1

monster09_1
その成長ぶりに童子切をして「ここまで来たか」と言わしめた三日月。
「風清月白の相」からは迷いのない心と集中力が伝わってくる。高ぶる熱さを秘めたような、しかし研ぎ澄まされた刃のごとき涼やかさもあるようで…ゾクゾクさせてくれます。

Screenshot_20190527-224938_1

monster09_1
真剣で斬り合うイメージと瞬く間の取組の描写がやはりカッコいい見開き。

左上がりのコマ割りと最後のコマの三日月のポーズには読者に直線をイメージさせる意図があるのでは。

Screenshot_20190507-214950_1

monster09_1
三日月の上手出し投げ!

前の見開きの効果で三日月の投げの鋭い回転を読者により強く感じさせる演出。グリンッ!というね。
視覚がこれ、体感に作用しましたよね!?

animal_buta_1
あと「双月」の写植の配置も意図的なのかな?
字を読むとそこが重心になって遠心力を感じるんだよね。

animal_inu_1
で、勝負なんだけど三日月の負けなんだよねこれが。
負けても相撲を楽しめるメンタル。三日月の強さの根本ってそこかもね。


monster09_1
思春期ルネサンス!ダビデ君、lemonの尿意。

Screenshot_20190507-215429_1

monster09_1
好きな子の前でトイレに行くなんて言えないダビデくんは思春期。
我慢しきれず漏らしてしまった彼を救ったのは親友の放尿。

意中の女子の前でおしっこかけられるってのも、なかなかの黒歴史っぽいような…w

animal_inu_1
いつものことだから…みたいよ。みんな慣れちゃってるんだね。
逆に小便小僧くん、謎の人徳。

animal_buta_1
彫刻のダビデくんが苦悶の百面相をしていたりといろんな試みもしてるんだよね。
自分のハンカチでおしっこ拭いてくれるヴィーナスさんマジヴィーナス。



monster09_1
43号 感想あれこれ その2に続きます。




【2018 42号】ジモトがジャパン 第1話 ジモトがジャパン

Screenshot_20190228-012309_2

【2018 42号】ジモトがジャパン 第1話 ジモトがジャパン

animal_inu_1
ジャンプギャグレボリューション、巻末カラーでスタートを飾ったのは「ジモトがジャパン」!

巻末カラーってサラッと言ってるけどジワッと笑けてくるワードw

animal_buta_1
同時新連載で巻頭か巻末かってハンデになるんじゃないかって編集部でいろいろ議論してたみたいかな。ってのはNHKのドキュメンタリー企画でその時の事が放送されてたんだよね。

お笑い芸人なら「ちょっと待ってくださいよー!」なんて言いながら「(おいしいぜ!)」って思うとこなんだろうけどねw

animal_inu_1
ページ数は33ページでダビデくんより多いね。そこでバランスとったのかな?

animal_buta_1
バランスとはいったい。

作者、林聖二先生の「地球人間テラちゃん」好きだったから本誌連載はうれしいなー!


animal_inu_1
転校初日、初登校の転校生をめざとく見つけて猛ダッシュしてくる元気な赤頭。

animal_buta_1
出身地を聞くのに順番に都道府県を並べていくくだりなんだけど、東北が後回しなのがなんか許せん。←郷土愛

monster09_2
(まんまとハマってるな…。)

Screenshot_20190228-012404_1

animal_inu_1
相手の出身地はきくけど自分の生まれはふせた彼。あえて言うなら日本全土。
奴の名は日ノ本ジャパン。ジャパン?

animal_buta_1
英語!っていうね。なんかロカビリーな雰囲気のやつだし。ツッコミどころの塊みたいなキャラだねw

animal_inu_1
あんな変態に付きまとわれちゃあジ…エンド…! 

animal_buta_1
変態よばわりも言い回しも笑っちゃったw


Screenshot_20190228-012413_1

animal_inu_1
名乗るワケねーだろバカヤロウ。
てなわけで転校生の安孫子時生くんです。山形出身ですヨロシクね。

animal_buta_1
テラちゃんの時もだったけど、この手のキャラはツッコミポジションだね。
話を転がすのに便利だし。

monster09_2
みもふたもないこというな。

Screenshot_20190228-012448_1
クリムゾン・キングの宮殿的驚愕顔

animal_inu_1
クラスで一番強ェ奴をブッ倒すってんで、とある格闘技部を訪ねることになった時生くん。

animal_buta_1
そこは都道府拳部。つ、捕まったァー!w

Screenshot_20190228-152734_1

animal_inu_1
都道府拳!47都道府県の甘酸っぱいメモリーやらなにやら…えーと郷土愛を盛り込んだ拳です。

animal_buta_1
投げ出すな説明。
まあ愛っちゃ愛だな…ハズレでもないか。

秘密のケンミンSHOW!を視聴してのネタ集め…修行に呆れた時生くん。

Screenshot_20190228-152838_1

animal_inu_1
そこに現れたのは…。
転校生をめざとく見つけて猛ダッシュしてくる元気な…江田島へ、へ…(パクパク)

animal_buta_1
言ってはならん!
転校生をダッシュで殴りつける男。ヤツの名は菊池益羅男…!

