アクタージュ

【2018 43号】アクタージュ scene34.演技指導

Screenshot_20190323-154939_1
scene33より

【2018 43号】アクタージュ scene34.演技指導

animal_inu_1
本番まであと30日。劇団天球御一行様は屋形船で御宴会~ってのが前回。

animal_buta_1
屋形船から見る夜景はまるで銀河鉄道の車窓から見る星の海。それは死者にはもう手の届かない光。「死の景色」だったんだよね。



Screenshot_20190429-095608_1

animal_inu_1
宴がすすんで団員のみなさんはそれぞれに風景を楽しんだりしております。おや巌さんをほったらかしですよ。老いぼれひとり手酌酒状態。

animal_buta_1
老いぼれってあんまり良い言い方じゃないだろ!

でもさすが、画になってらっしゃいますよ。

Screenshot_20190429-095615_1

animal_inu_1
そこでお酒を取り上げたのは阿良也。タバコも取り上げちゃったし続けたセリフもなんかぶっきらぼうというかぞんざいというか。あんたって。

animal_buta_1
言葉づかいや態度はこんななのに、阿良也が巌さんの体を気づかってるのがわかるんだよね。親子ではないけどそれに近いみたいな。

呪術廻戦の順平くんとそのお母さんの会話も思い出したりしたからかなあ?

Screenshot_20190429-095620_1

animal_inu_1
巌さんにお説教っぽく言いながら、自分はお酒を一口飲んで撃沈w 

阿良也よ、なんのつもりで飲んだw

animal_buta_1
ボクら以前の感想あれこれで「お酒の席での阿良也節って面白そうだね」みたいなことを言ってた時があるんだけどこんなじゃダメだねw

Screenshot_20190429-095625_1
Screenshot_20190429-095625_2

animal_inu_1
酒で潰れたらもう起きない阿良也にイタズラする夜凪さん。セクハラ、バカは悪口だけどじょばんには違うだろとw

animal_buta_1
不満の意は伝わってます。
でも膝枕されてる阿良也、正直うらやましいなw

巌さんの演技指導。それは「死」を知ること。


Screenshot_20190429-095629_1

animal_inu_1
今回、扉絵は轡を着けた阿良也。
怪物と呼ばれる俳優。うちに潜む獣の本性…って感じかな。

animal_buta_1
いや普段からあらわだから怪物って言われてんでしょw
しかしオシャレでカッコいい一枚。やっぱ色気なんだろかねぇ。


animal_inu_1
屋形船のデッキでは前回に引き続きアキラが酔っぱらいにからまれております。

Screenshot_20190429-095634_1

animal_buta_1
亀太郎さん、お酒のせいか愚痴っぽいようですよ?

animal_inu_1
お酒のせいにもできないこのご時世…。

じゃなくて役者を仕事にするってのも色々と事情が大変みたいだね。まあ、たしかにテレビも映画も美男美女ってイメージはあるかなあ。

animal_buta_1
でもさ、ベテランの役者さんを挙げてみるっていうとやっぱり演技力、実力があるからじゃない?

いやベテラン役者さんはイケメンじゃないっていうんじゃなくてねw
まあアキラにからむのに自分の不満が出ちゃった感じなだけかな。

Screenshot_20190429-095640_1

animal_inu_1
アキラだってアキラなりに悩んだり苦しんだりしてるんだよね。子役のころからの芸能活動してきての重圧だったり、自分の才能を思い知らされたり。本人の言うとおり恵まれてるって境遇ではないってのは後の回で語られます。

animal_buta_1
そんなアキラ、自分にとっては劇団天球で活躍してる亀太郎くんや七生さんのほうが羨ましいと告白。
実力主義の巌さん率いる劇団で阿良也と一緒に芝居できる環境。たしかにアキラにとっては望ましいだろね。

Screenshot_20190429-095647_1

animal_inu_1
アキラのそこのとこは勘違いだと亀太郎くんは指摘。アキラだって認められてキャストとして選ばれたんだろとのこと。

animal_buta_1
星アリサ社長に対する「罪滅ぼし」のセリフだったり、前回のアドバイスのシーンだったり「認められた」って感じではなかったみたいだったけど…。
でも巌さんと付き合いの長い劇団員としての視点からすると「巌さんは政治で出演者なんて決めない」。

政治ってのはアキラと景ちゃんの熱愛疑惑の火消しのことでだよね。
政治じゃないとすると、巌さんの「罪滅ぼし」っていうのは、過去に自分のせいでアリサ社長が役者として壊れたっていう因果がアキラへの報いになってしまっていることへの「罪滅ぼし」だったことになるのかな。

Screenshot_20190429-095652_1

animal_inu_1
アキラは役者としてまだまだ伸びると見込んでもらってるってことじゃん!おおっ!

animal_buta_1
演出家と役者の戦い。ひとつの公演を良いものするために対立する思惑が生まれてるけど、全体的に捉えると一体になっているんだよね。

ないものねだり。アキラも亀太郎くんたちとぶっちゃけたやりとりができて結果的には距離を縮めれたんじゃないかな。



Screenshot_20190429-095656_1
Screenshot_20190429-095700_1

animal_inu_1
巌裕次郎の秘密の告白。余命3ヶ月から半年。

animal_buta_1
景ちゃん、驚きでちょっと混乱ぎみかな。

Screenshot_20190429-095700_2

animal_inu_1
他の誰にもしらせていないことを言い方を変えて繰り返して伝えているね。

animal_buta_1
スムーズとは言えないやりとりがリアルな場の雰囲気を感じさせる。ことの重大さが読んでいるこっちに増して伝わってくるね。

Screenshot_20190429-095704_1

animal_inu_1
次々に「どうして」が湧いてくる景ちゃん。
まあ無理もないよね。

animal_buta_1
カムパネルラには自分が死んだと自覚がある。それがカムパネルラ役の景ちゃんにだけ自分の死を知らせた理由とここではうけとれるけども…?

Screenshot_20190429-095712_1

animal_inu_1
景ちゃんの役作りには巌さんの死の体感が役にたつ(っていうには言葉がなんだけど)。それはそうだけど…。じゃ秘密にする理由は?ってなるよね。

animal_buta_1
「ちゃんと皆に言わなくちゃ」ってのは当然の選択肢だと思うよね。残される側にしたら死の受けとめ方を選ばせてほしいものだしね。

Screenshot_20190429-095716_1

animal_inu_1
でもそうせずに皆には秘密にする理由は。
「俺が演出家で」
「お前が役者だからだ」

animal_buta_1
屋形船の座敷で向き合う二人。水面の向こうの夜景と相まってまるで銀河鉄道に乗っているカムパネルラとジョバンニのようだね。

Screenshot_20190429-095723_1

animal_inu_1
文字にしたら噛み合っていないようなやりとり。「何だよ」って言われてる景ちゃんの表情はなんだろ?

