2018年09月

【ジャンプ36·37号】アクタージュ scene28.新メンバー【感想】

Screenshot_20180926-192858_1

【ジャンプ36·37号】アクタージュ scene28.新メンバー

animal_inu_1
役の掘り下げた感情を丁寧に表現する技術。それが夜凪さんに足りないものなんだけど技術なんていうほどじゃないらしい。「表現力」って誰でも自然にできてるものよ?ってのが前回。

animal_buta_1
どういうこと?って疑問を遮ったのは世間をお騒がせする大ニュース…w


animal_inu_1
回が明けて、スキャンダルはすでにスターズ星アリサ社長によって手を打たれたあとだね。アキラ君と景ちゃんが一緒にいたのは、明神阿良也と共演の舞台の宣伝だったってことに。

Screenshot_20180926-192810_1

animal_buta_1
星アキラの人気ってどれほどかがわかった場面でもあるね。星社長のセリフによると何十億円ぶんのスキャンダルw

前回は千世子さんと手塚監督について「手いっぱい」って言っててそちらもなにやらゴタゴタしてるみたいだったよ。
社長って苦労が多いねえ。

Screenshot_20180926-192832_1

animal_inu_1
アキラくん、演技力について評価は低いみたいだね。
巌裕次郎率いる「劇団天球」のみんなはこんな時期によそ者を…と、戸惑ってる様子。

animal_buta_1
巌さんとアリサ社長の会話。二人は昔からの知り合いみたいだね。

アリサ社長は元女優なんだよね。演技の世界にいて「心を壊した」過去がある、と第1話で語られているよ。

察するに巌裕次郎こそが社長の心を壊した相手ってとこだね。

Screenshot_20180926-192839_1

animal_inu_1
アキラくんの才能のなさは母親のアリサさんも認めるところ…問題ないって説明するためだけど、これはちょっとアキラくんかわいそうかなあ。

animal_buta_1
アキラくんを預かったのは「罪滅ぼし」。
そうだね、本人居ないとこでケチョンケチョンよ。

Screenshot_20180926-192854_1

animal_inu_1
巌さんから見ると景ちゃんと若いころのアリサ社長は似てるんだって。

自分のように心を壊してしまうかもしれないからアリサ社長は景ちゃんのことを否定的に言ってたんだね。自分に似てるからなおさらってことか。

animal_buta_1
まあその点は黒山監督もちょっと触れてたよね。

二人の会話の最後はアキラくんにとってちょっと希望が持てるような感じだったね。
たのんますよ巌さん!

■ 

animal_inu_1
場面は変わって「劇団天球」に合流した星アキラくん。挨拶はしたもののみんなの反応はいまひとつ。

Screenshot_20180926-193000_1

animal_buta_1
中にはこうフレンドリーなやつとかいてもいいと思うんだけどそこは役者さん同士、半端な愛想とか見え透いちゃうのかな?

Screenshot_20180926-193009_1

animal_inu_1
巌さんの役者の嗅覚にかなう役者になろうとしてたら、そういうタテマエみたいな部分を取っ払わなきゃならないのかもよ。役と自分の感情にいつも向き合ってる人たちだもんね。

animal_buta_1
まあひとえに役者として力不足だからって話なのかなあ。

Screenshot_20180926-193009_2

animal_inu_1
お、知り合いがいた!ってんで景ちゃんに声をかけたわけですがつれない態度。

animal_buta_1
わりとそこらの距離は詰めさせないよね夜凪さんは。原因は自分のせいなのに。鬼か!w 

Screenshot_20180926-193009_3

animal_inu_1
アキラくんも怒らないもんなー。
お、巌さんと阿良也くんも来たよ。

Screenshot_20180926-193019_1

animal_inu_1
「はじめまして」じゃないのに相手に合わせて挨拶をするって相手に恥をかかせない配慮みたいなものを感じるけどねえ。

animal_buta_1
内心では自信のない自分の自覚があったりと卑屈な部分も描写されてるからほめれるとこではないやね。

Screenshot_20180926-193107_1

animal_inu_1
で、阿良也くん的にはアキラは無臭。

animal_buta_1
初対面というか初遭遇の時は隣に熊肉の臭みがする人がいたせいで気がつかなかった…ってだけじゃないみたいだね。

Screenshot_20180926-193107_2

animal_inu_1
熊肉臭子がショック受けてますが。

animal_buta_1
臭いってのは巌さんいわく感情の臭いってことじゃなかったかな。
叶わないけど最初のオーディションのころの景ちゃんを嗅いだとしたら、彼女臭ってたんだろうかね?

Screenshot_20180926-193107_3

animal_inu_1
阿良也くんの嗅覚はちょっとニュアンスが違ってるような…?

animal_buta_1
と、意外なことを言ってるよね。
「別に良いも悪いもないんじゃない?」

オッ?アキラくんに一縷の望みか?

Screenshot_20180926-193124_1

animal_inu_1
挨拶が終わって、そのままお稽古の続き。
様子を見てるアキラくんにはいろいろと理解できないことばかり。

animal_buta_1
芝居の良し悪しも会話も…会話はしょうがなくないかなあ?w
アキラくん、最初の頃も景ちゃんの言うことがわからないって場面があったよね。阿良也くんはインタビューで首を傾げることを言っちゃうから報道陣から阿良也節って言われてるしね。

二人の会話を僕らが理解できるのは、前回の黒山監督の図解があるからでもあるし。

Screenshot_20180911-191420_1
↑コレです scene27より

Screenshot_20180926-193133_1

animal_inu_1
彼女はきっとすぐに成長する。
アキラくんの確信は景ちゃんを見てきたからこそだよね。

animal_buta_1
いつからか背中を追ってしまっている者の視線だよね。

Screenshot_20180926-193201_1

animal_inu_1
挨拶の締めで意気込みを語ったアキラくん。
自分の役者としての実力不足を自覚してると打ち明けたよ。その上でみんなに認めてもらえるようにと宣言。

animal_buta_1
自分だって成長してみせるってことだよね。
粗末な扱いを受けるポジションで終わるな!
がんばれ星アキラ!


animal_inu_1
場面変わってたぶん稽古場の近くの公園。
景ちゃんベンチに寝そべって感情表現について考えてるみたい。

Screenshot_20180926-193216_1

animal_inu_1
いわく、
阿良也くんは良くわからないこと言うし
巌さんはもう言うことないって言うし
ヒゲはニヤニヤしてるだけだし
七生さんは「どうして出来ないかがわからない」とため息ついたし…だってさ。

animal_buta_1
いやいや阿良也くんの言うこと通じてるんじゃなかったんかーいw

Screenshot_20180926-193216_2

animal_inu_1
景ちゃんのひょこっていうのかわいいねw

animal_buta_1
困ってる人を見たら手を差しのべずにはいられない男、ヒーロー俳優星アキラ。
煮詰まった景ちゃんに何かお手伝いをしようと申し出たよ。

Screenshot_20180926-193231_1

animal_inu_1
自分だってそれどころじゃないのにね。ふつうにイイヤツなのよ。
熱愛してないからって断られたけどもw

その時、通りがかった女の子にきづかれちゃって…?

Screenshot_20180926-193231_2

animal_buta_1
アキラくんがしたのはウインクしながらシーってやつ。内緒だよってジェスチャー。

Screenshot_20180926-193327_1

animal_inu_1
あ…!と景ちゃん。なにかに気がついたみたい。

animal_buta_1
アキラくんのシーッ(パチン)って実は前からやってるんだよね。

scene1で景ちゃんの弟のルイくんに「ウルトラ仮面だ!」って騒がれたときにシーッてやってたよ。彼にとってはいつものやつってわけだね。

Screenshot_20180926-193327_2

animal_inu_1
つってルイくんには逆効果だったんだけどw、今回の女の子には効果てきめん。

ウルトラ仮面と自分だけの小さな秘密。嬉しいよねコレ。手を振っちゃったりして。ヤルねアキラくん。

animal_buta_1
「子供って実は皆 大人なんだよ」

子供に喜んでもらうお仕事をしてる人だもんね。子供に対する視線は違うものがあるね。さすが、かな。

Screenshot_20180926-193338_1

animal_inu_1
そんなアキラくんのウインクに食いついた景ちゃん。なにかを掴んだみたいだね。

animal_buta_1
劇団のみんなからは何歩も遅れているアキラくんこそが感情表現の鍵を握っていた…こういうの面白いよね!


animal_inu_1
星アリサ社長の会話とか、アキラくんのウルトラ仮面って呼び名とかウインクとか…scene1を思い返す場面が多かったよね。

animal_buta_1
ぜひ読み返しましょう。

すると初期の景ちゃんと今の景ちゃんの変化を比較できて面白いよ。

animal_inu_1
景ちゃんのキャラの変化で当然今度の舞台編がこれまでのアクタージュと違った印象になってるわけだけども。

animal_buta_1
景ちゃんの課題は明確だし目標は阿良也くんってお手本がいるしね。そこにアキラくんっていうもう一人のキャラを話の柱に持ってきてストーリーに幅を与えてるね。
けど全体的にキャラの内面の謎めいた部分は難しくなりすぎないようにしてあってそれがそれぞれの相関をわかりやすくしてるのかなって感じるよ。


monster09_2
続きましてscene29.人形劇の感想です。

Screenshot_20180926-193508_1

animal_inu_1
扉絵は劇団天球の二人。改めて紹介すると三坂七生さんと青田亀太郎くんだね。二人ともなかなかのくせ者って感じ?

animal_buta_1
この二人の臭いがどんなものか、どこかの場面で阿良也くんに聞いてみたいよね。
あとパピコはボクも好き。


animal_inu_1
劇団天球で「夜凪と星アキラの報道ガチじゃね?」とか言われてるその頃…。

animal_buta_1
夜凪さん、稽古場を休んで公園でなにやらするつもりですよ?