笑いが止まらないw

Screenshot_20190228-152855_1

animal_inu_1
世田谷育ちのシティボーイ。熱量がすごい。

animal_buta_1
首からなにぶら下げてるんだろと思ったらサコッシュだそうで。サイズがw

monster09_2
知らなかったけどショルダーバッグみたいなやつなのね。←ジジイの感想
ズボンもドカンだよねっていう。←とどめのジジイの感想

Screenshot_20190228-152922_1
「どこに行くの?食べないの?」って意味らしい

animal_inu_1
シティボーイズに袋だたきにされて時生くんの目に浮かぶのはふるさとのかの面影…アレお母さんが妙にリアルなような?

animal_buta_1
林先生、お母さんの写真見て描いたんじゃないだろね?w

Screenshot_20190304-150734_1

animal_inu_1
そこにジャパァァン!と現れたジャパン。
マスラオもジャパァァン言うててジャパンが渋滞してるね。

animal_buta_1
いつもお世話にってことは毎度こんなことしてんだなw

Screenshot_20190228-153007_1

animal_inu_1
山形拳!妙技花笠音頭!
民謡が聞こえる限り踊り続けてしまう恐るべき拳法!…拳法ッ!

animal_buta_1
山形にもモチロン美人はいるだろうけど、ジャパンにとっては甘酸っぱいメモリーはないみたいかな。背景見るに。
てかアレ時生くんの母ちゃんじゃないの?w

Screenshot_20190228-153058_1

animal_inu_1
それでも田舎ヤロォを生かしちゃおけねえマスラオさん。ジャパンさんに本気を出させたみたいですよ。

animal_buta_1
冨樫義博先生に捧ぐ…だと?w

Screenshot_20190228-153107_1

animal_inu_1
山形拳奥義!蔵王炎殺黒龍波!
色々ヤバいw

animal_buta_1
黒い蔵王温泉の湯気を集め、黒龍と変えて敵に浴びせる大技!

スゲー!色々スゲー!w

animal_inu_1
マスラオの背後から龍が貫いてんだけど、元ネタにもこんなコマあったっけ?

animal_buta_1
わからないけどカンチョー感が出てて笑いがw

Screenshot_20190228-153134_1

animal_inu_1
服が破けてあらわになったジャパンの上半身は…メチャムッキムキ!そして日本列島の傷!

ウオオ!…ナニこれ?w

animal_buta_1
カッコいいw

Screenshot_20190228-153202_1

animal_inu_1
こうして時生くんはジャパンに惚れ込んで「都道府拳部」に入部したのでした…つづく!

animal_buta_1
集え、地元を愛する者たちよー。
さわやかにまとまった最後にやっぱ笑いがw


animal_inu_1
さて第1話、いかがだったでしょうか。

animal_buta_1
ご当地ネタを拳法にするってアイデアに1990年代前後、いわゆるジャンプ黄金時代のころを感じたりしたんだよね。
ジャッキー・チェンの映画にある五獣の拳とかの流れで、いろんな漫画でなんでも拳法や必殺技のアイデアにしちゃってたころがあったっけなあと。
一方ご当地ネタそのものギャグ漫画もあって、相当数あると思うけどボクは吉田戦車先生の「ぷりぷり県」かなあ。

パロディとか素材あっての漫画って簡単なようで実は難しいんじゃないのかなって思うんだよね。(ネコの大喜利寿司はムズい!)
作者さんのセンスによるところがすごく大きい。「ジモトでジャパン」はその点ですごくツボを突いてきてて毎回大笑いしちゃってるよ。

実はマスラオが大好きw 登場してきてセリフで「~じゃあぁぁぁ!」って言ってるだけで声出して笑ってるよ。たまにむせて苦しいw

てなわけでお国自慢と古き良き時代のジャンプ作品を上手く合わせた「ジモトがジャパン」、楽しみにしています。

animal_inu_1
早くもアニメ化が決まっているようですよ。

animal_buta_1
喜ばしい話だね!…と言いたいところだけどさすがに早すぎなんじゃないのかなあw
ネタの食い合いとかに気をつけてうまくやってほしいですな。