Screenshot_20190429-095723_2

animal_buta_1
すべては舞台が良くなるため。演出家も役者も目的はひとつ。自分が死ぬことをほかのみんなに秘密にしておくのはそのほうが舞台が良くなるから。

それを聞いた景ちゃんの表情。
巌さんの考えを聞いてる一方で、残される側の気持ちもあるもんね。さらには「演技」は彼女にとっては「生きる喜び」だったはず。
これについてはのちほど。

二人は「共犯者」に。


animal_inu_1
宴の夜は明けて。みなさん朝まで生屋形船だったようですな。

animal_buta_1
酔っぱらいも相手にするお仕事だとありがちなのかなあ。
つか、逆に生じゃない屋形船ってなんだよ。

Screenshot_20190429-095731_1
Screenshot_20190429-095736_1

animal_inu_1
景ちゃんちのチビッ子たちについて聞いた阿良也。そか一回お宅訪問してるもんね。

「…フーン」と間のあるやりとりに妙な違和感が。

animal_buta_1
景ちゃんには巌さんの秘密、つまり「嘘」があるんだもんね。でも会話には嘘はない。
阿良也は「嘘」で臭いを感じるヤツなんだけども…?

Screenshot_20190429-095747_1

animal_inu_1
みんなに背を向けた景ちゃんには、巌さんの秘密を聞いたときの表情が。
阿良也にも見抜けない嘘のつきかたが出来ちゃってるってことかな?

animal_buta_1
巌さんに迫る死の影響が登場人物たちにさらなる交錯を生んでいて…つづく。


animal_inu_1
巌さんと阿良也の親子のような関係はこの回あたりからだんだん描かれていってたのかな。さりげない感じだけどちゃんと物語の中で積み重ねてるよね。

酒、タバコを取り上げる様子で呪術廻戦の順平くんちの親子も思い出したからちょっと貼っとこうかな。

Screenshot_20181108-194628_1

animal_buta_1
タバコを悪く言いたいんじゃなくてお父さんお母さんが大切だから体を心配してるってシーンだよね。
とはいえタバコやお酒も煙管とか瓢箪みたいにその時代をうつす小道具って感じになるんだろうかねえ。


animal_inu_1
 巌さんは「演出家」で景ちゃんは「役者だから」と言われた景ちゃんの表情の話ですが。

animal_buta_1
景ちゃんの役者としての上達の過程だけど、映画撮影を終えてからの演ずることの「生きる希望」があって、千世子さんに「自分の中にもカムパネルラはいる」と気づかされて、で、「感情表現」と「役作り」の課題がクリアできてたんだよね。

この途中で出てきた「死んだことがないからわからない」って部分はまだ残ってた。

animal_inu_1
余命が限られた巌さんから「死」について教えてもらったら…答えを教えてもらったと思えば「カムパネルラ」像としては完成するっぽいけども?

animal_buta_1
景ちゃんの役者としてのレベルアップの過程からすると、それって逆というか、ベクトルが反対というかなんだよね。
土台からして違うものを取り込んでいかなきゃならない状況。で、本人はもちろん読んでるこっちも「どうなっちゃうの?」って思うんだよね。

animal_inu_1
この回で「死」っていう答えを教えてもらうことで更に不安定な状況になってるんだね。更にさらにはみんなに秘密にする、「嘘をつく」ってのが演ずることについてはマイナスになるはずだったよね。

animal_buta_1
景ちゃんの表情の話は後の回、後々の回でその表情の意味が明かされるから言わないでおいたほうがいいのかな…。
「わかったけどわからない顔」って言ったらいいのか…。

animal_inu_1
出たよ便利な言いまわしw
ズルい使い方するんじゃないよ。

animal_buta_1
景ちゃんの表情を含め、いろんな疑問は布石になっててあとで回収されてるんだよね。
今回、最後のコマで景ちゃんが巌さんの意図を唐突に言った感じがあるのも実はそのうちのひとつというね。


animal_inu_1
そうすると今度はアキラはさ…って話になるよね。

animal_buta_1
景ちゃんサイドとアキラサイドは流れが対照的。ふたりとも異物として劇団に混ぜられてるけど扱いは月とスッポンみたいな。

animal_inu_1
アキラはフルチンで演技しろって言われてるからスッポンポンだよね!

animal_buta_1
(…チッ)

二人の比較で両者ともが際立つ展開になるところがほんと面白いとこだと思うなあ。








【2019 10号】アクタージュ scene51.立ち方

Screenshot_20190206-213509_1

【2019 10号】アクタージュ scene51.立ち方

monster09_2
だいぶリアルの発売日から遅れた感想を記事にしてる「ジャンプニエール」ですがアクタージュ一周年の51話がほんとに良かったので急遽、方針を変更しまして感想をお送りします。

animal_inu_1
今回だけ特別…の予定だよねw

animal_buta_1
記事アップのペースが上がらないのはイカ不漁が原因です。


Screenshot_20190206-213520_1

monster09_2
「銀河鉄道の夜」のクライマックス、ジョバンニとカムパネルラの別れのシーンで阿良也は「沈黙」。
芝居を越えた芝居。それは役(たにん)と自分、虚構と現実、そして生と死のギリギリの境目にあって危うく、それゆえに眩い輝きだった。

観客を魅了する演技の裏に在った危うさ。自分の知らない自分がここに来てあらわになってしまう。刃を渡るような緊張感。

animal_inu_1
阿良也は自分の中に自分の知らない「気持ち」があったことに気がついてしまったんだよね。本当の別れを知らなかった。気づかないふりをしていたんだってね。

Screenshot_20190206-213921_1

monster09_2
30秒以上の沈黙。
なんで夜凪まで動かないんだ、と黒山監督。
この舞台は失敗、あなた(阿良也)は立ち上がれない、と星アリサ社長。

劇の結末は景ちゃんの演技に委ねられる。

Screenshot_20190206-213937_1

monster09_2
本当の「幸せ」とは。宮沢賢治は作品の中にその問いについての答えを記さなかった。

死の間際、演出家・厳裕次郎が辿り着いた答えは「死んでも一人にはなれない」
さらに「その幸福に気づくことを芝居という」

芝居ある限り、芝居の中で生きる。
そういうふうに解釈できると思います。

Screenshot_20190206-214016_1

monster09_2
「一人にはなれない」幸せに「一人で気づくしかない」という矛盾。しかしそれはあたたかなやさしさに包まれてたしかにひとつになっていて「信じる」ことそのものになにか力を与えているように感じさせる。
その視点のある荘厳なイメージはまるで…。

Screenshot_20190206-214042_1

monster09_2
舞台裏で仲間たちに応援されている阿良也。
カムパネルラの沈黙の「演技」が彼に立ち方を思い出させている。

Screenshot_20190206-214052_1

monster09_2
一人にはなれない「幸せ」に気づくことは本当の別れを知り、受け入れることだった。
立ち上がった阿良也の表情は演技ではなく素の表情では。

Screenshot_20190206-214101_1

monster09_2
沈黙ののちのわずかのセリフ。それで全てを伝えた迫真の死者の芝居。

画で伝える役者の演技力。このコマはビリビリと感じさせた!素晴らしい!