Screenshot_20180926-193529_1

animal_inu_1
「私に欠けていたものは それはー」
愛!そう愛!
愛があればたいてい大丈夫!しらんけど!

制服姿はなんだかひさしぶりだね!
てっきりダサTシャツをトレードマークみたいにするのかと…w

animal_buta_1
自信まんまんのドヤ顔、そして含み笑い。
これはキツネのお人形?そしてなんだあのオーラは…臭いか!目に見えるほどの臭いなのか!

Screenshot_20180926-193529_2

animal_inu_1
聞こえてきたのは女の子の泣き声。
外国人の女の子だもんだからみんな遠巻き。

animal_buta_1
ターゲットロックオン。景ちゃん初めての演劇!


Screenshot_20180926-193800_1

animal_inu_1
景ちゃんが公園での修行に行き着いたのは黒山監督のアドバイスがあったからなもよう。
大道芸人が多い場所でそれだけ観客も多いからってのが真意みたい。

animal_buta_1
映画撮影してるころの景ちゃんの芝居は現実逃避の果てに生まれたものでは、ってのが黒山監督の見立て。

animal_inu_1
これはやっぱりscene1で景ちゃんが自分で言ってたことだよ。えーと…
「悲しいことや辛いことがあると」
「つい違う自分になろうとして」
「本当の自分を忘れてしまいそうになるでしょ?」

animal_buta_1
このセリフをアキラくんが聞いてて「何を言ってるんだ?」ってなってたんだよね。

デスアイランドの撮影で「映画への執念」や「友情の理解」を経て「役者としての喜び」を得てた景ちゃん。

彼女のキャラの変化は見た感じでもわかってたけど、黒山監督はその本質を「現実を生きるための希望」と一言で表しちゃってる。誰より的確に見抜いてるんだよね。

これはやられた…!ほんとやられた。
かなりの衝撃をうけたよ。

Screenshot_20180926-193818_1

animal_inu_1
それでもまだ足りないものがあって、それは景ちゃんが忘れてしまっていること。
思い出して貰わないと困ることって…。
え?愛?w

animal_buta_1
これもまた前に黒山監督ズバリ言ってたけど景ちゃんが欠けてるのは「観客への意識」。それに通じることだよね。

Screenshot_20180926-193818_2

animal_inu_1
夜なべして作ったお人形、新聞紙で作ったんだね。言葉が通じないからキョトンとさせちゃった。

animal_buta_1
ハローしか英語じゃないもんねw
アキラくんがしたシー(パチン)みたいにしないと…。

Screenshot_20180926-193832_1

animal_inu_1
初めての表現。
それは「いないいないばぁ」…!?

幸せな思い出。あったかい一コマだね。

Screenshot_20180926-193850_1

animal_buta_1
赤ちゃんをあやすように。たしかにこれは教わったりとか練習したりとかじゃない!本能的にやってることだよね!

Screenshot_20180926-193901_1

animal_inu_1
感情表現を伴った人形劇はグイグイと女の子の気持ちをひきつけてる。

animal_buta_1
相手に伝わっているんだね。子供たちがどんどん集まってきてるよ。景ちゃん良い表情!

Screenshot_20180926-193911_1

animal_inu_1
相手に喜んでもらうため。本能的に出来ていたこと。愛。
なるほど、「観客への意識」ってこういうことだったんだ…!

animal_buta_1
そして、それは現実を生きるための希望をふまえてのこと。景ちゃんの表情の晴れやかさがそれを物語ってるよね。


Screenshot_20180926-193949_1
animal_inu_1
場面は変わって…
阿良也、驚きのまなざし。

animal_buta_1
それはほかの劇団員のみんなも同様のようで。

Screenshot_20180926-193949_2

animal_inu_1
別人かって言うような成長ぶりなんだね。
でもお人形付きです。パペットマペット。

animal_buta_1
じゃなくてコン助とポン太ね。
つか、何なの?って質問の意図もそうじゃないよね。
まあ今のところ自転車の補助輪みたいな役割?

Screenshot_20180926-194015_1

animal_inu_1
感情表現の課題をクリアした景ちゃんを見て「まったく黒山の野郎め、ムカつきやがる」って思ってる巌さん。

animal_buta_1
やめろ!自分の感想を付け足してセリフを捏造するのはやめろ!

「黒山の言うとおりだったな」って思ってるよ。自分の最後の舞台にふさわしい役者になるって言ってたっけね。

Screenshot_20180926-194015_2
Screenshot_20180926-194027_1

animal_inu_1
巨匠 巌裕次郎が口元をほころばせるほどに景ちゃんは見事に成長。劇団員はそんな彼女にざわついてる。

animal_buta_1
その成長速度にアキラくんはあらためて驚いてるね。そんな場合じゃないぞー!w

そこに阿良也くんが前にでてきて…?

Screenshot_20180926-194041_1

animal_inu_1
人のことを見誤ってたんだって。

イヤ臭いを嗅いでたから嗅ぎ誤ったってのが正しい!

animal_buta_1
余計なこと言うない。

「ありがとう」「って気持ちです」ってのはインタビューの時のアレだよね。阿良也節。

Screenshot_20180926-194048_1
Screenshot_20180926-194048_2

animal_inu_1
かと思えばセクハラ発言への連続技!
アキラくんじゃなくてもビックリするわ!

animal_buta_1
七生さんと亀太郎くんは無表情よw

Screenshot_20180926-194056_1

animal_inu_1
景ちゃん、ちょっと間をおいて強く拒絶。
一日だけとか匂いも気になるとかまたまたひどいセクハラ発言w 本人はそういうつもりじゃないんだろうけどもw

animal_buta_1
実はそれが阿良也の役作り。役者として景ちゃんに惚れた、才能を認めたってことなんだよね。

無自覚のストーカー、阿良也は果たして…で、つづく!


animal_inu_1
景ちゃんが自宅でテレビに向かい合ってるシーン。そして映画撮影の共演者が並んだコマと続けたところがあったわけなんだけど、ああいうのを見ると単行本を読み返したくなっちゃうよね。

animal_buta_1
現実逃避って解釈と現実を生きるための希望を見出だしたっていう捉え方は今まで作中ではっきりとは言ってなかった。言われたら確かにそうだよね。この黒山監督のセリフを頭に置いてからこれまでの話を読み返したらまた新鮮な気持ちで読めそう。これすごいことだよね。繰り返しになるけどぜひ読み返しましょう。

animal_inu_1
回りくどい指図してないで手取り足取り教えたらいいのに!あのヒゲ!

animal_buta_1
ま、まあそれもそのうち説明が入るんじゃないの?
ストーリーの展開として仕方ないって言っちゃうとアレだけど。


animal_inu_1
新聞紙の人形はコン助とポン太だったね。

animal_buta_1
ついでと言ってはなんですが、あらためまして自己紹介いたします。
ボクらはイヌのチョー助とブタのブン太ともうします。
これまでの感想記事の中で一回かそこらしか出してなかったんだけど、ちゃんとあったんですよ名前がw


animal_inu_1
演劇編、グッと面白くなってきたね!

animal_buta_1
毎週ほんとに楽しみです!





【ジャンプ36·37号】鬼滅の刃 第121話 異常事態【感想】

Screenshot_20180920-234011_1

【ジャンプ36·37号】鬼滅の刃 第121話 異常事態【感想】

animal_inu_1
鬼舞辻無惨の直属「上弦」の伍の玉壺と、鬼殺隊最高位「柱」が一人、霞柱時透無一郎。強者同士の戦いは程度の低ーい「悪口合戦」をしながらも常人には計り知れない凄さだった。ってのが前回。

animal_buta_1
36、37合併号は巻頭カラー。
本編の状況とは別の各キャラの微笑んだ表情が魅力的に描かれてる一枚だね。色鮮やかな配色に和のセンスが存分に注いであってとても艶やかだよね。


animal_inu_1
頭のなかの霞を晴らし「確固たる自分」を取り戻した時透くん。精神的な土台を得たことで身体的な充実も実感してる様子。前を見据えた表情がカッコいいね!