Screenshot_20190206-214119_1

monster09_2
厳さんは「大切な人のいなくなった世界で一人でも生きていけるように」指導するつもりだった、と七生さん。(scene.40)

償いは叶わずとも、一人ではない幸せに満たされた厳さん。
いつか星アリサが救われることをもう「信じるだけ」だから…。

で、つづく!


animal_inu_1
原作「銀河鉄道の夜」における「本当の幸い」。
カムパネルラは「僕わからない」って言ったんだよ。

ってテレビでピース又吉先生が言ってたw

animal_buta_1
宮沢賢治は作品の中では答えを出さず、作品を通じて考え続けることが大切だと思っていたからなんだって。

これもピース又吉先生が言ってたw

monster09_2
問い続けることが答えって感じかもね。

じつはそれって星アキラの「僕は何もわからないんだ」ってのが限りなく正解だったんじゃないかって思ってたんだよね。
スポットライトを避けた演技っていうのが物語の外側にある意識…原作者の宮沢賢治の視点になっていたんじゃないかと。

animal_inu_1
でも厳さんは「幸せ」がなにかってハッキリ言ったよね。

animal_buta_1
厳さんなりの、というか芝居に携わる人にとっての、って言ってもいいけど…。
「答えのうちのひとつ」ってのどう?

monster09_2
残された人たちに対するメッセージとして「答え」をハッキリさせたんじゃないのかな。

厳さんの見つけた「本当の幸い」は阿良也の、劇団天球のみんなの、そして星アリサ社長の新たな標。そして「己の足で立ち上がる力」の大切さを劇から受け取った人たちはまた問いに対する新たな答えをそれぞれに探していくんだよ、きっとね。


animal_inu_1
無言の演技。以前も見た記憶が。

animal_buta_1
今回の沈黙の30秒オーバーってscene30の読み合わせの場面から繋がってるんだよね。
あの時はね…沈黙の意味について厳さんにツッコミもらってたんだよね。

monster09_2
で今回はちゃんと「沈黙」を演じているんだよね。そこには厳さんから得た「死」への理解が景ちゃんにあったんじゃないのかってことと、その演技を理解できたのは阿良也だからこそってこともあると思うんだよね。

これはいろんな場面でわかるんだけど、印象的なのは「星が見えるの…?」ってとこかな?


animal_inu_1
荘厳なイメージ…どういうことだってばよ?

animal_buta_1
スージーQ…じゃないよねw

「銀河鉄道の夜」の原作もだけど、アクタージュ作中劇のセリフのあちこちからも宗教的なにおいがするから神様とかそういうのを連想しちゃうよね。

monster09_2
宮沢賢治は法華経信者ってことなんだけど、子供のころキリスト教にも接してたみたいだよ。いろいろ影響受けたんだろうね。


monster09_2
連載一周年を迎えたアクタージュ。プレイボーイのグラビア、消防庁のポスター起用と予想外な方法で世の中にアピールしているようです。全国書店員が選んだおすすめコミック2019で第3位とのこと。今年も目が離せません。


monster09_2
急遽の記事だったのでいろいろ見落としてるかもという不安があります。本誌バックナンバーを追いながら追記、変更があるかもしれません。





2019 02/09追記

スージーQってなんだと思った方へ

Screenshot_20190209-144445_1
「娘のためにできること それは信じることです」

【ジャンプ40号】アクタージュ scene31.阿良也の役作り【感想】

Screenshot_20181216-121921_1

【ジャンプ40号】アクタージュ scene31.阿良也の役作り

animal_inu_1
「理解の及ばない存在を演じる」
「それが芝居の醍醐味なんだよ」

「この世に理解の及ばない人間は存在せず」
「理解できるなら必ず演じられる」

「銀河鉄道の夜」主演ふたりはお互いの中に「役作り」の手がかりを見いだして…ってのが前回。

animal_buta_1
「死せず生まれ変わる」
演じるために「食らう」

役者たちは演じるために内に、外に心を探っていくんだよね。


Screenshot_20181213-011928_1

animal_inu_1
夜凪家の21:00前。なにやら双子たちがだだこねてる…かなコレ?w

animal_buta_1
幼い弟と妹だけど二人とも実はしっかりしたとこあるんだよね。家庭環境もあるだろうけど、ここはアキラくんの言ってた「子供って実は皆 大人なんだよ」ってのを受け売りしとこうかな。

三角関係ってのも「熱愛」イジリのうちかな?w


animal_inu_1
時はさかのぼって三時間前。

景ちゃん、役作りの仕方を阿良也から教えてもらうことを思い付いたんだったよね。
彼を捜しに行こうってとこよ。

animal_buta_1
と、阿良也側も景ちゃんを捜してて稽古場の前でばったり鉢合わせ。彼びちゃびちゃ。

Screenshot_20181213-011944_1

animal_inu_1
水も滴るイイ男…とか言ってる場合じゃないね。

animal_buta_1
前回、川に飛び込んでたからです。

役作りで悩んでたのはホントだよね。噛み合わない会話がおもしろいな。いいぞ阿良也節。

Screenshot_20181213-011954_1

animal_inu_1
おっと向こうから役作り指南を申し出てくれましたよ。渡りに舟、地獄に仏よ。

animal_buta_1
しかしそんな甘いだけの話じゃなかったね。家に行かせろって交換条件。部屋の匂いとかいろいろクンカクンカ嗅がれる!w

Screenshot_20181213-011954_2

animal_inu_1
今回は阿良也が景ちゃんの中にジョバンニの臭いがあると気付いたからだよ。ちょっと事情が変わってる。

animal_buta_1
こういう場面でほっとけない男、星アキラ。

てなわけで阿良也とふたり一緒に夜凪家ご訪問とあいなったわけですな。


animal_inu_1
カレーを作るのに小一時間。夜凪家特性カレーはすごい甘口。で、具だくさんなんだって。阿良也談。4巻参照だよ。

animal_buta_1
で、ここまできてもまだ名前を間違われてるアキラ。
なんでここにいる?って聞かれて「僕も役作りについて伺いたくて」って言ってるんだけどね…そういうとこよアキラくん、ってのがこの後でちょっと明らかにされるみたいだよ。

Screenshot_20181213-012008_1

animal_inu_1
ところで…と唐突な質問。
「弟妹のことを疎ましく思ったことある?」

animal_buta_1
無遠慮すぎてて景ちゃんは質問の意味もわかんないって感じ。
質問した本人は「?」ってなっててどうかした?って態度だね。

Screenshot_20181213-012008_2

animal_inu_1
本人がどう思ってるかはともかく、そんなの他の人が聞くもんじゃない事ですよ。

animal_buta_1
アキラはもうびっくりしちゃってる。こういうデリカシーのないことって彼のキャラなら絶対にしないことだもんね。

Screenshot_20181213-012022_1

animal_inu_1
「何言ってるんですか」ってのを遮って質問を続ける阿良也。
「二人共良い子だし」って景ちゃんの返事。それも「そうじゃない」んだと。

animal_buta_1
「二人のせいで」なんてちょっと酷い聞き方だけど…。実は大人になることを強いられたってところはscene1(第1話)でちょっとそうかなって部分が描写されてるんだよね。

Screenshot_20181213-012029_1

animal_inu_1
さらにつっこむ阿良也。弟妹を恨んだ夜もあったんじゃないかって…たしかに子供を育てることって大変なことだけどさ。聞く?聞いちゃうフツー?