Screenshot_20180920-233948_1

animal_buta_1
構えるは刀鍛冶の鉄井戸さんが作り方を伝えた時透くんの日輪刀。
頭に霞がかかった状態の時は自分の使う刀に関しては全然「頓着がない」って様子だったよね。

Screenshot_20180328-200840_1
第103話より

animal_buta_1
新しい刀のしっくりとした感触が伝えたのは亡き鉄井戸さんの想い。記憶を取り戻したことで無くなった時透くんの「限り限りとした余裕のなさ」。そして鉄井戸さんが自分を案じてくれていた記憶は「確固たる自分」の力へとなっていくんだね。


Screenshot_20180920-234103_1

animal_inu_1
場面は一時、回想へ。
時透くんが思い出そうとしているのは「煮え滾る怒り」。
これは自分たちを襲った鬼に対してのそれだよね。

animal_buta_1
血まみれの時透くんの様子がいたわしいよ…。

Screenshot_20180920-234144_1

animal_inu_1
「怒り」のあと、記憶を無くす直前の様子なんだね。死んだ有一郎くんが腐っていく所…キツいね。かなりキツいね。

animal_buta_1
このあとあまね様に助けられてる。有一郎くんが手ひどく追い返してたのにまた訪ねてきてくれてたんだ…。

Screenshot_20180920-234316_1

animal_inu_1
家族の死の記憶を失っていたけど怒りは体が覚えていたんだね。我を忘れてしまって後から思い出せないほどの怒りだったから逆に…って感じかな。

animal_buta_1
両親を亡くしたことは不運によるものだったけど有一郎くんを殺したのは鬼だもんね。
体が覚えていた怒りと記憶の中の鬼に対する怒りを合わせて同じくしたんだね。

Screenshot_20180921-210503_1

animal_inu_1
脱皮して真の姿を見せた玉壺の血鬼術!
自然の理に反した動きは予測不可能。

「私は自然の理に反するのが大好きなのだ」
今なぜそれを?w って感じだけど相手をナメてるんだよねコレ。

Screenshot_20180920-234406_1

animal_buta_1
頭を捥いで魚の頭をつけてやろうなんていってますよ?
魚の顔にもいろいろあるからね。ヒラメとかつけられたら不便でしょうがないだろね。

…ってそうじゃなくて時透くんも余裕の顔。いらんこと言われても無反応。

「お終いだ!」と玉壺の背後からの攻撃!

Screenshot_20180920-234543_1

animal_inu_1
やられた!と思ったら煙のように消えた!
これは…呼吸の技!おお!

Screenshot_20180920-234552_1
Screenshot_20180920-234559_1

animal_buta_1
ここかと思えばまたまたあちら。玉壺は時透くんがなにをしているのかわかってないよ。
「霞に巻かれているような…」
どんな攻撃も当たらなければ意味がない。玉壺ご自慢の予測不能な動きも足が止まってしまってる!

Screenshot_20180920-234610_1
Screenshot_20180920-234619_1

animal_inu_1
「ねえ君は」と後ろから呼びかけた声。

振り返ったその一瞬!

animal_buta_1
「なんで自分だけが本気じゃないと思ったの?」と言うが先か…。

「ヒュ」という音、真横から二人のすれ違いざまの一瞬を描いた見開きだね。
振り返った玉壺をさらに置き去りにしてる時透くん。シ、シビれるわ…!

Screenshot_20180920-234630_1

animal_inu_1
転げ落ちる玉壺の首を描いた上のコマ。吹き出る血と時透くんの日輪刀からの霞の二つの流れが全体の印象を強めてるね!

animal_buta_1
下のコマは剣を振り抜いた時透くん。刀と両腕を伸ばしたポーズをアングルを傾けた構図によって描いててバランスが与えられてるよね。コレがまたカッコいいわ!

Screenshot_20180920-234725_1
Screenshot_20180920-234734_1

animal_inu_1
玉壺のこの反応。
頚を斬られたことに気づいていなかったんだよね!?痛みも感じる暇もなく斬られてた!

animal_buta_1
頚だけでゴロゴロと転がってやっと自分が斬られたと理解したっていうね!
自分が斬られるはずがないっていう油断があったかもしれないけど、時透くんの本気の剣が予想以上に凄かったんだね。

Screenshot_20180920-234744_1

animal_inu_1
「霞の呼吸 漆ノ型 朧」
動きに緩急をつけて敵を撹乱する技。
あれだね「残像だ!」っやつ。忍者の分身の術みたいな。

animal_buta_1
やめろ!身も蓋もない言い方はやめろ!

毒や麻痺で手負いの時透くんが上弦の伍の鬼を速度で上回って頚を斬る。「異常事態」ってわけだね。

Screenshot_20180920-234910_1

animal_inu_1
玉壺の負け惜しみに鉄穴森さんビキビキ。自分の仲間たちを殺されて惨たらしい作品にされてしまったんだもんね。

animal_buta_1
そしてそれは時透くんの地雷も踏んだよね。

Screenshot_20180601-234654_1
第111話より

animal_buta_1
自分の兄を殺した仇の鬼のセリフ。
それは煮え滾る怒りを呼び覚ます言葉…!

Screenshot_20180920-234920_1

animal_inu_1
もはや口喧嘩は無用、頚が塵になるまで待ってやる慈悲ももちろん不要。とどめの微塵切り。

animal_buta_1
内なる怒りとはうらはらなような時透くんの表情だね。

怒りを想像させるのは彼のセリフからはもちろんのことだけど、炭治郎と比べてもしてしまうから…だよね?


animal_inu_1
怒りは人を衝き動かす原動力となる。体が覚えていた怒りと失っていた記憶の中の怒りが一つになって…と本気の時透くんの強さの裏付けになってたんだね。

animal_buta_1
あとはただただ時透くんがカッコよかったよね!


monster09_2
続いては第122話「 それは一時的な興奮状態」の感想です


Screenshot_20180920-235832_1

animal_inu_1
扉絵は時透くんが自分のマツゲ鎹鴉を撫でてやってる絵だね。記憶が甦る前?後?

animal_buta_1
信じてくれた者たちへ、か。
時透くんってホントに日の呼吸の使い手の子孫かなあ?なんて思っちゃってたからなあ。
…イタタタ!耳が痛い!w



Screenshot_20180920-235842_1

animal_inu_1
常人には理解の及ばないレベルの戦い。様子を見ていた鉄穴森さんの「何が何やらわからなかった」っていうセリフがそれを物語ってるね。

時透くんはなんだか顔色が悪くて…?

Screenshot_20180920-235846_1

animal_buta_1
時透くん、毒が効いてた…!

Screenshot_20180813-200548_1
第119話より

animal_inu_1
前の鋼鐵塚さんの作業小屋に来た場面で、玉壺は時透くんの顔に炭治郎みたいな痣に気がついていたよね。で同時に自分の麻痺毒を受けてるハズなのになんでより速く動けてるかって思ってたんだっけね。

フフフ、ホラね!怒りで麻痺を吹き飛ばすのがカッコいいって言ったでしょ!
良いぞ時透くん!カッコいいぞー!

animal_buta_1
ぐぬぬぅ…。確かに言ってた…。
でも怒りがおさまったら毒や麻痺がまた回ってくるとは言ってない…

animal_inu_1
…やかましいわこのブタ!

Screenshot_20180920-235944_1

animal_inu_1
時透くんが昏倒しちゃっておたつく鉄穴森さん。呼べど応えない鋼鐵塚さんをアイツよばわりしちゃってるね。

animal_buta_1
ふだんは物腰の丁寧な人なのにね。緊急事態に個人的な不満も手伝って言葉づかいが荒れちゃったのかなw

鋼鐵塚さんが凄い、とはここは言いづらいねw

Screenshot_20180920-235944_2

animal_inu_1
そこに突然あらわれたのは小鉄くん!
良かった無事だった!

animal_buta_1
申し訳ないけど鉄穴森さんの取り乱しぶりがおもしろいねw ナムアミーw

Screenshot_20180921-000001_1

animal_inu_1
小鉄くんを救ったのは…これは…。
煉獄さんの形見の鍔…!

ウオオオン!アオイさんの如くに泣いた!

animal_buta_1
鉄穴森さんたちのドタバタした流れからパッとコレが出てきたのは効いたね…。
千寿郎くんが炭治郎に「きっと守ってくれる」と譲ってくれた鍔だったよね。

Screenshot_20180921-000001_2

animal_inu_1
その鍔の元々の持ち主を時透くんはわかってたね。
これは頭に霞がかかってた間の思い出。以前はお館様の顔も思い出してたし鬼に襲われた前と、そしてその後も記憶はちゃんと残っているんだよね。

animal_buta_1
煉獄さんは継子がいなかったせいか後輩へ良く配慮してた人だったよね。死ぬ間際の炭治郎たちへの言葉も心配りに溢れていたよ。後輩の柱にも同様に接していたんだね。
列車の乗客二百人を守りきった剣士。そしてその形見の鍔。死してのちまた誰かの命を守ってくれたなんて…!

Screenshot_20180921-000024_1

animal_inu_1
涙が溢れた時透くんに話かけたのは時透くんのお父さん…の幻。

animal_buta_1
「ほら」は「必ず誰かが助けてくれる」ってとこからの繋がりかな。玉壺の術に捕らわれた時に炭治郎の姿で現れたお父さんが言ってたセリフだね。

お父さんの表情が優しいのがなんか泣いちゃう。

Screenshot_20180921-000024_2

animal_inu_1
お母さんと…そして有一郎くんも。

animal_buta_1
真ん中のコマ、ご両親が満面の笑み。
これもまた泣ける…。

Screenshot_20180921-000024_3

animal_inu_1
生前は冷たい態度だった有一郎くんが優しい表情で…ウオオオン!

animal_buta_1
「誰がわかってくれようか」
時透くんの頑張りを家族がわかってくれてるんだよね。
鉄井戸さんも草葉の陰で安心してるよ、きっとね。

Screenshot_20180921-000028_1


Screenshot_20180921-214436_1

animal_inu_1
一方そのころ炭治郎たちは半天狗の分身、六番目の形態「憎」の鬼に苦戦中!

Screenshot_20180921-000124_1

animal_buta_1
音波の攻撃で鼓膜を破られて、さらに足も潰されちゃった!距離をとっても木の龍はどこまでも伸びてくる。炭治郎大ピンチ!

Screenshot_20180921-000204_1
Screenshot_20180921-000209_1

animal_inu_1
木の龍の頭をズババと一閃!
空飛ぶ黄色い声の主は…あの人!

Screenshot_20180921-000213_1

animal_buta_1
恋柱、甘露寺蜜璃!
ギリギリの到着ってことだけどそれがまたニクいね。気をつけてください!乳房が零れ出そうです!

Screenshot_20180921-004337_1
Screenshot_20180921-004337_2

animal_inu_1
後輩をいたわり敵へもなんだかカドのないたしなめぶり。炭治郎が長男力なら甘露寺さんのはおねえさん力だよね。

animal_buta_1
誉められたり怒られたりしたいと思った男子は正直に手を挙げるんだ!

monster09_2
ハイ!←いい返事

Screenshot_20180921-004440_1

animal_inu_1
しかしまあ、相手は鬼だしデレデレしたりしないかw あばずれ呼ばわりです!

Screenshot_20180921-004440_2

animal_buta_1
甘露寺さん、衝撃のあまりブルブル。
おお!これこそわななき!初恋のそれじゃないけどわななきですよコレ。

あばずれってさ、隊服の意匠のせいだよねほとんど。つまり前田まさおのせい。(単行本12巻参照)

Screenshot_20180921-004448_1
Screenshot_20180921-004452_1

animal_inu_1
「憎」の鬼が放ったのは炭治郎が手も足も出なかった音波攻撃と雷撃のさらに合わせ技。
そしてその攻撃自体を斬って迎撃したのは恋の呼吸参ノ型「恋猫しぐれ」!
炭治郎もんげー!

animal_buta_1
恋猫ってのは聞きなれないけど春の季語らしいよ。ググったよ!
猫の動きを取り入れたみたいな?

ちなみにもんげーは岡山の方言で「ものすごい」って感じの言葉なんだって。これもググったよw

甘露寺蜜璃さんご立腹。次回へつづく!だね。


animal_inu_1
煉獄さんの形見の鍔が小鉄くんの命を助けたってのは良かったね。そこから時透くんの家族が出て来て…一コマ一コマこれでもかとたたみかけられた感じ!あー泣けて仕方なかったよ!

animal_buta_1
この縁が作中で進まないかなあ。煉獄さんの弟、千寿郎くんと小鉄くんがお友達になるのよ。で小鉄くんの特訓で千寿郎くんを立派な剣士へ!おお!我ながらナイスアイデア!

animal_inu_1
縁壱零式相手に飲まず食わずのエグい特訓でしょ?千寿郎くん死ぬよたぶんきっと。


animal_inu_1
玉壺の麻痺やら毒やらを食らっても時透くんが涼しい顔をしてたのはやせ我慢っていうか、今回のサブタイトルの「それは一時的な興奮状態」だったからってことだよね。

animal_buta_1
鬼のそれに似ている痣による力。追加効果っていうのか、毒や麻痺を無効化するのかなって思ってたけどそれは違ってたね…。
でも痣があらわれてその状態では力が強くなるってのは、まだ鬼と炭治郎たちの類似点であることは変わってないよ。

最新話では鬼の力のルーツが明らかになったよね。あれは逆に痣の力のルーツが剣士側、人間側にあるってことにならないのかな…。うーん、良くわからなくなっちゃったね。


animal_inu_1
アニメは2019年4月から!

animal_buta_1
こちらの情報も逐一チェックだね!






【ジャンプ35号】感想あれこれ その2

Screenshot_20180917-191330_1

【ジャンプ35号】感想あれこれ その2

animal_inu_1
35号 感想あれこれ その2ィー!

animal_buta_1
映画「銀魂2」に合わせて配信されたドラマ版。眠れない神楽ちゃんの再現度の高さには破壊力がございましたw

ではまいりましょー!


monster09_2
アリスと太陽、スピードスターハムスター。

Screenshot_20180911-192207_1
黒いバナナを本領発揮状態と呼ぶ王ロバ世代

monster09_2
バァン先生のテレビ出演判定はギリ合格!
隙あらば小ボケを挟んでくる先生。アリスちゃんも太陽くんもピキピキさせてるけど端から見てるぶんではキライじゃないw

Screenshot_20180911-192221_1

monster09_2
ふたりの演奏に生まれた「グルーヴ」。先生の指導からただ者ではないと感じた太陽くん、聞いてみたけどはぐらかされちゃった。

ひそかに坂東先生はユリさんと知り合いで音楽経験者で過去にアリスちゃんたちと同じ道を歩いたことがあってうまくいかなかったみたいで…といろいろ事情がある様子。それバナナより大事な話よw

Screenshot_20180911-192356_1

monster09_2
番組出演当日。扱いの悪さに加えて、間に合わせの出演依頼だとスタッフの会話を盗み聞きしちゃう二人。期待されてないとわかったところだけど「最悪を楽しもうぜ」とアリスちゃん。や、やられた…キュンと来た…!w

キメ顔で応えた太陽くんだけど、このあと通路でカワイコちゃんとすれ違って赤くなっちゃう。アララ。

Screenshot_20180911-192407_1

monster09_2
通りがかっただけの男子を赤面させる女の子、百ヶ瀬しのんちゃん。歌って踊れる元アイドルグループ所属。

オタクぶりを指摘された太陽くん。や、やはり…。(過去記事参照)

Screenshot_20180911-192441_1

monster09_2
アイコンタクトでグルーヴ・オン。リハーサルでの演奏で周りを圧倒ー!
ところが優勝はすでにしのんちゃんって決まっていて…?次回が気になる引き。

animal_inu_1
「Groovin’Magic」
ググったらラウンドテーブルってバンドの曲がヒットしたよ。オシャレな雰囲気と心地良いコーラス。キュートな歌声のボーカルは今回のしのんちゃんのイメージと近いのかなって感じたよ。

animal_buta_1
ところがこのイメージが後で…なんだよね。狙いがあったのかな?


monster09_2
食戟のソーマ、少女漫画みたいだからだべ。

Screenshot_20180911-192554_1

monster09_2
Cカラーは真夏のビーチに美女二人。
どっち派?もちろんどっちもですよ!

ラムネもスイカもいただきます。

animal_inu_1
そ、そっちかいな…。

Screenshot_20180911-192624_1

monster09_2
堂島さんによってもたらされた才波朝陽の情報。弟子のように扱われていた少年、とのこと。そして彼の野望の第一段階は創真を倒すこと。

創真の親父を先に倒した理由は?となるんだけどこれはこの後すぐ。

Screenshot_20180911-192717_1

monster09_2
最高の女を手に入れるならば最強の男でなければ。現最強を下し、次期最強に勝つ。ってわけね。

タイミングよく場に飛び込んで来たえりな様。二人の男が自分を奪い合って…と急速沸騰w


Screenshot_20180911-192730_1

monster09_2
まあえりな様がビシッとしてれば終わる話…話…ありゃりゃ?w
意外なリアクション。かわいいとこあるんだね。

animal_inu_1
いやー色恋ざたに関してはウブでしょ彼女。当然こうなるっていうリアクションじゃない?

animal_buta_1
はわわわわなんて前はインディアンしか言わなかったのになあ…(遠い目)


monster09_2
ブラッククローバー、BGMはサンライズ。

Screenshot_20180911-192748_1

monster09_2
アスタさん体当たりで敵と交渉。
ブラクロは現ジャンプきっての魔法ファンタジー作品です。

animal_inu_1
怒濤の勢いw

Screenshot_20180911-192756_1

monster09_2
試合はアスタ選手の一方的な展開。バリエーション豊富な攻撃にラデス選手は手も足もでません!

animal_buta_1
ギブアップ(交渉決裂)することもゆるされないw 地獄絵図です!
パロ・スペシャル、キャメルクラッチも決まった!