animal_buta_1
役者の条件だ、なんて言われたら自分の中のそういう部分を思い出さなきゃいけないふうになっちゃうじゃん。少なくとも景ちゃんはそういう人ですよ。

Screenshot_20181213-012038_1

animal_inu_1
さらに続けた言葉があんまりだったんでアキラに胸ぐらを掴まれた阿良也。うん…当然そうなると思うよ?

animal_buta_1
ところが「どうして怒ってるの?」なんて聞き返してくる始末。人の気持ちがわからないのかとアキラには火に油だったみたい。

Screenshot_20181213-012051_1

animal_inu_1
阿良也のまた次の質問はアキラの意表をついたのかな。
「なぜ自分が怒っているのか説明できるの?」
「自分の気持ちをちゃんとわかってるの?」

animal_buta_1
そう聞かれてウッとしちゃったんじゃないかな。自分の気持ちをわかってるかって…考えたことある?

animal_inu_1
うーん…?阿良也節?

animal_buta_1
この会話の流れでいうと…「兄妹がいなきゃ良かった」なんて常識的には考えちゃダメなことなんだけど、その奥にある自分がどう思うかの部分にフタをしてあるんじゃないの?って言いたいんじゃないかな。

すると、アキラが怒ったところはそういう常識っていう部分でのことじゃないのかってなるよね。

これ、ちょっとニュアンスが違うかもしれないけど「建前」と「ホンネ」っていうとわかりやすいんじゃないのかな。

Screenshot_20181213-012051_2

animal_inu_1
でもアキラの物腰とか態度って人づきあいとかで言ったら責められる類いのものじゃないよ。波風立てないように接していて分別のある対応だよ。

animal_buta_1
ただ「建前」で動くのを当たり前にして、自分の「ホンネ」を意識しないまでになってるってのは役者としてはうまくないんだろうね。

阿良也にしたらそういうアキラは「臭わなくて」「嘘吐き」なんだよ。

Screenshot_20181213-012056_1

animal_inu_1
なるほどねえ…。
おっと景ちゃんが語りはじめましたよ。
そういうこと…あったかも知れないってよ?

animal_buta_1
子供を育てるって大変なことだもんね。
あってもしょうがないこと、誰も責められない話だけど…。
それをさらけ出して人に話すってのはキツいね。

Screenshot_20181213-012100_1

animal_inu_1
景ちゃんが言ってることはscene1で描かれてることじゃない?

animal_buta_1
今の景ちゃんとはキャラのイメージが違ってた頃だよね。

Screenshot_20181213-012103_1
アップから引いていく演出

animal_inu_1
お母さんが亡くなって。ここでは言ってないけどお父さんは蒸発しちゃったんだよね。

animal_buta_1
映画の世界に逃げたいってのはつまり「現実逃避」。黒山監督が指摘してたやつね。

Screenshot_20181213-012114_1

animal_inu_1
そんな景ちゃんをルイくんとレイちゃんは心配してちゃんと気づかってた…!

animal_buta_1
役者になるように薦めたのも二人なんだね。このへんもまたscene1で描かれてもいるとこだね。

景ちゃんは二人に救われていたんだ…。

Screenshot_20181213-012123_1
一気に寄ってインパクトを与えている

animal_inu_1
阿良也の涙。景ちゃんのなかの「ジョバンニ」の感情移入。共感したんだね。

animal_buta_1
ルイくんもレイちゃんもしっかりしてるもんね。
それに加えてさ。子育てって大変だけどそれが暮らしのなかで喜びになるってのはみんなワカルんじゃないかなあ。
なんというか…ジーンとね、感動しちゃったところもあったよ。

Screenshot_20181213-012123_2

animal_inu_1
阿良也が掴めなかったもの、掴みたかったものはジョバンニが母親をどう感じていたか。
なるほど目当てが決まっていたからそこに目掛けてグイグイ行ってたとこもあったんだね。

animal_buta_1
自分の感情に正直でいようとしてるその結果ってのもあるだろね。



Screenshot_20181213-012131_1

animal_inu_1
阿良也は自分の目的を果たしたんでさっさと帰ったみたいだね。カレーに満足。

animal_buta_1
カレーが目的じゃないです。

アキラは食器くらい洗うなんて言ってるけどこれは建前じゃない?ほんとは景ちゃんを心配して放ってはおけないんじゃないかな。

Screenshot_20181213-012131_2

animal_inu_1
役作りについて教えるって言ってたけど、ほんといろいろ食い散らかし放題で帰った印象しかないなあ。

animal_buta_1
そこが「怪物」たるゆえん、ってとこかな。
相手の感情を暴きたてて自分の中の感情とする。それがつまり「食らう」ってことだったんだね。

で、「怪物」には「怪物」になった理由があったかも?ってのをのちほど。

Screenshot_20181213-012139_1

animal_inu_1
阿良也をお手本にするつもりだったし役作りのやり方の正解を教えてもらったハズなんだけど…景ちゃんは自分にそれはできないと思い知ったみたいだね。

animal_buta_1
自分の役作りのための手段。阿良也のそれは乱暴で遠慮なしな感じだもんね。
そしてそもそも景ちゃんは自分の感情に向き合ってどんどん「潜る」タイプの役者。別物だったってことか…。



Screenshot_20181213-012139_2

animal_inu_1
雨のうたれるままの阿良也。彼を振り向かせたのは…?

Screenshot_20181213-012143_1

animal_buta_1
夜目遠目笠の内。
とは言うけれどそうじゃなく、すれ違った女性が後ろ姿に匂いを発していたから。阿良也をビビらせる謎の女、それは…。

Screenshot_20181213-012147_1

animal_inu_1
それは夜中に訪ねてくるなんて信じられない人物。ふたりとも目を見開いちゃってますよ。

Screenshot_20181213-012151_1

animal_buta_1
スターズの天使、百城千世子…!

Screenshot_20181213-012151_2

animal_inu_1
キ、キタ…! 千世子さんがキター!

animal_buta_1
千世子さんは景ちゃんにとって「カムパネルラ」のイメージそのものの人物。
灯台下暗しってのはあてはまらないかもだけど阿良也がダメなら次は千世子さんに聞けばいいってわけだね!これは面白くなってきた!

熱愛を否定しつつ…つづく!


animal_inu_1
「建前」と「ホンネ」って話をしたんだけど。アキラはアイドルだからホンネを隠すってのは仕事としては必要な部分もあるでしょ?

animal_buta_1
二つの言葉を並べたらホンネってのは悪いもの、汚いもの、隠すものってイメージに捉えがちだけど、そう言ったら「建前」だってキレイ事とか言えちゃうわけだしね。
正否って話じゃないんだけどそこを平等にイメージさせる語彙ってわかなかったんで「ホンネ」と「建前」って用いてみたよ。


animal_inu_1
阿良也にアキラが掴みかかった場面。「なぜ自分が怒っているのか説明できるの?」って言われてアキラは固まっちゃったよね。

animal_buta_1
阿良也のふるまいにアキラが怒ったのは「そういうことはやっちゃいけない」っていうそれまで生きてきた経験から得たものから来ていて、自分の感情からによるものじゃないのでは?ってところを突かれたんじゃないのかな。

animal_inu_1
対して阿良也のそういう建前みたいなところがないよね。やっぱり役者としての姿勢からなのかな。

animal_buta_1
これはずっと後になってからなんだけど、巌さんが阿良也を見いだした回想が一コマあるんだよね。(scene46)
アキラがその生い立ちのせいで建前だけみたいな性格になってしまったように、阿良也はホンネでしか生きられなかった生い立ちがあるんじゃないのかなって思ったよ。


animal_inu_1
 百城千世子さんが登場しましたけども。
おおー!そうきましたか!ってなってすごくワクワクしたよ!

animal_buta_1
直接聞くって盲点だったよねw
続きを読む

【ジャンプ36·37号】アクタージュ scene28.新メンバー【感想】

Screenshot_20180926-192858_1

【ジャンプ36·37号】アクタージュ scene28.新メンバー

animal_inu_1
役の掘り下げた感情を丁寧に表現する技術。それが夜凪さんに足りないものなんだけど技術なんていうほどじゃないらしい。「表現力」って誰でも自然にできてるものよ?ってのが前回。

animal_buta_1
どういうこと?って疑問を遮ったのは世間をお騒がせする大ニュース…w


animal_inu_1
回が明けて、スキャンダルはすでにスターズ星アリサ社長によって手を打たれたあとだね。アキラ君と景ちゃんが一緒にいたのは、明神阿良也と共演の舞台の宣伝だったってことに。

Screenshot_20180926-192810_1

animal_buta_1
星アキラの人気ってどれほどかがわかった場面でもあるね。星社長のセリフによると何十億円ぶんのスキャンダルw

前回は千世子さんと手塚監督について「手いっぱい」って言っててそちらもなにやらゴタゴタしてるみたいだったよ。
社長って苦労が多いねえ。

Screenshot_20180926-192832_1

animal_inu_1
アキラくん、演技力について評価は低いみたいだね。
巌裕次郎率いる「劇団天球」のみんなはこんな時期によそ者を…と、戸惑ってる様子。

animal_buta_1
巌さんとアリサ社長の会話。二人は昔からの知り合いみたいだね。

アリサ社長は元女優なんだよね。演技の世界にいて「心を壊した」過去がある、と第1話で語られているよ。

察するに巌裕次郎こそが社長の心を壊した相手ってとこだね。

Screenshot_20180926-192839_1

animal_inu_1
アキラくんの才能のなさは母親のアリサさんも認めるところ…問題ないって説明するためだけど、これはちょっとアキラくんかわいそうかなあ。

animal_buta_1
アキラくんを預かったのは「罪滅ぼし」。
そうだね、本人居ないとこでケチョンケチョンよ。

Screenshot_20180926-192854_1

animal_inu_1
巌さんから見ると景ちゃんと若いころのアリサ社長は似てるんだって。

自分のように心を壊してしまうかもしれないからアリサ社長は景ちゃんのことを否定的に言ってたんだね。自分に似てるからなおさらってことか。

animal_buta_1
まあその点は黒山監督もちょっと触れてたよね。

二人の会話の最後はアキラくんにとってちょっと希望が持てるような感じだったね。
たのんますよ巌さん!

■ 

animal_inu_1
場面は変わって「劇団天球」に合流した星アキラくん。挨拶はしたもののみんなの反応はいまひとつ。

Screenshot_20180926-193000_1

animal_buta_1
中にはこうフレンドリーなやつとかいてもいいと思うんだけどそこは役者さん同士、半端な愛想とか見え透いちゃうのかな?

Screenshot_20180926-193009_1

animal_inu_1
巌さんの役者の嗅覚にかなう役者になろうとしてたら、そういうタテマエみたいな部分を取っ払わなきゃならないのかもよ。役と自分の感情にいつも向き合ってる人たちだもんね。

animal_buta_1
まあひとえに役者として力不足だからって話なのかなあ。

Screenshot_20180926-193009_2

animal_inu_1
お、知り合いがいた!ってんで景ちゃんに声をかけたわけですがつれない態度。

animal_buta_1
わりとそこらの距離は詰めさせないよね夜凪さんは。原因は自分のせいなのに。鬼か!w 

Screenshot_20180926-193009_3

animal_inu_1
アキラくんも怒らないもんなー。
お、巌さんと阿良也くんも来たよ。

Screenshot_20180926-193019_1

animal_inu_1
「はじめまして」じゃないのに相手に合わせて挨拶をするって相手に恥をかかせない配慮みたいなものを感じるけどねえ。

animal_buta_1
内心では自信のない自分の自覚があったりと卑屈な部分も描写されてるからほめれるとこではないやね。

Screenshot_20180926-193107_1

animal_inu_1
で、阿良也くん的にはアキラは無臭。

animal_buta_1
初対面というか初遭遇の時は隣に熊肉の臭みがする人がいたせいで気がつかなかった…ってだけじゃないみたいだね。

Screenshot_20180926-193107_2

animal_inu_1
熊肉臭子がショック受けてますが。

animal_buta_1
臭いってのは巌さんいわく感情の臭いってことじゃなかったかな。
叶わないけど最初のオーディションのころの景ちゃんを嗅いだとしたら、彼女臭ってたんだろうかね?

Screenshot_20180926-193107_3

animal_inu_1
阿良也くんの嗅覚はちょっとニュアンスが違ってるような…?

animal_buta_1
と、意外なことを言ってるよね。
「別に良いも悪いもないんじゃない?」

オッ?アキラくんに一縷の望みか?

Screenshot_20180926-193124_1

animal_inu_1
挨拶が終わって、そのままお稽古の続き。
様子を見てるアキラくんにはいろいろと理解できないことばかり。

animal_buta_1
芝居の良し悪しも会話も…会話はしょうがなくないかなあ?w
アキラくん、最初の頃も景ちゃんの言うことがわからないって場面があったよね。阿良也くんはインタビューで首を傾げることを言っちゃうから報道陣から阿良也節って言われてるしね。

二人の会話を僕らが理解できるのは、前回の黒山監督の図解があるからでもあるし。

Screenshot_20180911-191420_1
↑コレです scene27より

Screenshot_20180926-193133_1

animal_inu_1
彼女はきっとすぐに成長する。
アキラくんの確信は景ちゃんを見てきたからこそだよね。

animal_buta_1
いつからか背中を追ってしまっている者の視線だよね。

Screenshot_20180926-193201_1

animal_inu_1
挨拶の締めで意気込みを語ったアキラくん。
自分の役者としての実力不足を自覚してると打ち明けたよ。その上でみんなに認めてもらえるようにと宣言。

animal_buta_1
自分だって成長してみせるってことだよね。
粗末な扱いを受けるポジションで終わるな!
がんばれ星アキラ!


animal_inu_1
場面変わってたぶん稽古場の近くの公園。
景ちゃんベンチに寝そべって感情表現について考えてるみたい。

Screenshot_20180926-193216_1

animal_inu_1
いわく、
阿良也くんは良くわからないこと言うし
巌さんはもう言うことないって言うし
ヒゲはニヤニヤしてるだけだし
七生さんは「どうして出来ないかがわからない」とため息ついたし…だってさ。

animal_buta_1
いやいや阿良也くんの言うこと通じてるんじゃなかったんかーいw

Screenshot_20180926-193216_2

animal_inu_1
景ちゃんのひょこっていうのかわいいねw

animal_buta_1
困ってる人を見たら手を差しのべずにはいられない男、ヒーロー俳優星アキラ。
煮詰まった景ちゃんに何かお手伝いをしようと申し出たよ。

Screenshot_20180926-193231_1

animal_inu_1
自分だってそれどころじゃないのにね。ふつうにイイヤツなのよ。
熱愛してないからって断られたけどもw

その時、通りがかった女の子にきづかれちゃって…?