Screenshot_20180911-192852_1

monster09_2
おーっと!とどめはなんと山盛りのプレートランチだー!次郎系を彷彿させる豪快な量とこの上なくインスタ映えする夢のような盛りつけを両立させた見事な皿がズラリズラリと並んだー!まるで凶器!凶器攻撃だー!

animal_buta_1
ホカホカの効果音がなぜかマッチョの低音の号令に聞こえるような。

Screenshot_20180911-192858_1

monster09_2
カンカンカーン(←ゴング)

animal_inu_1
勢いだけで丸く納めたって回だけどやたら面白かったねw

animal_buta_1
ラデスたちって次の出番が来るころにはブクブク太ってたりして。


monster09_2
銀魂、迷子のゴリラ。

Screenshot_20180911-192934_1

monster09_2
答えがないのが答え。バラバラなままなのが共にあること。
子供のころの三人とオーバーラップする演出はかっこよかった!

animal_inu_1
えーと、つまりどういう…

animal_buta_1
言うな。それ以上何も言うな。

Screenshot_20180911-193111_1

monster09_2
万事屋のために!真選組も大集合。盛り上がってきた!と思ってたんですよこの時は。

animal_inu_1
あれ近藤さんは?って思ってたんですよこの時は。

animal_buta_1
まだまだ続くと思ってたんですよこの時は…。


monster09_2
キミを侵略せよ!、霊媒師はクールに去るぜ。

Screenshot_20180911-193201_1

monster09_2
宇宙人に会いたい系女子の相場さん、おばけが苦手なんだそうですよ。ま、まあたしかに別物ですけどね…。
塩の山にズボッと飛び込む相場さんを遠目に描いてるのが面白かったり。
あと左門くんはサモナーの盛り塩クンを思い出したり。

animal_inu_1
正しくは祓くんね。祓正義くんだっけ。

Screenshot_20180911-193420_1

monster09_2
ニセ宇宙人を簡単に見破った相場さん。
理屈じゃわからないけどドキドキ…それってまるで恋じゃないか。ハジメくんが相場さんの気持ちを感じたのかな?って場面は読んでてドキッとさせてくれますな。

Screenshot_20180911-193436_1

monster09_2
ヤロウがベタベタしようとしてるのを見てあれこれ理由を考えてる様子にもニヤニヤ。
なんだかんだで二人のイチャこきを見せつけられてんのねw

animal_inu_1
ハジメくんももんもんもん…。
ハイ、ホジホジボリボリブーッ!

animal_buta_1
条件反射…!イヤなパブロフの犬よのう…。


monster09_2
ノアズノーツ、敵は近くに。

Screenshot_20180911-202610_1

monster09_2
大人数の一行がワイワイしてるとこ面白かったんですけどね。
ハイノーツの合わせ技でオアシスの水を抜くってけっこう感心したところでした。

Screenshot_20180911-202626_1

monster09_2
10万年ぶりの再会。レインマン教授の正体は?ってのが引き。
察しのいい人はこれで感づいたらしいんだけど自分はピンと来てなかったw

animal_inu_1
波を起こす高周波マルチモーターと空気を出し入れする圧気球…応用を思いつかないもんだなあ。

威力がすごいのはわかるよね。

animal_buta_1
今年は台風被害のニュースが多かったもんねー。


monster09_2
紅葉の棋節、それしかなくて。

Screenshot_20180911-202804_1

monster09_2
亡き兄の師匠である春宮先生と指導対局。
集中しすぎて呼吸を忘れたのは兄と一緒。プロにも手が届くかもしれないと評、しかし。

「竜王になるとは思えん」と面と向かって言われた場面の張りつめた雰囲気。キャラの表情だけでここまで…と非常に感心するところ。

Screenshot_20180911-202823_1

monster09_2
亡き兄を越えなければ。指し続けなければ。
それぞれの「将棋しかない」という思い、そして故人の名残。

Screenshot_20180911-223441_1

monster09_2
降りしきる落ち葉にたとえられたどうしようもない気持ち。切なくて、でもカッコいいじゃないですか。

animal_inu_1
紅葉が泣いたとこグッと来たなあ…。

animal_buta_1
春宮先生のキャラデザインって年配の男性ぶりが良いと思うなあ。なんての?枯れた感じっていうか。モデルとかいるのかな?


monster09_2
ゆらぎ荘の幽奈さん、呑めば呑むほど。

Screenshot_20180911-203054_1

monster09_2
コガラシを悲しませたくないとかるら様。
ビシッと熱いところを見せてくれましたよ。

animal_inu_1
姫様口調でさらにセリフがキマったよね!

Screenshot_20180911-203159_1

monster09_2
劣勢の呑子先生の援護も。かるら様大活躍してますな。

animal_buta_1
朧さんの神速もだよ。ちゃんとかたしかたしする芸の細かさ大好きw

Screenshot_20180911-203309_1

monster09_2
千升モードのエロカッコよさときたら!
鎧っぽい宵ノ坂の霊装結界と力漲るようなすごいポーズ。カラー版のほうはさらに光の表現がスゴい!

animal_inu_1
褐色肌っていいもんだよねえ(ウットリ)

animal_buta_1
さらにメガネかけてるからね!


monster09_2
てなわけで35号も面白かったね!

感想をためてる間にぞろぞろ連載が終わっちゃった作品があってなんだか…(汗)

でも頑張りますんでよろしくお願いします。



【ジャンプ35号】感想あれこれ その1

Screenshot_20180911-185352_1

【ジャンプ35号】感想あれこれ その1

animal_inu_1
35号の感想あれこれ、その1!

animal_buta_1
リアルタイムから1ヶ月以上遅れた感想ブログをそれでもご覧いただきまして、ほんとありがとうございます。
作品の先の展開を読んでいることでさらに作品ごとの感想が増えてしまうという地獄のスパイラル。

この夏のジャンプは面白かったんでますます…!
それではまいりましょう!


monster09_2
Dr.STONE、嘘つきたちレボリューション。

Screenshot_20180911-185708_1

monster09_2
石神村全員で司軍を攻めるため。大荷物の輸送手段は自動車。目を輝かせて開発する千空たちの様子でこっちまでワクワク!

Screenshot_20180911-185800_1

monster09_2
司軍にとっては大事な人質…余計な口を叩きさえしなければ。楽観的な千空に「クロムだぞ?」と二度言って念を押したコハクちゃん。たしかにアイツって…と危機感がつのるところのハズなんだけど読んでてクスクスと笑いが。

Screenshot_20180911-185924_1

monster09_2
コハクちゃんの指摘どおり余計な口を叩いて全然丁寧じゃない扱いを受けるクロム。炎色反応には千空との出会いの思い出が…いや、アレで懲りとくとこだったよねw

司から千空を裏切れば助けると条件を突きつけられたけど、裏切るくらいならば落とせと言いきった。仁義に笑って死ねる男クロム。良いとこ見せたぜ!

Screenshot_20180911-185942_1

monster09_2
クロム潜入の目的を推測するに嘘の報告で密かに庇った羽京。彼の本心はいかに。司帝国で革命でも…?とクロム。

Screenshot_20180911-190002_1

monster09_2
蒸気機関で動く、つまり産業革命まで科学は行き着いた。千空たちの自動車ができた!
仕組みがもろ見えのシロモノだけど子どものころはこういうのにすごくワクワクしたっけなあ!

animal_inu_1
蒸気機関の精密な部品を作るあたり、ミツロウと水車の旋盤とかすごく感心したよ。

animal_buta_1
クロムだけど、死と引き換えでも千空を裏切らないことも死ぬ直前に取り乱さないことも、これまでのエピソードの中にちゃんと裏付けがあったっけね。炎色反応も絡んでたしこれまでを読み返したくなる1話だったよ。


monster09_2
ぼくたちは勉強ができない、言えないよ[x]だなんて。

Screenshot_20180911-190126_1

monster09_2
思い悩む成幸くんの様子を見てひさしぶりに相談相手をかってでた古橋姫。いつものカンのするどさで相談は取り調べの様相へw
成幸くんの悩みのお相手は目の前の古橋姫ご本人なんて言えない!ぬいぐるみ越しとはいえ悩みはキスと言い当てられて挙動不審に。

肝心の相手はというところで「また新しい女とゆきずりにフラグを…?」と成幸くんをこいつ呼ばわり。見下げ果てた表情の古橋姫がツボにw ハーレム系ラブコメ主人公の都合を逆手に笑いどころにしたのはさすが。

Screenshot_20180911-190203_1

monster09_2
偶然ファミレスで行き会ったのは桐須先生の妹、美春さん。彼女の思い違いと勘違いと姉への想いが場をめちゃくちゃにw
謎の自称恋人を前に乱れる自分の気持ちを不思議に感じている古橋姫。まあね…そういうアレなんでしょうけど。アラアラと、そしてニヤニヤとさせてくれるわけなんでございますよ。

animal_inu_1
なんだかんだおいしい思いをしてて憎い!ニヤニヤしてられんわ!あのツノメガネのヤロウ!(ギリギリ)

Screenshot_20180911-190332_1

monster09_2
夕暮れ時の帰り道、ちょっとセンチメンタルな雰囲気の終わりかたも良い感じでしたなあ。

animal_inu_1
ファミレス「ジョモサン」での問答…。
じょもさんせっぱ!なーんちゃって!

animal_buta_1
(………。)

美春さんの四文字熟語は勉強になるなあ。聞いたことないものを出してくるからね。
「跫音空谷」「眼厚忸怩」「一敗塗地」…知らんかったなあ…。


monster09_2
ハイキュー!!、かごのなかの烏は。

Screenshot_20180911-190344_1

monster09_2
動線を遮るボール捌きで日向に仕事をさせないことが「羽を捥ぐ」事。
自分で羽を捥いでおきながら飛べないのは悲しいという研磨を「本当にめんどくせえなあ」と黒尾さん。
研磨のその様子の意味するものは…もう仕込みは十分ってこと。

いいとこなしで交代した日向を見て「なんかやれ」とつぶやいたのはネットで観戦していた五色くん。いやーわかる!なんかやれ!w

Screenshot_20180911-190456_1

monster09_2
東峰のスパイクを連続で上げて場内を沸かせる夜久くん。一方で続くラリーは研磨のスタミナを消耗させている。

以前は楽なほうへと流しがちだった研磨。烏野戦ではサボりなしのプレイを心がけてるところが見てとれていたよね。

しかし猫又監督は交代させずに様子見。烏野にはまだなにかあるって思ってるのかな?