Screenshot_20180926-193231_2

animal_buta_1
アキラくんがしたのはウインクしながらシーってやつ。内緒だよってジェスチャー。

Screenshot_20180926-193327_1

animal_inu_1
あ…!と景ちゃん。なにかに気がついたみたい。

animal_buta_1
アキラくんのシーッ(パチン)って実は前からやってるんだよね。

scene1で景ちゃんの弟のルイくんに「ウルトラ仮面だ!」って騒がれたときにシーッてやってたよ。彼にとってはいつものやつってわけだね。

Screenshot_20180926-193327_2

animal_inu_1
つってルイくんには逆効果だったんだけどw、今回の女の子には効果てきめん。

ウルトラ仮面と自分だけの小さな秘密。嬉しいよねコレ。手を振っちゃったりして。ヤルねアキラくん。

animal_buta_1
「子供って実は皆 大人なんだよ」

子供に喜んでもらうお仕事をしてる人だもんね。子供に対する視線は違うものがあるね。さすが、かな。

Screenshot_20180926-193338_1

animal_inu_1
そんなアキラくんのウインクに食いついた景ちゃん。なにかを掴んだみたいだね。

animal_buta_1
劇団のみんなからは何歩も遅れているアキラくんこそが感情表現の鍵を握っていた…こういうの面白いよね!


animal_inu_1
星アリサ社長の会話とか、アキラくんのウルトラ仮面って呼び名とかウインクとか…scene1を思い返す場面が多かったよね。

animal_buta_1
ぜひ読み返しましょう。

すると初期の景ちゃんと今の景ちゃんの変化を比較できて面白いよ。

animal_inu_1
景ちゃんのキャラの変化で当然今度の舞台編がこれまでのアクタージュと違った印象になってるわけだけども。

animal_buta_1
景ちゃんの課題は明確だし目標は阿良也くんってお手本がいるしね。そこにアキラくんっていうもう一人のキャラを話の柱に持ってきてストーリーに幅を与えてるね。
けど全体的にキャラの内面の謎めいた部分は難しくなりすぎないようにしてあってそれがそれぞれの相関をわかりやすくしてるのかなって感じるよ。


monster09_2
続きましてscene29.人形劇の感想です。

Screenshot_20180926-193508_1

animal_inu_1
扉絵は劇団天球の二人。改めて紹介すると三坂七生さんと青田亀太郎くんだね。二人ともなかなかのくせ者って感じ?

animal_buta_1
この二人の臭いがどんなものか、どこかの場面で阿良也くんに聞いてみたいよね。
あとパピコはボクも好き。


animal_inu_1
劇団天球で「夜凪と星アキラの報道ガチじゃね?」とか言われてるその頃…。

animal_buta_1
夜凪さん、稽古場を休んで公園でなにやらするつもりですよ?

Screenshot_20180926-193529_1

animal_inu_1
「私に欠けていたものは それはー」
愛!そう愛!
愛があればたいてい大丈夫!しらんけど!

制服姿はなんだかひさしぶりだね!
てっきりダサTシャツをトレードマークみたいにするのかと…w

animal_buta_1
自信まんまんのドヤ顔、そして含み笑い。
これはキツネのお人形?そしてなんだあのオーラは…臭いか!目に見えるほどの臭いなのか!

Screenshot_20180926-193529_2

animal_inu_1
聞こえてきたのは女の子の泣き声。
外国人の女の子だもんだからみんな遠巻き。

animal_buta_1
ターゲットロックオン。景ちゃん初めての演劇!


Screenshot_20180926-193800_1

animal_inu_1
景ちゃんが公園での修行に行き着いたのは黒山監督のアドバイスがあったからなもよう。
大道芸人が多い場所でそれだけ観客も多いからってのが真意みたい。

animal_buta_1
映画撮影してるころの景ちゃんの芝居は現実逃避の果てに生まれたものでは、ってのが黒山監督の見立て。

animal_inu_1
これはやっぱりscene1で景ちゃんが自分で言ってたことだよ。えーと…
「悲しいことや辛いことがあると」
「つい違う自分になろうとして」
「本当の自分を忘れてしまいそうになるでしょ?」

animal_buta_1
このセリフをアキラくんが聞いてて「何を言ってるんだ?」ってなってたんだよね。

デスアイランドの撮影で「映画への執念」や「友情の理解」を経て「役者としての喜び」を得てた景ちゃん。

彼女のキャラの変化は見た感じでもわかってたけど、黒山監督はその本質を「現実を生きるための希望」と一言で表しちゃってる。誰より的確に見抜いてるんだよね。

これはやられた…!ほんとやられた。
かなりの衝撃をうけたよ。

Screenshot_20180926-193818_1

animal_inu_1
それでもまだ足りないものがあって、それは景ちゃんが忘れてしまっていること。
思い出して貰わないと困ることって…。
え?愛?w

animal_buta_1
これもまた前に黒山監督ズバリ言ってたけど景ちゃんが欠けてるのは「観客への意識」。それに通じることだよね。

Screenshot_20180926-193818_2

animal_inu_1
夜なべして作ったお人形、新聞紙で作ったんだね。言葉が通じないからキョトンとさせちゃった。

animal_buta_1
ハローしか英語じゃないもんねw
アキラくんがしたシー(パチン)みたいにしないと…。

Screenshot_20180926-193832_1

animal_inu_1
初めての表現。
それは「いないいないばぁ」…!?

幸せな思い出。あったかい一コマだね。

Screenshot_20180926-193850_1

animal_buta_1
赤ちゃんをあやすように。たしかにこれは教わったりとか練習したりとかじゃない!本能的にやってることだよね!

Screenshot_20180926-193901_1

animal_inu_1
感情表現を伴った人形劇はグイグイと女の子の気持ちをひきつけてる。

animal_buta_1
相手に伝わっているんだね。子供たちがどんどん集まってきてるよ。景ちゃん良い表情!

Screenshot_20180926-193911_1

animal_inu_1
相手に喜んでもらうため。本能的に出来ていたこと。愛。
なるほど、「観客への意識」ってこういうことだったんだ…!

animal_buta_1
そして、それは現実を生きるための希望をふまえてのこと。景ちゃんの表情の晴れやかさがそれを物語ってるよね。


Screenshot_20180926-193949_1
animal_inu_1
場面は変わって…
阿良也、驚きのまなざし。

animal_buta_1
それはほかの劇団員のみんなも同様のようで。

Screenshot_20180926-193949_2

animal_inu_1
別人かって言うような成長ぶりなんだね。
でもお人形付きです。パペットマペット。

animal_buta_1
じゃなくてコン助とポン太ね。
つか、何なの?って質問の意図もそうじゃないよね。
まあ今のところ自転車の補助輪みたいな役割?

Screenshot_20180926-194015_1

animal_inu_1
感情表現の課題をクリアした景ちゃんを見て「まったく黒山の野郎め、ムカつきやがる」って思ってる巌さん。

animal_buta_1
やめろ!自分の感想を付け足してセリフを捏造するのはやめろ!

「黒山の言うとおりだったな」って思ってるよ。自分の最後の舞台にふさわしい役者になるって言ってたっけね。

Screenshot_20180926-194015_2
Screenshot_20180926-194027_1

animal_inu_1
巨匠 巌裕次郎が口元をほころばせるほどに景ちゃんは見事に成長。劇団員はそんな彼女にざわついてる。

animal_buta_1
その成長速度にアキラくんはあらためて驚いてるね。そんな場合じゃないぞー!w

そこに阿良也くんが前にでてきて…?

Screenshot_20180926-194041_1

animal_inu_1
人のことを見誤ってたんだって。

イヤ臭いを嗅いでたから嗅ぎ誤ったってのが正しい!

animal_buta_1
余計なこと言うない。

「ありがとう」「って気持ちです」ってのはインタビューの時のアレだよね。阿良也節。

Screenshot_20180926-194048_1
Screenshot_20180926-194048_2

animal_inu_1
かと思えばセクハラ発言への連続技!
アキラくんじゃなくてもビックリするわ!

animal_buta_1
七生さんと亀太郎くんは無表情よw

Screenshot_20180926-194056_1

animal_inu_1
景ちゃん、ちょっと間をおいて強く拒絶。
一日だけとか匂いも気になるとかまたまたひどいセクハラ発言w 本人はそういうつもりじゃないんだろうけどもw

animal_buta_1
実はそれが阿良也の役作り。役者として景ちゃんに惚れた、才能を認めたってことなんだよね。

無自覚のストーカー、阿良也は果たして…で、つづく!


animal_inu_1
景ちゃんが自宅でテレビに向かい合ってるシーン。そして映画撮影の共演者が並んだコマと続けたところがあったわけなんだけど、ああいうのを見ると単行本を読み返したくなっちゃうよね。

animal_buta_1
現実逃避って解釈と現実を生きるための希望を見出だしたっていう捉え方は今まで作中ではっきりとは言ってなかった。言われたら確かにそうだよね。この黒山監督のセリフを頭に置いてからこれまでの話を読み返したらまた新鮮な気持ちで読めそう。これすごいことだよね。繰り返しになるけどぜひ読み返しましょう。

animal_inu_1
回りくどい指図してないで手取り足取り教えたらいいのに!あのヒゲ!

animal_buta_1
ま、まあそれもそのうち説明が入るんじゃないの?
ストーリーの展開として仕方ないって言っちゃうとアレだけど。


animal_inu_1
新聞紙の人形はコン助とポン太だったね。

animal_buta_1
ついでと言ってはなんですが、あらためまして自己紹介いたします。
ボクらはイヌのチョー助とブタのブン太ともうします。
これまでの感想記事の中で一回かそこらしか出してなかったんだけど、ちゃんとあったんですよ名前がw


animal_inu_1
演劇編、グッと面白くなってきたね!

animal_buta_1
毎週ほんとに楽しみです!





【ジャンプ30号】アクタージュ scene22.ありがとう【感想】

Screenshot_20180626-203912_1

【ジャンプ30号】アクタージュ scene22.ありがとう

animal_inu_1
Cカラーはデスアイランド編の主要キャラが揃った一枚。そしてコミックス2巻の表紙もお披露目だね。各キャラ色が着くと印象が変わるもんだねえ!

animal_buta_1
とくに千世子サンだよね。黄色っていうかゴールドっぽい瞳だけど、大物芸能人の近寄りがたい存在感があってキャラのイメージにはまってると思うよ。コミックスは未読の人でも表紙買いしちゃうでしょコレは!



animal_inu_1
天使の仮面。それは他人の目が怖かった子供の頃の千世子サンが憧れの女優に見出された時に生まれた。観客のためのその仮面を磨きあげればあげるほど感じる孤独。それで良いと思っている千世子さんごとそのままに、景ちゃんは千世子サン演ずる「カレン」との友情を「ケイコ」として演じた…ってのが前回。

animal_buta_1
あとはケイコがカレンの身代わりになるクライマックスシーン!というところで大雨の水が二人を襲うんだよね。今回の冒頭は前回ラストシーンをダブらせてはじまってるね。



Screenshot_20180626-203919_1

animal_inu_1
流されながら「行って」と告げた「ケイコ」。そうだよね、あらためて見ると流されながら役として演技してる。「仮面」に通じる「映画への執念」を秘めたからこその表情かな。

animal_buta_1
暴走と評されてたほどの役への没頭が事故のさなかでも芝居を続けられる強靭さに繋がってるのかな。功を奏した、って言ってる場合じゃないけど景ちゃんのすごいとこが出たシーンだね。

Screenshot_20180626-203919_2

animal_buta_1
流れに消えた「ケイコ」を呼ぶ「カレン」。アクシデントの中まだ続いた芝居に応えたかたちだけど、これ実は演技かどうか微妙なところだったよ。

Screenshot_20180626-203936_1

animal_inu_1
現場裏のテントでモニター組は唖然。手塚監督、青ざめちゃってる。

animal_buta_1
磨きあげた仮面をつけて演技している千世子サン、動けなくなってしまってるよ。
「一人でいい」と隠しきっていた素の部分の感情が、磨きあげた強固なはずの「仮面」でも覆いきれなくなった…のかな。

Screenshot_20180626-204003_1
Screenshot_20180626-204007_1


Screenshot_20180626-204032_1

animal_inu_1
最後の「ありがとう」のセリフ。やっとふりしぼって出したって感じ。弱々しくていつもの天使の仮面のでは全然ないけど、ありのままの素顔を晒したみたいな演技だね。

animal_buta_1
かつては否定的だった素顔の演技を今してるんだよね。役作りから始まったとはいえ景ちゃんの心からの「友情」とアクシデントのショックが重なったことで千世子サンの素の部分を引き出されたってとれるね。

そうしてカメラのレンズが捉えたのは、千世子サンの横顔…。子供のころの千世子サンが好きだった「誰かに見られているなんて思いもしない無意識の表情」だよね。常に俯瞰の視点を意識し把握してた彼女がそれをできなくなった瞬間、つまり仮面が壊れてしまった時っていうことだよね。


Screenshot_20180626-204203_1

animal_inu_1
ぽつりとこぼしたみたいな「カット OK」の声。手塚監督は千世子サンの演技を見て気持ちを奪われてるってとこかな。

animal_buta_1
撮影が中断されなかったのはやっぱりカットって声がかからなかったから。これは崖に飛び込んだ時もそうだったけど景ちゃんの演技からの影響だったかもだし、プロとしての意識からだったからかもしれないね。