Screenshot_20180911-190616_1

monster09_2
加速していく守備。相手にプレッシャーをかけていく様子はまるで攻撃…!
黒尾さんデビルな微笑。でもカッコいいねココ。

Screenshot_20180911-190707_1

monster09_2
東峰のスパイクミスを誘ったのは夜久くんの「存在感」。待ち構える気迫が東峰が感じる圧と同様に伝わってくるような場面。

Screenshot_20180913-222307_1

monster09_2
ボールに触らずしてスパイカーを殺す男、夜久衛輔。射すような視線…ゾクゾク!

青ざめ木兎。さんざんやられて思い知ってるんだろね。

Screenshot_20180911-190715_1

monster09_2
対戦相手を自滅に追い込む「音駒の守備の完成形」!第2セット終了目前で音駒逆転、烏野大ピンチ、でつづく。しだいに捥がれて行く翼。猫又監督のセリフが気になる引き。天童の表情の真意は…。

animal_inu_1
今回カッコ良かったのはやっぱ夜久くんだねえ。烏養じいちゃんはやっぱ嬉そうだったw

animal_buta_1
Cカラーは悲しい研磨だね。攻略してしんなり気味な気持ちを表したのかな。


monster09_2
鬼滅の刃、あら探しのちに木によりて魚を求む。

Screenshot_20180911-190752_1

monster09_2
時透くんと玉壺を並べた扉絵。あかんべえした時透くんは今までとはちがう魅力的な表情だね。比べると玉壺の顔もイメージが違って見えるね。

Screenshot_20180911-190812_1

monster09_2
鬼殺隊の柱と上弦の伍の戦い、なのにディスり合い。左上のうーん、うーんのコマが妙にあざとカワイイ。

Screenshot_20180911-190816_1
ローリング・ストーンズ

monster09_2
作品をけなされて文字通りブチギレの玉壺。
目と口の位置のおかげか見事な叫びぶり。ステレオスピーカーだねw

Screenshot_20180911-190826_1

monster09_2
空中に身を翻して霞の呼吸陸ノ型 月の霞消。
一万匹の粘魚を一瞬で輪切り。躍動感の溢れるポーズと大胆に攻めた構図。隊服の袖、裾に入った細かい線となびく髪。絵の全体に動きがあってカッコいい見開き!

Screenshot_20180911-190949_1

monster09_2
脱皮したのちに現れた玉壺の真の姿には作画崩壊の呼吸でリアクション。煽りに効果バツグンだった様子。

animal_buta_1
うちのイヌがしょうもないことを言ったあとのワタクシの「…」の時の顔はこんな感じですw

Screenshot_20180911-191112_1

monster09_2
当たらなかったら意味がない。そう言って微笑んだ時透くんからは底知れぬ不気味さが。
ゾクゾクさせる表情で次号巻頭カラーへの期待が高まりましたよ!

animal_inu_1
時透くんの悪口は玉壺の怒りのツボを突いたんだね!壺だけに!(ドヤア)

animal_buta_1
(…。)←あの顔


monster09_2
アクタージュ、思い出して本能。

Screenshot_20180911-191135_1

monster09_2
演劇の世界に身を置くならば知らぬ者はない巨匠、巌裕次郎。夜凪ちゃんの現状報告に武光くんは仰天の様子。彼女の女優としての力を共演者として一番認めていたであろう武光くんをしてこの驚きぶり。巌さんの演技指導もまた界隈では有名なようで…。

映画撮影以降も出演者どうしの交友関係が垣間見える場面。出番はちょっとだとしても見れてうれしかったり。

Screenshot_20180911-191153_1

monster09_2
武光情報から身の危険に対してホウキで対抗。夜凪さん、めちゃビビってますが。

エキストラ時代は侍が斬りかかって来たらスウェーでかわしてたんですよ夜凪さん。巌さんに飛び蹴り…しないよね彼女も成長したんです。でも……ちょっとさびしいw

Screenshot_20180911-191228_1

monster09_2
喜怒哀楽を演劇的に表現する練習。ふざけてますよなんて言われてますがここは初回冒頭のオーディションの場面を思い出したいところ。パパパッといろんな表情を変えさせているのが本人の感情ってとこが夜凪ちゃんの変化している部分。
「いろんな表情するなあ」ってのもこのへんなんだね。

Screenshot_20180911-191308_1
「いっぱい」てw

monster09_2
夜凪ちゃんの変化をふまえて自分の感情を観客にどう伝えるか。芝居においての「表現力」がはっきりとした目標に。

Screenshot_20180911-191420_1
画力なしとはいえキャライメージをうまく表現してるような

monster09_2
作中でもスターズのオーディションを思い返した上で主要キャラの演技を図解。黒山監督の解説はわかりやすい。口が悪くて毒があるけど(汗)

夜凪ちゃんと千世子さんの演技が真逆だってのも図ではめっちゃわかりやすい。

夜凪ちゃんに足りない表現力。ところがそれって誰でも「本能的」にできてるものらしくて…?

Screenshot_20180911-191439_1

monster09_2
それってどういうこと?…という疑問を遮るスキャンダル報道。

ブッ!と吹き出しちゃいましたよw
「悪口だわ」って言ってるとこだよね。

Screenshot_20180911-191449_1

monster09_2
不測の事態からだけど星アキラが舞台登板。

この展開…痺れるような期待感が!アキラくん、これからどうなるか注目しちゃいますよ。

animal_inu_1
凡人枠って言ったらかわいそうだけどさ、アキラくんのポジションのキャラががんばって結果を出すって展開って燃えるんだよね。大好物!期待しちゃうなー!

animal_buta_1
阿良也の鼻がもげるほど臭うようになるわけですかな。段階的にはまず飛び蹴りから…。

animal_inu_1
ウルトラ仮面だしキックはすでに上手そう?w


monster09_2
約束のネバーランド、もうひとつの約束。

Screenshot_20180911-191503_1

monster09_2
みんなが揃ったところで入手した情報の報告。

animal_inu_1
あらためて人間世界の科学技術って全然進んでるんだなあって。ペンにホログラムの技術…これカッコいいよね。色々くすぐられるなあw

Screenshot_20180911-191636_1

monster09_2
人間世界への脱出は手の届くところまで。
しかしその前に立ちはだかる敵が。

Screenshot_20180911-191644_1

monster09_2
それはミネルヴァさんの一族、ラートリー家。鬼に加えて同じ人間の側の敵とも直接に対立へ。それをふまえたエマたちの行く末には問題が山積み。自分たちが食べられることで均衡を保っていた世界。最悪、その均衡が崩れる可能性も…。

Screenshot_20180911-191652_1

monster09_2
「全食用児を解放したい」。
誰も犠牲にならず誰もが幸せになる世界。エマの目標は遥かに壮大。

Screenshot_20180911-191728_1

monster09_2
そのままなら雲をつかむような理想。でもエマはちゃんと手がかりを掴んでいた。
「七つの壁を探しだしてホニャララと新たな約束を結ぶ」こと。そしてもう一つの約束のヒント。

animal_inu_1
たしかに読めない文字らしきものでふせてあるけどホニャララじゃ台無し…w

animal_buta_1
頂点に立つ存在ってまあ王様っぽいけどそうは呼ばれてないんだよね。読めればピンとくるような名前なのかな?

Screenshot_20180911-191756_1

monster09_2
より困難でつらいであろう道筋。それでも家族は、仲間は即、賛同。

無茶を承知でエマについていくことをためらいなく決めた仲間たち。その様子の描写は意外にさりげなくあっさりめ。それが爽やかなあたたかさに。

Screenshot_20180911-191829_1

monster09_2
瓶詰め「処理」された食用児たちが並べてある風景。
その前で電話しているスーツ姿の人物は…。

エマたちの様子から場面転換してのコレ。かなりのショックでしたよ。

animal_inu_1
新展開のはじめの回ってことで基礎知識とかいろんな情報がわかりやすく説明された回でもあったよね。頭の中が整理されてありがたいッス。

animal_buta_1
瓶詰めされた食用児の窮屈な様子って胎児をイメージさせるポーズだよね。誤解を恐れないで言うとちょっと美しさもあると思うなあ。

鬼じゃないから食欲はわかないけどさw


monster09_2
総合時間事業会社代表取締役社長専属秘書 田中誠司 、上司の身嗜み。

Screenshot_20180911-191934_1

monster09_2
アタッシュケースが解放されてライバル社員を圧倒。田中さん、やっぱクソ強え!

戦闘シーンの一コマ一コマ、小技の効いた作画。

animal_inu_1
一部、集中線細かすぎたのかなw
紙だと印刷潰れしてて、電子だとモアレが出ちゃってるね。難しいもんだねえ。

Screenshot_20180911-192021_1

monster09_2
タイムマシーンを作って不可能じゃなかったと証明する。アカリン入社!

animal_inu_1
母と娘のわだかまりは解消。ちょっといい話もちゃんと盛り込んであるよね。

Screenshot_20180911-192047_1

monster09_2
ヴォールテクス社員に失敗は許されない。平社員を処分、係長が次の刺客。

役が付いて外見に違いがある敵が登場。

animal_inu_1
次の敵は傘が武器だよね、コレ。

いろんな道具がいろんな武器になるって自分なりに考えちゃうよね。
重役あたりだとヅラとか武器にしそうじゃない?
とっさの時にパッと外したらハゲで攻撃をはね返せるの。

animal_buta_1
それハゲが武器でヅラがフタだろ。ヅラに意味がないぞ。


monster09_2
なんと「35号 感想あれこれ その2」に続いてしまいます。
なにとぞよろしくお願いいたします。

暫し待たれい…って言ってる場合ではない(汗)



【ジャンプ35号】火ノ丸相撲 第203番 潮 火ノ丸と五條礼奈【感想】

Screenshot_20180908-213526_1

【ジャンプ35号】火ノ丸相撲 第203番 潮 火ノ丸と五條礼奈

animal_inu_1
前回の第202番 愛しているか!!? から。

刃皇と鬼丸の取組ははたから見たら公開稽古、当人どうしは脳内イメージの裁判という異次元的なものに。礼奈さんの声援に母親のそれを聞いた鬼丸は闇から抜け出した!

animal_buta_1
刃皇は対戦中でありながら自分の引退後を想像して恍惚の相に。鬼丸はそんな刃皇に「ふざけるな」ともうひと足掻きを…ってのがそのまた前回。行け!鬼丸!と期待したけども…?


animal_inu_1
期待も吹き飛ぶ豪快な投げ!鬼丸、刃皇にぶんなげられた!ああ!

Screenshot_20180821-001302_1

animal_buta_1
直前の見開きは効果線がたくさん入れてあってマンガ的な勢いがあったけど、投げのあとのこの場面はリアリティをもたせて描いてあるね。動から静の演出は刃皇の投げの威力のすごさを見せつけるようだし「鬼丸が負けた」って衝撃がより強調して感じられる。
溢れる敗北の苦さよ…。

Screenshot_20180821-001310_1

animal_inu_1
取組に懸けていたものは取りもどせないことばかり。
「また間に合わねぇのか…」
鬼丸は母親が亡くなった時のことを思い出してしまって茫然自失。

animal_buta_1
勝負審判からの言葉が追い討ちをかけられてるみたいでキツいねえ…。
状況的には当たり前なことを言ってるんだけどね。温度差みたいなものがあってそこは仕方ないにしてもね。

Screenshot_20180821-001310_2

animal_inu_1
思ってた以上に…じゃないよ刃皇!指導不足ちゃうんか!自画自賛するほどじゃなかったんじゃないの?

animal_buta_1
勝負がつく前の鬼丸はたしかに刃皇の導きで闇を抜け出していたし目に光を取り戻してたよ。
その上に鬼丸のために負けてやるとまでにはいかないしね。そこは譲れるわけがない。
懸賞金の束を鷲掴みして土俵をあとにする刃皇。勝者こそが正しい。勝負の世界のシビアさだよね。

Screenshot_20180821-001320_1

animal_inu_1
負けた鬼丸の燃え尽きた様子。
なんというか…見てられないよ!

animal_buta_1
大相撲には勝ち負けがつきもの。普段なら気持ちを切りかえなければならない所なんだろうけどね…。
全てを擲つ覚悟や執念で戦ったことは負けたなら大きい反動になるんだね。
刃皇の言った「潔さ」をもったほうが良いってのは、こういう場合のためのことでもあるのかな。

Screenshot_20180907-192548_1

animal_inu_1
みんな自分の前からいなくなってしまう。二重、三重の喪失感が鬼丸を襲っているんだね。

animal_buta_1
言葉がでないよね。こっちも落ち込んじゃうよ…。

Screenshot_20180821-001347_1

animal_inu_1
ハッと気がついたら三日目の土俵の上。鬼丸連敗!

animal_buta_1
数珠丸だって腕のケガの件で因縁のある相手。巡業中の合宿を経てからの本場所での対戦。ここが本番って意味もあったはず。こういう万全じゃない状態での結果は心残りができてしまっていてすごく残念だなあ。

鬼丸二敗目。優勝争いからも脱落かとさらにさらにの追い討ち。
しゅ、主人公ですよね?って言いたくもなるよ(涙)


animal_inu_1
その日の夜、鬼丸ルームの前に来たレイナさん。
弟弟子たちはそっとしておいた方がいいって言うんだけど…。

Screenshot_20180907-192634_1

animal_buta_1
放っておいた結果がこの有り様。ドア越しに「中途半端な覚悟じゃ…」と言ってる鬼丸。全てを断ち切る事ができなかったとか言われてレイナさんはキレた!

Screenshot_20180821-001408_1

animal_inu_1
ドアを蹴破って部屋に侵入!
「※空手経験あり」の注釈の文字が大きめです。

animal_buta_1
「一緒になって下むいてたらだめよ」と由美さんに言われてはいましたけどねw
でも暗に二人のお付き合いをネガティブに言っちゃってるもん、お怒りはごもっとも。

そういや由美さん、今回はレイナさんをブッスリしてなかったね。優しいアドバイスだったよね。

Screenshot_20180907-192648_1

animal_inu_1
襟首つかんでガン飛ばし!言いたいことは目を見て言えや!

animal_buta_1
このコマの視線の位置は二人の身長差だよね。

レイナさん、鬼丸のケガからこっちちょっとか弱さ出しちゃってたけどこういう所もまだあったんだね。

Screenshot_20180907-192648_2

animal_inu_1
鬼丸を連れ出すレイナさん。
おかみさんから了解をいただきましたよ。

animal_buta_1
「いいのよ」なんてわりと落ち着いているのはやっぱ相撲部屋のおかみさんだからかな。普段から力士たちの荒々しい稽古とか見てるしね。

対して弟弟子たちはガクブル。「女は引っ込んでろ」とか言ってたバトが一番ビビってるじゃないかw


animal_inu_1
レイナさんの愛車で連れてこられたのは…。
もしかしてもしかして…。

Screenshot_20180821-001428_1

animal_buta_1
「…え?」「いや…」「ちょっ…」「まっ」
どん、であっと言うまに突きたおし。
夜の大一番…体を合わせて「対話」をしています。とか言うつもりなのか!つづく!


animal_inu_1
刃皇に敗けてしまい、気合いの抜けた顔をさらし、彼女に押し倒されて…とさんざんな火ノ丸。こんな火ノ丸見たくなかったー!ってのは感想あれこれでも言ってたけどね。

animal_buta_1
恋人どうしとして行きつくとこに行っちゃうってのもこうじゃないって感じなんだよね。モヤモヤしながら次の回。

あら引きかたがラブストーリーのそれじゃない?w


animal_inu_1
で、今回第203番。

一方そのころ柴木山親方は帰りの車中で鬼丸について案じている様子。

Screenshot_20180907-191353_1

animal_buta_1
どうしてもっと強く止めてやれなかったのか…。
指導者失格さ…なんてね。

でもねえ…弟子の気持ちを痛いほどわかってくれていて、敗けたら誰より責任を感じてくれてるんだよ?
弟子の自主性とかも考えなきゃならないし、指導ってほんとにデリケートで難しいことだよね。

Screenshot_20180907-191353_2

animal_inu_1
刃皇との対戦を経た今、鬼丸を途中休場させようと考えてるんだね。本人の考えがどうあれこれからの事も視野に入れてるからだね。

animal_buta_1
柴木山親方って見た目と違ってハートはハンサムなんだよね。

Screenshot_20180907-191439_1
Screenshot_20180907-191439_2

animal_inu_1
壊された部屋の入り口を見て火ノ丸休場をさらに…ってこの扉は…引き戸だ!

animal_buta_1
いやそうじゃなくて。
壊した犯人はレイナさん。おかげで親方、ひとりコントみたいになっちゃった。

この時、部屋に誰かが訪れた。
な、何者?(大根)


Screenshot_20180907-192048_1

animal_inu_1
場面はふたたび火ノ丸とレイナさん。
シャワー中でございます。サバダ~♪

animal_buta_1
かたやいくじなしと言われちゃった男。
なつかしの駄菓子屋の招き猫みたくなっちゃってる。

Screenshot_20180907-192048_2
Screenshot_20180907-192109_1

animal_inu_1
久々発動の火ノ丸恋の辞書モード。連れ込み宿ってワード、パッと出ないよねふつう。たぶん時代劇から知ったんだよね。

animal_buta_1
♂と♀の記号のイメージのセンス古いなーw
ここ一番に力のこもった表情。目が泳ぎ気味だけど。

Screenshot_20180907-192109_2

animal_inu_1
うろうろしちゃってるよ。絵面がかわいいね。

animal_buta_1
スタンプとかになりそうな…ムム、ビッグビジネスの予感がします!