Screenshot_20180626-204127_1

animal_inu_1
カットがかかって一斉に景ちゃんの救助へ。千世子サン懇願の様子だね。
たった一言のセリフだけの時間だったけど映画にとっては重要な所だったよね。

Screenshot_20180626-204222_1
Screenshot_20180626-204222_2

animal_buta_1
景ちゃん無事だったよ。良かったね。
死にそうな目にあって考えた事。それは大切な人達に二度と会えなくなる事よりも顔をケガしてないかどうかだった…!

animal_inu_1
流されたほうの林には手塚監督の指示で安全対策のネットが張られていたんだね。撮影前から危険なことは言われていたけどここまで備えてたとは…やるね!でも、もしかしたら前に役者が崖に飛び込んだ事がよけいに万が一の事態を想像させたのかもw

animal_buta_1
顔の怪我についてのやりとりは撮影開始前のやりとりをうけたものだね。
千世子さんがこたえた言葉からは景ちゃんを役者として認めたってことがうかがえる。そして相手を綺麗なままだって言ってるのはたたえる気持ちと、なんとなく友情も感じさせたりするね。


animal_inu_1
掠り傷程度の軽傷ですんだけど、撮影最終日まで熱を出しちゃった景ちゃん。
元気になったころに撮影はちょうどクランクアップしちゃってたよ。

Screenshot_20180626-204312_1
Screenshot_20180626-204328_1

animal_inu_1
今まで寝込んでたから花束を受けとりそびれてたんだね。スターズのトップ二人に挟まれて逆に良かったんじゃないのかなw

animal_buta_1
オーディションからクランクアップまでのことをちょっと思い出した景ちゃん。こういう時こんな気持ちになるなんてと新しい感情に出会ったみたいだよ。

Screenshot_20180626-204333_1

animal_inu_1
「ありがとう」か…。偶然だけど千世子サンのクライマックスでのセリフと同じだったね。

animal_buta_1
「常に素の自分を演じているよう」と言われてた景ちゃんの本当の素の表情だよ。知らない感情は演じることができなかった彼女が、今は知らなかった嬉しさをストレートに表に出してる。なんかもうジーンときた…!

animal_inu_1
となりにいる千世子サンは何を思ってるかな…?


Screenshot_20180626-204346_1

animal_inu_1
バーベキューをモリモリの景ちゃん。役者になった嬉しさを噛みしめてますよ。肉とともに!

animal_buta_1
ボクの感動をかえせ!w
まあそれは冗談。景ちゃん健啖家でらっしゃるのね。

Screenshot_20180626-204436_1

animal_inu_1
堂上さん結局最後までいたんだねw 説明セリフ言ってる星アキラとふたり、キャラの扱いがぞんざいコンビだね。

animal_buta_1
景ちゃんが流された時、アキラか武光くんのどちらかが助けに行くのかって思ってたんだけどなあw
ま、あそこは手塚監督が指示して安全対策してなきゃならない場面だったもんね。

ちなみに死にそうになったときの走馬灯にアキラは影もかたちもなかったよワッハッハ。


animal_inu_1
バーベキューもたけなわって感じかな。手塚監督と千世子さんの会話のシーンだね。

Screenshot_20180626-204445_1

animal_buta_1
クライマックスシーンの千世子サンの芝居は誰もが驚くもの。「怒ってる?」って聞いたのは千世子サンが無反応だったからだよね。
前から手塚監督は千世子サンのお怒りを敏感に感じてるとこあったよね。

animal_inu_1
千世子サンは自分のことは触れずに映画そのものの出来についてを話したね。仮面かぶってる感じ。
アリサさんにバレたらヤバい。アリサさんってスターズ事務所の星アリサ社長だね。

animal_buta_1
新人監督時代の失敗で職を干されていた手塚監督。星アリサ社長に拾われた立場だから、今回の監督のこだわりを優先して撮影が左右されたことは命とりになりかねない事態なんだもんね。

Screenshot_20180626-204533_1

animal_inu_1
手塚監督の言う生意気な後輩って黒山墨字監督だね。あのヤロウ。

animal_buta_1
監督として業界で生きていくために上からの指示の言いなりになっていた手塚監督。いわば監督の仮面をかぶっていて自分がやりたいことをずっと隠してきたんだろうね。

animal_inu_1
手塚監督が自分に安心したっていうのはつまり…

Screenshot_20180626-204543_1

animal_buta_1
なにをさしおいてもやりたい事があるって気持ち。そういう素顔の自分がまだ残っていたってわかったからだね。手塚監督もまた今回の撮影で自分の中の知らない部分を知ったんだね。


animal_inu_1
千世子サンと話をしてなくていいのかって言われてギクッとした景ちゃん。いろいろ言いつけを守れてなくて怒られそうなんだとか。

Screenshot_20180626-204606_1

animal_buta_1
まだ食うw 
演技のための役作りからの友情は確かなものだったけど、リアルでの友情はそこまでじゃないもんね。ビビってるのはそこらのギャップからかも。

Screenshot_20180626-204606_2

animal_inu_1
なんつってたら千世子サンから話しかけて来たよ!反省か…デート…ダメ出し食らうのかな?や、ヤベー!

animal_buta_1
恐怖の反省会w 次回も注目ですよコレは!


animal_inu_1
こちらも一足お先に反省会しなきゃね。
アクタージュはたくさん記事になったぶん、反省点も多いわけで…。

animal_buta_1
手塚監督の裏の思惑について予想みたいなこと言ったけど全然関係なかったんじゃね?

animal_inu_1
「崖から飛び込ませたのはわざとだった!」みたいなアレね。そうだね、全然関係なかった(おしょんぼり)

animal_buta_1
黒山監督のさしがねみたいな事も言ってたなあ(真っ赤)
回想で前にからみがあったってとこはあったけど全然遠いよね。


animal_inu_1
水に流された景ちゃんって自力で生還するかと思ったとこもあったんだよね。身体能力高いし崖から飛び降りれるし嵐の海に飛び込めるからってことで。

animal_buta_1
誰か男性キャラが助けに行くかもってのも考えてたけど別々に書いたらテキトーこいてるっぽくなったねw ダメですよ無責任な憶測はw
ま、手塚監督がこんなこともあろうかとなグッジョブ采配したんでそこは良かったよね。


animal_inu_1
作中で「夜凪ちゃん」呼びが定着したんで、僕らが景ちゃんって呼んでるのがなんだか違和感を生んじゃってるんだけど(汗

animal_buta_1
柊雪さんが景ちゃんって呼んでたからそれを倣ったんだけど今となっては直すタイミングもなく。これちょっと悩んだよねw



animal_inu_1
今回はこれまでの展開をドンとまとめたような濃い内容の回だったんじゃないかな。

animal_buta_1
単行本2巻も買って見直さなきゃね。次回は百城夜凪反省会。そして新展開もあるだろうから楽しみだね。

animal_inu_1
(反省会って枕投げだったりして…イヤ次こそ飛び蹴り合戦に違いあるまい!)