そこでレイナさんがシャワールームから出てきたよ。

Screenshot_20180907-192124_1

animal_inu_1
バスローブ!
見たまま言った!w

Screenshot_20180907-192124_2

animal_buta_1
酒!!?
見たまま言った!w

Screenshot_20180907-212853_1

animal_inu_1
CMのあれで「スープァードゥラア~イ」って聞こえて来そう。

animal_buta_1
単語言っただけで面白いのズルいなw

Screenshot_20180907-192146_1

animal_inu_1
さぁて首投げじゃあ~w

animal_buta_1
相撲の隠語のあれだね。レイナさん最初は通じてなかったのに染まってきてんだなあ。

「覚悟が…!」っての二つ意味がかかってて面白いね。これやりたかったんだろねw

Screenshot_20180907-192146_2

animal_inu_1
現役力士を圧倒して尻餅をつかせる女、五條礼奈。

落ち着かせようと「まずは話を」と言う火ノ丸だけど逆効果。先に話し合いを拒んだのは自分だろと痛いとこ突かれた!

Screenshot_20180907-192210_1

animal_buta_1
いつまで経っても見てくれないからと…。
こ、これは秘技「女優が映画とかでやる脱ぎかた」!または「幸せパンチ」!

Screenshot_20180907-192222_1

animal_inu_1
見せつけられたら余計に見れない。まあ火ノ丸はそういう奥手なとこがあるよね。

animal_buta_1
ムッツリスケベって言われてますが…w

Screenshot_20180907-192222_2
Screenshot_20180907-192222_3

animal_inu_1
レイナ姫の裏には桐仁軍師が!敵将の弱点を的確に突く策を伝授してた!
アイツ有能!

animal_buta_1
オラオラグイグイとたたみかけての連続技!力士の背をとったぞ!勝利は確実か!?

Screenshot_20180907-192235_1

animal_inu_1
アララ、ベッドカバーで防御されちゃった。形勢逆転、惜しいようなそうじゃないような。

Screenshot_20180907-192235_2

monster09_2
「自分を粗末に扱ってはいかんぞ!」

…そうじゃ!そのとおりじゃ!

animal_buta_1
ええい何を突然!すっこんどれ!

とはいっても、火ノ丸の言うことはごもっともか…。

Screenshot_20180907-192243_1

animal_inu_1
勢いで言い返したレイナさん。なかなかの熱い告白ですよこいつァ!

animal_buta_1
レイナさんに言い分が自分にも当てはまっているのを指摘されて火ノ丸はハッとしてるんだね。

Screenshot_20180907-192243_2

animal_inu_1
言っちゃってから恥ずかしさが出ちゃってる。

こんな時だけど、女性のこういうとこかわいくない?w

Screenshot_20180907-192243_3

animal_buta_1
照れ隠しでポカポカされちゃうのもイイよね。

空手の突きとかあまつさえドアを蹴破る威力の前蹴りじゃなくてホント良かった(ブルブル)

Screenshot_20180907-192253_1

animal_inu_1
レイナさん、自分を含めたみんなの気持ちを火ノ丸に訴えたかったんだね。そのためにまず自分のほうを向かせたかったんだ…!

Screenshot_20180907-192253_2

animal_buta_1
修羅の相・無道が象徴していた死の覚悟を持った火ノ丸には誰の声も届かなかったもんね。刃皇との取組中にそれを否定されて自暴自棄の「無道」からは抜け出せたけど、じゃあどうすれば良いかって答えまではたどり着かないままだったっけ。負けてしまったショックから、今度は周りの声が届かないある意味別の「無道」状態になってしまってたんじゃないのかな。

Screenshot_20180907-192300_1

animal_inu_1
レイナさんに謝ってるよ火ノ丸。自分が考えてたことを打ち明けてる。

animal_buta_1
必死の訴えが通じたんだね。レイナさんと向き合ってるって感じだね。

Screenshot_20180907-192309_1

animal_inu_1
「今の自分に出来ることを精一杯やろう」
諦め…刃皇のことも駿海さんのことも、敗けてしまって取り戻せはしないこと。たしかにこう思うしかないのかな。

animal_buta_1
気がついてるかも知れないけど、ここまでのレイナさんと火ノ丸のやり取りは刃皇との取組の中でしたやりとりを反芻してもいるんだよね。
そしてこのあとも刃皇が言ったことを角度を変えて繰り返しつつ、最後には刃皇が「俺が知るか!」と言っていた「答え」をレイナさんと探り当てて行くんだよ。

Screenshot_20180907-192318_1

animal_inu_1
「違うよ」とレイナさん。
諦めてほしかったんじゃない。そうだよね。諦めもついたって言って火ノ丸の笑った顔はちょっとさみしかったよ。

animal_buta_1
謝ってほしかったんじゃない。これもそうだよね。火ノ丸なりに悩んで苦しんで実力以上の結果に手を届かせようとしてた。みんなの期待に結果でこたえようってのがはじまりだったもんね。

Screenshot_20180907-192318_2

animal_inu_1
楽しそうに相撲を取るあんたがみたい。
みんなにみてほしい。…か。

これってさ、この頃から好意を…ってことでもあるね?

Screenshot_20180907-192327_1

animal_buta_1
相撲を取っているのは相撲が好きだから。

なんでそうわかるかって言ったらレイナさんも「好きなものの為」に頑張ってるからだよね。

レイナさんの突拍子もない行動に「自分を粗末に扱ってはいかん」と言ったことで火ノ丸は相手の気持ちを理解できてたんだよね。

そしてこの場面では火ノ丸が相撲が好きなことを、レイナさんは火ノ丸への自分の気持ちになぞらえて理解してくれていたって知ったんだよ。

Screenshot_20180907-192327_2

animal_inu_1
土俵上で聞いた声を思い出してるね。
この声援で母親のことを思い出していてそれはそれで熱いなって思ってたんだけど、レイナさんの声だって気づいてないのがちょっとひっかかってたんだ。

animal_buta_1
負けたあとのことはショックで覚えていないくらいだったのにね。よくぞ気がついてくれたよ。

Screenshot_20180908-210708_1

animal_inu_1
自分をずっと見て来てくれていた。
自分への気持ちも、それがどれくらい強いかも理解した。

それを擲つところだったんだよちょっと前は。
頑張れと背中を押してくれてもいた。

animal_buta_1
火ノ丸の確信は自分が相撲を好きなことと同じくらいにレイナさんを好きなんだってことだよね。
お互いを好きなことを理解しあうこと。
辞書を引くまでもなくこれは「愛」だ!

Screenshot_20180907-192400_1

animal_inu_1
笑顔で自分を励まそうとしてくれている彼女。
自分も相撲で彼女を笑顔にしたい!

monster09_2
そうじゃ!そのとおりじゃ!

animal_buta_1
そのとおりじゃ!
このレイナさんの表情を見せられたらそう思わずにはいられないよね…!

Screenshot_20180907-192414_1

animal_inu_1
レイナさんばっかりに気持ちを言わせてたんじゃズルいもんな。ちゃんと自分の気持ちも伝えたよ火ノ丸。

animal_buta_1
こうですよ、こうじゃなくちゃ。
行け火ノ丸!

Screenshot_20180908-211254_1

animal_inu_1
そこでドサッと物音が。
レイナさんのバッグから…これは…。

animal_buta_1
こ、これは…。

あの手この手で焦らしておいて盛り上げるところは盛り上げそしていいところでジャマが入って次回につづく…これぞ王道だ!


animal_inu_1
今回はレイナさんがホントにいろんな表情を見せてくれてたよね。カワイかった!

animal_buta_1
刃皇とのやりとりの反芻みたいな部分もあったけど、いろんな相を見せたって点でも共通点あったかもね。

animal_inu_1
違う部分もあったでしょ。
刃皇は諦めを覚えたほうがいいって言ったり、相撲に謝れとも言ってたよ。

animal_buta_1
レイナさんは諦めたり謝ったりはしてほしかったんじゃないって言ってたからね。この違いは刃皇に勝つための分岐点になるんだろうね。


animal_inu_1
高校時代の火ノ丸は恋愛には興味をしめさないタイプの主人公だったよね。今回は恋愛感情の過程をしっかり描いたよね。

animal_buta_1
数年後、結婚していて子供が生まれてて…ってのがジャンプ主人公にはありがちなんだけど、過程を真正面から描いた点は評価されるべきところだよ。

animal_inu_1
火ノ丸の想いの強さも納得できたもんね。

ただ「笑顔にしたいと…!」って心の声がもうちょい小さかったら嬉しかったんだけどなー…。ほらレイナさんをもうちょいチラリと…ウヘヘ…。

animal_buta_1
品がない!失格!